医療・病気

【患者さん向け】血液をサラサラにする薬と病気について解説します。

血液をサラサラにする薬

こんにちは、たくゆきじです。
 
私の専門の循環器内科はいわゆる
 
「血液をサラサラにする薬」
 
をよく使用する科です。
 
しかし「血液をサラサラにする薬」は実は1つだけではなくいくつもあります。
 
さらに病気に応じて使い分けられているのです。
 
しかし薬の違いを患者さんが理解することは難しいため、ひとくくりで捉えられていることが多く
 

患者
患者
血液をサラサラにする薬を飲んでいます。

 
と外来で言われることがあります。
 
しかし医師からすると具体的な病名薬剤名がわからなければ
 

たくゆきじ
たくゆきじ
血液をサラサラにする薬の中のどの薬だろう・・・

 
と困ってしまいます。
 
こういうことが外来ではかなり頻発し、医師も患者さんも困ることがあります。
 
そのため今回の記事では
 
血液をサラサラにする薬の名前と使われる病気
 
について解説することにしました。
 
ぜひご覧ください。

血液をサラサラにする薬は2種類に分けられる

血液をサラサラにする薬は大きく2種類に分けられます。
 

抗血小板薬
 
抗凝固薬

 
この2種類です。
 
これらの薬は両方とも血液をサラサラにするのですが、薬の作用点が違うので全く違う薬として扱われます。
 
もちろん薬の作用するポイントが違うため、使われる病気も異なります。
 
それぞれについて解説していきます。

抗血小板薬

抗血小板薬は主に動脈硬化によって作られる血栓の形成を防ぐために使われることが多いです。
 
抗血小板薬が使われる主な病気は以下の病気になります。
 

抗血小板薬が使用される病気

狭心症
心筋梗塞
アテローム性脳梗塞
閉塞性動脈硬化症

 
閉塞性動脈硬化症という病気以外はよく聞く病気ばかりではないでしょうか?
 
これらの病気には抗血小板薬が使われます。
 
具体的な抗血小板薬の名前は下にお示しします。
 

抗血小板薬の名前

バイアスピリン®(アスピリン)
プラビックス®(クロピドグレル)
エフィエント®(プラスグレル)
プレタール®(シロスタゾール)
パナルジン®(チクロピジン)

 
もしこれらの薬を内服していたとしたら、上に記載した病気に対する治療薬の可能性が高いと思います。

抗凝固薬

抗凝固薬は主に血流のうっ滞によって作られる血栓の形成を防ぐために使われることが多いです。
 
こちらも血栓の形成を防ぐ薬ですが、抗血小板薬とは効くポイントが違うため分けて考えられます。
 
抗凝固薬が使われる主な病気は以下の病気になります。
 

抗凝固薬が使用される病気

心房細動
深部静脈血栓症
肺塞栓症

※深部静脈血栓症と肺塞栓症は、エコノミークラス症候群という名前で知られています。
 
これらの病気には抗凝固薬が使われます。
 
具体的な抗凝固薬の名前は下にお示しします。
 

抗凝固薬の名前

ワーファリン®(ワルファリン)
 
プラザキサ®(ダビガトラン)
イグザレルト®(リバロキサバン)
エリキュース®(アピキサバン)
リクシアナ®(エドキサバン)

※厳密にはプラザキサはエコノミークラス症候群には使われません。
 
これらの薬剤が実際に臨床の現場で使われている抗凝固薬です。
 
ちなみに、プラザキサからリクシアナまでをまとめてDOAC(Direct oral anticoagulants)といいます。
 
なおこれらの抗凝固薬の中でワーファリンだけはDOACとだいぶ毛並みが違う薬剤ですので追加で解説します。

ワーファリン

ワーファリンは現在外来で使われている抗凝固薬の中で最も歴史がある薬剤です。
 
DOACが出る前に外来で使える薬剤はワーファリンしかなかったため、抗凝固薬の代名詞のようにもなっています。
 
DOACワーファリンの違う点は、大きく以下の4つとなります。
 

ワーファリンの特徴

①抗凝固薬の中でワーファリンしか使えない時がある。
②薬価が安い。
③ワーファリンは容量調整が難しい。
④納豆を食べられない。

それぞれについて解説します。

①抗凝固薬の中でワーファリンしか使えない時がある。

抗凝固薬を使いたいが、DOACは使えずワーファリンならば使えるというときがあります。
 
それは以下の場合です。
 

ワーファリンのみ使用可

①一部の心臓の手術の後
(具体的には機械弁に置換した後)
②腎臓の機能がすごく落ちているとき

 
これらの時はワーファリンしか選択肢がありません。
 
DOACは使用できません。

②薬価が安い

ワーファリンDOACと比べて薬価がものすごく安いです。
 
DOACは1日あたり500円(3割負担で150円程度)ですが、ワーファリン(3mgの場合)は1日あたり30円(3割負担で10円程度)です。
 
そのため経済的な理由でワーファリンを希望される方も中にはいらっしゃいます。
 
今までの解説を読むと
 
「ワーファリンしか使えない病気があって、しかも安いのなら抗凝固薬は全部ワーファリンじゃだめなんですか?」
 
と感じる方もいらっしゃると思います。
 
しかし現在は心房細動エコノミークラス症候群といった病気にはDOACが第一選択薬として用いられます。
 
その理由を次に説明します。

③ワーファリンは容量調整が難しい。

ワーファリンは容量の調整が大変難しい薬剤です。
 
ワーファリンはPT-INRという採血項目を指標にして調整します。
 
これがなかなか難儀な作業なのです。
 
年齢にもよりますが心房細動という不整脈に対してワーファリンを内服する場合、PT-INRは2.0-3.0の範囲(治療域といいます)に入るよう調整します。
 
PT-INRが小さい(上の例だと2.0以下)と効果がなく、大きくなる(上の例だと3.0以上)と血液がサラサラになりすぎてしまい出血のリスクが高くなります
 
同じ量のワーファリンを処方しても毎回安定してこの範囲に入るわけではないため、採血を行っての微調整が必須となります。
 

④納豆を食べられない。


ワーファリンを内服している場合、納豆は食べられません。
 
納豆にはビタミンKが豊富に含まれておりますが、そのビタミンKがワーファリンの効果を弱めてしまうのです。
 
納豆の他にビタミンKが豊富に含まれている食べ物としてクロレラがあります。
 
 
ここまで説明したように食生活でもワーファリンは制限がかかります。
 
またDOACにはワーファリンよりも出血のリスクが低いと報告されている薬剤があり安全性の上でもDOACが第一選択として使われます。

まとめ

今回説明したように「血液をサラサラにする薬」にも色々な種類があります。
 
ただ今回の記事を読んだからと言って完璧に理解することは難しいと思います。
 
今回の記事の最大の目的は
 
「血液をサラサラにする薬を飲んでいる」と外来で医師に伝えても診療の助けにならない
 
ということをわかっていただきたくこの記事を書きました。
 
具体的な薬剤名と病名がわかって初めて診療の助けになります。
 
そのため初めての病院を受診する場合には
 
「おくすり手帳」と「処方した医師からの紹介状」
 
を持参して受診するのがベストです。
 
今回の記事を読んでそのことを知っていただけたら大変嬉しいです。