ふるさと納税のおすすめ返礼品はこちら

勤務医の医師賠償責任保険を徹底比較!おすすめの保険プランも紹介します!

勤務医の医師賠償責任保険を比較しておすすめの保険を紹介!

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

今回の記事では

勤務医の医師賠償責任保険でおすすめする保険プラン

を紹介します。

医師賠償責任保険は色々な保険会社が扱っており、どの保険を選べばいいかわからなくなりますよね。

私も先日まで研修医時代に病院から勧められた保険に加入していましたが、

どの保険が最も自分に合っているのだろう?

たくゆきじ

と気になったので医師賠償責任保険についてかなり詳しく調べてみました。

その結果民間医局の2億円補償プランが自分に最も合っていると判断できたため、民間医局の医師賠償責任保険に乗り換えることにしました。

今回乗り換える過程で医師賠償責任保険に関してはかなり知識がついたので、この記事で医師賠償責任保険の選び方を紹介します。

医師賠償責任保険を選ぶ上では以下のプロセスで決めるのがおすすめです。

①自分に適した補償額を決める。

②補償額を決めたら保険料の一番安い会社の保険に加入する。

シンプルですが一番おすすめのプロセスですよ。

たくゆきじ

私の場合は自分に適した補償額は2億円でありその中で保険料が最も安いのは民間医局でした。そのため民間医局の2億円補償プランに乗り換えることにしたというわけです。

今回はこの記事を読んでくださっている先生のために以下の内容を解説します。

過去の判例から医師賠償責任保険の適切な補償額を考える。

補償額ごとに各社の医師賠償責任保険の保険料を比較する。

また最後によくある質問として以下の質問にも回答してみました。

よくある質問

①医師賠償責任保険には研修医は加入するべきですか?

②医師賠償責任保険は非常勤、アルバイトの場合は適用されますか?

③医師賠償責任保険の免責金額ってなんですか?

どの医師賠償責任保険にすればいいのかな?

とお悩みの先生にぜひ読んでいただきたい内容になっておりますのでぜひご覧ください。



医師賠償責任保険のおすすめの補償額は?

医師賠償責任保険の補償額

医師賠償責任保険を決める上で大事なポイントは

加入する医師賠償責任保険の補償額をいくらにするか

ということです。

現在の医師賠償責任保険は4つの補償プランがあります。

5000万円、1億円、2億円、3億円の4つです。

たくゆきじ

ただいきなりこの中から一つ選べと言われても困りますよね。

それぞれの状況が異なるため絶対的な答えはありませんが、補償額を決める大事な判断材料があります。

それは過去の医療訴訟の損害賠償額です。

過去の医療訴訟の損害賠償額を自分の状況に照らし合わせることで、備えなければならない補償額を決めることができますから。

そこで次の章で過去の事例を見てみることにしましょう。

たくゆきじ

過去の医療訴訟の損害賠償額

医療訴訟の損害賠償額

過去の損害賠償額を参照する上で「医療安全推進社ネットワーク」というサイトの医療判決紹介というコーナーが役に立ちました。

このサイトには医療事故に至った病歴も詳しく載っており、一度読んでみることをおすすめします。

誰にでもあるような小さな判断ミスでも訴訟が起こることがおわかりいただけるかと思います。

読んでて正直ちょっと怖くなりました。

たくゆきじ

いくつか判例を紹介します。

帝王切開後、患者がMRSAの院内感染による敗血症から心停止に陥り、低酸素脳症による重度の後遺症が残ったことについて、大学病院に抗MRSA抗生剤の投与に関する注意義務違反を認めた高裁判決

裁判所の認容額
1億148万8783円+退院後患者死亡まで一日あたり2万円

重症新生児仮死の状態で出生し、重度の後遺障害が発生したことにつき、医師に低酸素状態を原因とする脳性麻痺の後遺障害を回避するために急速遂娩を検討・実行すべき義務違反があったとして、病院に対し、子と両親合計で1億8000万円以上の賠償を命じた地裁判決

裁判所の認容額
1憶8181万6531円

私が専門の循環器領域でも以下のような判決がありました。

県立病院での経皮的冠動脈形成手術(PTCA)終了直後に、患者に急性冠閉塞が起こり、低酸素脳症に陥りその後死亡。冠動脈バイパス手術(CABG)を第一選択とすべき義務や、急変後速やかに経皮的心肺補助装置(PCPS)を装着すべき義務を怠った過失を認めた高裁判決

裁判所の認容額
7375万0947円

誰でも関わることになる救急外来の判例では以下の判例が印象的でした。

頭痛を訴え来院した患者のクモ膜下出血を市立病院の内科医、神経内科医らが見落とし、その後、患者が死亡。脳神経外科医に連絡してCT写真の読影を依頼するなどの措置を講じなかった過失を認定し、更に、患者が腰椎穿刺を拒否したことにつき、十分な説明がなかったとして過失相殺を否定した高裁判決

裁判所の認容額
4929万9000円

このように高額の損害賠償額を請求されるケースがあるわけです。

ただもちろんそこまで高額でないケースもあるため、ざっと過去の判例に目を通してみて最新80件程度の損害賠償額をまとめてみたところ以下の結果となりました。

5000万円以下の賠償額が75%程度

5000万円~1億円の賠償額が20%程度

1億円~2億円の賠償額が5%程度

2億円を超える賠償額は確認できなかった

こういう過去の判例は補償額を決定する材料になります。

※今回紹介した内容医療判決紹介 医療関連訴訟の判例・裁判例を紹介しますより改変して引用しました。

過去の賠償額を考えると保険プランは1億円以上が望ましい

医師賠償責任保険の適切な補償額

先程紹介した過去の損害賠償額の結果を見て

賠償額が5000万円を超えるのは数件に1件なら、5000万円で十分だな。

と思われる先生もいらっしゃるでしょう。

1億円を超える可能性がちょっとでもあるなら補償額は2億円のほうがいいかな。

と思われる先生もいらっしゃるかもしれません。

おすすめの補償額は専門科など様々な要素があり一概に言い切ることはできません。

ただ過去の判例を考慮すると私が確認した範囲で95%程度の賠償額がカバーできている1億円以上の保証プランを選ぶのが望ましいです。

5000万円では心もとないですし、確認した範囲では2億円を超える損害賠償額の判例も見られませんでした。

そのため私は1億円か2億円のプランがおすすめだと思います。

たくゆきじ

なお私は2億円の保険プランに加入しています。

万が一訴訟が起こっても金銭的な不安はないという安心感のある保険プランを選んでおかなければ、いざというときにものすごい精神的なストレスを抱えてしまうと考えたからです。

自動車保険でいうと対人対物無制限のプランを選ぶ感覚ですね。

たくゆきじ

補償額のポイント

過去の損害賠償額を考慮すると1億円以上の保証プランが望ましい

2億円のプランに入っておけば基本的に安心

では補償額を決めた上で保険料ごとに各保険会社を比較していきたいと思います。

勤務医の医師賠償責任保険の比較

団体割引が効く医師賠償責任保険の比較

補償額を決めたらあとはどの保険に入るか選ぶだけです。

保険内容は大きく変わらないため、保険料を比較してどれに加入するか選ぶとよいでしょう。

保険料を考慮して医師賠償責任保険を選ぶ場合、団体割引が適用されるこの3つの中から選ぶのがおすすめです。

民間医局

日本医師会

学会の保険(日本循環器学会など)

他にも団体割引が効く保険はありますが、この3つから選べばまず間違いないのでこの3つを比較していきます。

わかりやすいように補償額ごとに保険料を比較してみました。

たくゆきじ

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

ではさっそく保険料ごとにおすすめの保険プランを紹介していきます。

5000万円の補償プランの場合

5000万円の補償プランを選択する場合はシンプルです。

ご覧の通り5000万円の保証プランを提供しているのは民間医局の医師賠償責任保険だけです。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

そのため5000万円の補償プランを選択する場合は、民間医局の医師賠償責任保険に加入しましょう。

ただ先述したように1億円を超える賠償請求が確認できますので、5000万円の補償プランを選択するのは少しリスキーな選択に感じてしまいますね。

1億円の補償プランの場合

1億円の補償プランの場合は先生の状況に応じて異なります。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

研修医・30歳以下の医師・30歳以上の医師でそれぞれおすすめのプランが変わります。

というのも日本医師会の保険の場合、年齢などで保険料が変動するからです。

整理して考えてみましょう。

たくゆきじ

研修医の先生の場合

研修医の先生の場合の保険料は以下の通りです。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

このように日本医師会の保険が突出して安いです。

そのため研修医の期間は日本医師会の保険に加入するというのは良い選択肢だと思います。

ただ研修医が修了した後は他の保険と大差ありません。(後述します)

研修医が終わったら他の保険への乗り換えるのも良いですが、その場合少し煩雑な事務手続きが必要であることは頭に入れておくのが良いでしょう。

30歳以下の先生(研修医除く)

研修医を除いた30歳以下の先生の場合は以下の通りです。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

30歳以下の医師の場合保険料は各社でそこまで差は大きくありません。

正直どれを選択しても良いかと思います。

たくゆきじ

ただ日本医師会の保険の場合は30歳を超えると一気に保険料が上がるため、乗り換えたほうが明らかにお得になります。

将来的に乗り換える手間を考えると、研修医が明けてから加入する場合は民間医局学会の保険がおすすめです。

30歳を超えた先生(研修医除く)

研修医を除いた30歳を超えた先生の場合は以下の通りです。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

こうなると日本医師会の保険は完全に選択肢からなくなります。

ちょっと保険料が高すぎますからね…

たくゆきじ

この場合も民間医局学会の保険の2択になるかと思います。

選ぶ際の基準は該当する学会に加入しているかどうかがポイントです。

というのも学会の保険は全ての学会が提供しているわけではなく、以下の11学会しか提供していないからなんです。

日本脳神経外科学会
日本整形外科学会
日本眼科医会
日本胸部外科学会
日本神経学会
日本糖尿病学会
日本消化器内視鏡学会
日本外科学会
日本循環器学会
日本消化器病学会
日本産科婦人科学会

 
株式会社カイトー 医師賠償責任保険より引用

この学会に所属しているならば学会の保険のほうが保険料は安く済みます。

これらの学会に所属していない場合は民間医局の医師賠償責任保険に加入することになるでしょう。

対象としては将来何科になるか決まっていない研修医や専攻医の先生が該当すると思います。

専門科を決めなければ学会には入らないでしょうしね。

たくゆきじ

また将来的に補償プランを変更する可能性がある場合も民間医局がおすすめです。

民間医局だと4つの異なる補償プランを提供しており、プランの変更も簡単だからです。

 

1億円の補償プランを選ぶ際のポイントをまとめます。

たくゆきじ

1億円の補償プランを選ぶ際のポイント

日本医師会の保険は年齢などで保険料が異なる。

日本医師会の場合研修医の時は一番安いが、後々保険料が高くなるので乗り換える必要が出てくる。

保険サービスを提供している学会に所属しているならば学会の保険がおすすめ。

当該学会に所属していない、もしくは後々保険プラン(補償額)を切り替える可能性があるならば民間医局がおすすめ。

これらのポイントを加味して保険プランを選んでいただければと思います。

2億円の補償プランの場合

2億円の補償プランを選択する場合はわかりやすいです。

各社の比較をご覧ください。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

2億円の補償プランを提供しているのは民間医局と学会の保険ですが、民間医局の医師賠償責任保険のほうが明らかに安いです。

そのため2億円プランに加入するなら民間医局の医師賠償責任保険に加入しましょう。

必要な補償額もカバーされており最もおすすめできる保険プランだと考えます。

私も加入している保険ですよ。

たくゆきじ

3億円の補償プランの場合

3億円の補償プランを選択する場合もシンプルです。

ご覧の通り3億円の補償プランを提供しているのは民間医局の医師賠償責任保険だけです。

5000万円 1億円 2億円 3億円
民間医局 32310円 41660円 47710円 53360円
日本医師会 (研修医)  15000円
(30歳以下) 39000円
(30歳超え) 68000円
学会の保険
(例:循環器学会)
40660円 51570円

そのため3億円の補償プランを選択する場合は、民間医局の医師賠償責任保険に加入しましょう。

ただ過去の賠償請求を確認する限りでは2億円を超えるものはなかったため、かなり慎重な先生におすすめする保険かとは思います。

もちろん将来的に「加入しておいてよかった」と思う可能性もあるので一概には言えませんが。

 

少し長くなりましたので補償額ごとにおすすめする保険プランをまとめます。

保険を選ぶ際のポイント

5000万円、2億円、3億円のプランを選ぶ場合は民間医局の医師賠償責任保険がおすすめ。

1億円のプランを選ぶ場合は状況、年齢でおすすめの保険は異なる。

ぜひお役立てください。

たくゆきじ

1番おすすめする医師賠償責任保険

おすすめの医師賠償責任保険は民間医局

色々調べたりするのも大変だから、1番おすすめの医師賠償責任保険を教えて下さい。

と考える先生もいらっしゃるかと思いますので私の意見を述べます。

私は民間医局の2億円補償プランが一番おすすめの医師賠償責任保険だと考えます。

2億円プランならば仮に損害賠償を命じられたとしても保険でカバーできますし、競合する保険より保険料が安いからです。

私も実際に加入しており、一番おすすめできる保険プランと考えます。

たくゆきじ

どの保険がいいか迷われている先生は加入をご検討ください。

なお民間医局の医師賠償責任保険に関するもっと詳しい解説はこちらの記事をどうぞ。

民間医局の医師賠償責任の保険の申込み 民間医局の医師賠償責任保険を解説。申込み方や乗り換える際のポイントも紹介。

医師賠償責任保険に関するよくある質問

医師賠償責任保険に関する質問(研修医、非常勤、アルバイト)

最後によくある質問をまとめていきます。

質問をいただくたびに随時更新していく予定です。

よくいただく質問は以下のとおりです。

よくある質問

医師賠償責任保険には研修医は加入するべきですか?

医師賠償責任保険は非常勤、アルバイトの場合は適用されますか?

医師賠償責任保険の免責金額ってなんですか?

ではそれぞれ解説していきます。

医師賠償責任保険には研修医は加入するべきですか?

研修医は絶対に医師賠償責任保険に入るべきです。

研修医は医師賠償責任保険に絶対に加入するべきです。

というのも研修医はまだ知識や技術の習得過程であるため、ミスが出やすい状態だからです。

このミスはまずいな…

たくゆきじ

と思うような事も経験の浅い研修医では起こりえます。

病院が守ってくれることもあるかもしれませんが、自分の身は自分で守るつもりで絶対に医師賠償責任保険には入っておきましょう。

医師賠償責任保険は非常勤、アルバイトには適用されますか?

医師賠償責任保険は非常勤での事故でも適用されます。

医師賠償責任保険は非常勤やアルバイト先での事故でも適用されるところが多いです。

ただ加入前に自分でも一度確認してみて下さいね。

民間医局の保険はアルバイトや非常勤先の事故も補償されますよ。

たくゆきじ

なお美容を目的とする医療行為は補償の対象から除くとされておりますので、美容クリニックでバイトをされる場合はご注意ください。

医師賠償責任保険の免責金額ってなんですか?

免責金額とは損害賠償額のうち自腹で払わなくてはならない金額のことです。

例えば損害賠償額が1000万円で免責金額が100万円の場合は、保険会社から900万円支払われ残りの100万円は自腹で支払う必要があるということです。

この免責金額は保険ごとに異なります。

例えば日本医師会の場合はこの免責金額が100万円に設定されています。

民間医局や学会の保険は免責金額が0円です。

この免責金額をどう捉えるかは個人の価値観次第ですが、私ならば保険で全額カバーしてほしいので、免責金額は0円の保険のほうがおすすめだと思います。

おすすめの医師賠償責任保険|まとめ

以上勤務医の医師賠償責任保険についてまとめました。

繰り返しになりますがポイントは以下のとおりです。

保険を選ぶ際のポイント

5000万円、2億円、3億円のプランを選ぶ場合は民間医局の医師賠償責任保険がおすすめ。

1億円のプランを選ぶ場合は状況、年齢でおすすめの保険は異なる。

先程紹介したとおり医療訴訟は誰にでもあるような小さな判断ミスでも十分起こりえます。

当直で問題ないと判断して帰宅させた患者さんが急変して運び込まれてくる可能性もゼロではありません。

そして医療訴訟に発展した後にあわてて保険に加入しても残念ながら補償の対象にはなりません。

私なら心底青ざめると思います…

たくゆきじ

医師賠償責任保険に加入せずに勤務医として働くのは無保険で自動車を運転するよりリスクの高い状態だと思います。

我々はいつ訴訟に巻き込まれるかわかりませんので、もしまだ未加入なのであれば、万が一の事態に備えて今すぐに医師賠償責任保険に加入しておきましょう。

私が一番おすすめする民間医局の医師賠償責任保険のさらに詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

民間医局の医師賠償責任の保険の申込み 民間医局の医師賠償責任保険を解説。申込み方や乗り換える際のポイントも紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です