健康診断

【健康診断】脂質異常症の中でも医師が最も注目するのはLDLコレステロールが高いこと。

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事は健康診断に関する記事となります。
 
健康診断ではさまざまな項目が指摘されるので一つ一つ解説していきます。
 
今回は脂質異常症に関して解説していきたいと思います。
 
健康診断の脂質の項目は主に
 
HDLコレステロール
LDLコレステロール
中性脂肪
 
です。
 
人によってはLDLコレステロールが引っかかる人もいれば、中性脂肪が引っかかる人もいます。
 
患者さん目線だとどれも同じくらい重要に見えると思いますが、実は医師目線だと脂質異常症の中でも優先順位があります。
 
実は脂質異常症の中でも
 
LDLコレステロール
 
に最も注目して診療しています。
 
今回の記事では脂質異常症の診療の時に医師が気をつけているポイントについてわかりやすく解説しています。
 
ぜひご覧ください。

脂質異常症とは

脂質異常症は以下のように定義されています。

高LDLコレステロール血症:140mg/dL以上
(120-139 mg/dLの場合境界型高LDLコレステロール血症といいます。)

低HDLコレステロール血症:40mg/dL未満

高トリグリセリド(中性脂肪)血症:150mg/dL以上
 
※これらの採血の際は10時間以上の絶食が必要です。水やお茶などのカロリーのない水分摂取は可能です。
※※non-HDLコレステロールという重要な基準もあるのですが、わかりやすさ重視のためここでは割愛します。

 
これはただの数字なので数字まで覚える必要はありません。
 
ここで知っていてほしいのは
 
LDLコレステロールと中性脂肪は高いとき、HDLコレステロールは低いときに動脈硬化性疾患のリスクが上昇する
 
ということです。
 
そのためコレステロールの中でもLDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれ、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれます。

医師が脂質異常症で最も注目しているものは

LDLコレステロールです。
 
中性脂肪は薬物治療で介入しても動脈硬化性疾患の発症予防については十分なエビデンスはないとされています。
 
よってよほど高くない限り内服加療ではなく、食事指導や運動療法といった生活指導で治療します。
 
HDLコレステロール生活指導で治療することが一般的です。
 
このように中性脂肪やHDLコレステロール内服加療よりも生活指導で治療することが一般的です。
 
一方でLDLコレステロールは患者さんのリスクをきちんと評価し、必要に応じて生活指導に加えて適切な薬を使って下げることで、動脈硬化性疾患の発症リスクを抑制できることが証明されています。
 
医師からすると薬物で治療介入する頻度が多いため、LDLコレステロールには特に注目して診察しています。

LDLコレステロールの評価はどうするのか

前項で
 
LDLコレステロールは患者さんのリスクを評価した上で適切な薬を使う
 
と書きました。
 
つまり誰にでも薬を出すわけではないということです。
 
また、実は患者さんによって目標とするLDLコレステロール値も異なっています。
 
以下で具体的な例を出して説明します。
 

①何も病気のないタバコを吸わない42歳女性のLDLコレステロール値が150mg/dL
 
②1ヶ月前に心筋梗塞で入院したばかりでタバコを1日50本吸っていた65歳男性のLDLコレステロール値が150md/dL

どちらの患者さんもLDLコレステロールが150mg/dLと基準値の140mg/dLを超えています。
 
ではどちらも同じように治療するかというと実は違います。
 
ガイドラインによると
 
①の患者さんのLDLコレステロールの目標値は160mg/dL以下
 
②の患者さんのLDLコレステロールの目標値は70mg/dL以下
 
となります。
 
このように患者さんの状況に応じてLDLコレステロールの目標値も違い、治療法も違います。
 
どんな人がよりLDLコレステロールを下げなければならないかというと
 
動脈硬化性疾患のリスクをたくさん持っている人
 
です。
 
例に出した患者さんを比べると、どう見ても②の患者さんのほうが心筋梗塞を起こす確率は高そうですよね。
 
そのためより厳格にLDLコレステロールをコントロールしなければなりません。
 
実際に①と②の患者さんが私の外来を受診した場合は、
 
①の患者さんは生活習慣の改善を指導し
 
②の患者さんは生活指導に加え薬物治療を強化するでしょう。
 
このように状況によってLDLコレステロールの目標値は異なるため、健康診断で指摘された場合は受診し自分のリスクに応じた治療を受けることが大事になります。

受診する際に準備するものは?

どういう情報が必要かというと
 
自分がどのくらい動脈硬化性疾患になりやすいか
 
です。
 
健康診断の結果の他に具体的に準備してほしい情報は以下になります。

チェックリスト

◯自分が今までどういう病気にかかったことがあるか
(特に狭心症、心筋梗塞、慢性腎臓病、脳梗塞、末梢動脈疾患、糖尿病、高血圧は重要です。)
 
◯血のつながった家族が若くして狭心症や心筋梗塞になったことがあるか?(男性:55歳以下、女性:65歳以下
 
◯喫煙歴
動脈硬化性疾患のリスクとしてタバコは重要です。
 
1日何本を何歳から吸っていたか答えられるようにして下さい。
 
なお、禁煙しても過去に吸っていた場合はいつまでどのくらい吸っていたか答えられるようにして下さい。

 
これらの項目は特に重要なので、事前に答えられるよう準備してから受診することをお勧めします。
 
忘れそうな場合はスクリーンショットにとって受診の準備のときにお使いください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
 
脂質異常症、特にLDLコレステロール高値が指摘された場合、リスク評価を行った上でどういう治療を行うか決定します。
 
医師としてはきちんとした治療を提供したいと考えていますので、ぜひ必要な情報を準備した上で病院を受診するようにして下さい。
 
<<参考文献>>
動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版 / 日本動脈硬化学会
ジェネラリストのための内科外来マニュアル / 医学書院