abstract和訳

【医学論文】英語論文のabstractを和訳します①

医学論文のabstract

医学論文を勉強することになった経緯はこちらをどうぞ
>>>英語が苦手な医師が医学論文を読めるように勉強することにした。
 
こんにちは、たくゆきじです。
 
この企画では
 
医学論文を読めるようにひたすらabstractを訳していきます。
 
まぁ企画と言えるようなものでもなんでもなく、PubMedで循環器領域の論文を探して、abstractを訳すだけです。
 
実際にabstractを訳して、その後に自分なりの気付きを書いていきます。
 
私の医学論文のトレーニングの備忘録に近いです。
 
たくゆきじ、苦手なりに頑張ってんなぁ
 
くらいのあたたかい目で見守り下さい。
 

私の英語力は本当にクソなので、頑張っても誤訳の可能性があります。
 
トレーニングの記録として捉えていただけましたら幸いです。

今回の論文

今回の論文はこれです。

Five-Year Outcomes with PCI Guided by Fractional Flow Reserve
 
FFRガイド下PCIの5年間のoutcome
 
July 19, 2018 N Engl J Med 2018; 379:250-259

abstractの和訳

<<要約>>
 
<Background>
stableな冠動脈病変の患者差の初回治療として、FFRガイド下でのPCIはmedical therapyより優れているとされている。
 
<Methods>
冠動脈造影上有意狭窄病変がある(少なくともFFR<0.80である病変が一つ以上ある)患者1220名をFFR-Guided PCI+medical therapy群とmedical therapy単独群に無作為に割り付けた。
全ての狭窄病変がFFRで0.80を超えた患者はmedical therapyを受け、registry cohort群とした。
primary endpointは死亡、心筋梗塞、緊急血行再建の複合endpointとした。
 
<Results>
全部で888人の患者(447人がPCIグループ、441人がmedical therapy単独グループ)が無作為割り付けされた。
5年間でprimary end pointの率はPCIグループのほうがmedical therapy単独群に比べて有意に低かった。(13.9% vs. 27.0%; hazard ratio, 0.46; 95% confidence interval [CI], 0.34 to 0.63; P<0.001)
この差は緊急血行再建でdrivedされており、PCI群で6.3%に比べmedical therapy単独群で21.1%(hazard ratio, 0.27; 95% CI, 0.18 to 0.41)であった。
死亡率((5.1% and 5.2%, respectively; hazard ratio, 0.98; 95% CI, 0.55 to 1.75))や心筋梗塞((8.1% and 12.0%; hazard ratio, 0.66; 95% CI, 0.43 to 1.00))に関して有意差は認められなかった。
PCI群とregistry cohortとの間にprimary end pointにおいて有意差は認められなかった。((13.9% and 15.7%, respectively; hazard ratio, 0.88; 95% CI, 0.55 to 1.39))
胸痛の消失はPCI後のほうがmedical therapy後よりも明白であった。
 
<Conclusion>
Stableな冠動脈疾患の患者において、5年間観察したところFFRガイド下のPCIはmedical therapy単独群に比べ死亡、心筋梗塞、緊急血行再建の複合endpointを有意に低下させていた。
血行力学的に有意な狭窄を認めなかった患者は、medical therapy単独で良好な結果を得られていた。

気付き

①本を読む前は意味不明だった95% confidence interval [CI]=「95%信頼区間」の意味がわかるようになった。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
前までは意味不明すぎて読み飛ばしていました。

 
②むりに日本語に訳すのが難しい用語が存在しており、ルー大柴のような翻訳も仕方ないと思えるようになった。

まとめ

勉強のために本を読む前に比べて、読んだ後は少し統計用語が理解できるようになっていました。
 
別な論文も頑張って読んでトレーニングしていきます!
 
次回はこちら
>>>【医学論文】英語論文のabstractを和訳します②
 

こちらもどうぞ!

和訳したabstractのまとめ記事はこちら
>>>【医学論文】医師が勉強のため和訳した英語論文のabstractまとめ!
 
私が統計の勉強のため読んだ本はこちら
>>>【英語論文】医学統計を勉強する医師におすすめの本、参考書を紹介!