コラム

「外科医の視点」のスポンサーになってイラストの重要性を実感した話

外科医の視点 バナー

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回は
 
「外科医の視点」のスポンサーになってイラストの重要性を実感した話
 
を記事にします。
 
「外科医の視点」は消化器外科の武矢けいゆう先生が運営されているブログで、病気や医学用語に関して誰でもわかるようにたいへんわかりやすく解説してくださっています。
 
最近は医療ドラマの解説に力を入れられており、ドラマの後に外科医の視点で解説を読むのが楽しみな方も多いのではないでしょうか?
 
そんな大人気ブログの外科医の視点ですが、実は私がスポンサーになっていた時期があります。
 
今回はそのスポンサーになった経緯イラストの重要性に気づいた出来事について書いていきます。
 
ぜひご覧下さい。

スポンサーになった経緯

始まりはこのツイートからでした。


 
けいゆう先生がTwitterスポンサーを募集していました。
 
ココナラで見てみると5000円/週で広告を出すことができるとのことでした。
 
※2018/10/13現在受け付けは休止しているようです。
 
この呟きをみて
 

たくゆきじ
たくゆきじ
一度広告を出してみるのも楽しそうだな…

 
と思いココナラを通じて4週間分の広告枠を申し込むことにしました。

バナー広告とは

スポンサーといっても色々な形のスポンサーがあります。
 
イメージとしてはテレビのCMが最もわかりやすいと思います。
 
今回のスポンサーの方法としては、「バナー広告を外科医の視点に掲載する」というやり方でした。
 
なおバナー広告という言葉を聞き慣れない方もいるかと思いますので簡単に説明します。
 
バナー広告に関するwikipediaを参照すると以下の内容となります。
 

広告として使われる場合、画像には広告主のサイトにリンクが張られており、ユーザーがクリックすればジャンプするようになっている。

wikipediaより引用

 
今回のケースだと「外科医の視点」を訪れた人がバナー画像をクリックすると、「内科医たくゆきじ」に来てくれるということになります。

イラストを自作してみたところ・・・

完全に勢いで申し込んだので、広告枠を買った時点で私の手元にバナー広告の画像はありませんでした。
 
画像をココナラで依頼することも考えたのですが色々あってPowerpointで自作することにしました。
 
ちなみに出来上がった画像がこちらです。
 
外科医の視点 バナー
 
バナー画像(笑)という出来栄えです。
 
本当はこの画像を4週間掲載する予定でしたが、けいゆう先生に提出する時にふと思いつきました。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
どうせ4週間広告を掲載できるのだから色々なイラストを試してみて効果の違いを見てみよう

 
どうせやるならバナー画像を定期的に変えて「外科医の視点」から私のサイトに流入してくる人数の違いを見ることにしたのです。

Twitterでバナー画像を作ってくれる人を募集してみた

しかしバナー画像(笑)を見ておわかりの通り私には絵心がありません。
 
かといって匿名でブログをしている関係上友達にも頼みづらかったので、Twitterでバナー画像を作ってくれる人を募集することにしました。
 


まあ募集してみたものの、この条件で応募してくださる方がいるとは正直思えなかったので
 

たくゆきじ
たくゆきじ
誰からも連絡が来なかったらまた自分で作ろう

 
と思っていました。
 
しかしなんと呟いてわずか10分でDMをいただきました。
 
外科医の視点 バナー
 
ゆうすきんたろうさんという方から連絡をいただきました。
 
まさか本当に応募してくださる方がいるとは思えなかったのでかなり驚きました。
 
色々と連絡を取り合い最終的なバナー画像はこれになりました。
 
外科医の視点 バナー
 
私の作ったバナー画像(笑)と比べると天と地の差で素晴らしい出来です。
 
早速けいゆう先生と連絡を取り、バナー画像(笑)を掲載してから1週間で切り替えることにしました。
 
実際に掲載されている時はこんな感じになっています。
 
外科医の視点 バナー
ちなみにバナー画像(笑)だった時はこんな感じです。
 
外科医の視点 バナー
 
もともと掲載期間は1週間の予定だったのですが、出来がよかったのでゆうすきんたろうさんにお願いし掲載期間を3週間にさせていただきました。

イラストごとの結果報告

具体的に数字をお伝えします。
 
まずバナー画像(笑)の時の結果です。
 
外科医の視点 バナー
 
この画像を掲載していた1週間で「外科医の視点」から「内科医たくゆきじ」に来てくれた人は60人/週でした。
 
その後ゆうすきんたろうさんに作っていただいたバナー画像に替えました。
 
外科医の視点 バナー
 
こちらは3週間掲載したのですが、3週間で360人の方に来ていただきました。
 
1週間あたりに直すと120人/週でなんと倍増していました。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
イラストの違いでこんなに来てくれる人数が変わるものなんだ・・・

 
と驚くとともに素晴らしいバナー画像を作ってくれたゆうすきんたろうさんに改めて感謝しました。

まとめ

以上が今回の経緯です。
 
「バナー広告はイラストによって効果が変わる」という貴重な経験をすることができました。
 
なお、この場を借りてけいゆう先生ゆうすきんたろうさんに改めて感謝を申し上げたいと思います。
 
ありがとうございました。
 
外科医の視点のリンクはこちら
>>>【外部リンク】外科医の視点
 
武矢けいゆう先生のTwitterアカウントはこちら
>>>武矢けいゆう先生 Twitterアカウント
 
ゆうすきんたろうさんのTwitterアカウントはこちら
>>>ゆうすきんたろうさん Twitterアカウント