研修医・医師におすすめの医療系アプリをまとめて紹介!

おすすめの医療系アプリ

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事では
 
私が実際に医療現場で使っているおすすめな医療系アプリ
 
をまとめて紹介します。
 
医学で必要とされる知識は加速度的に増えており
 

必要な知識をすべて暗記することは現実的に難しいな…

たくゆきじ

 
と日々感じることが多いです。
 
また日常業務で忙殺され、勉強する時間をなかなか取れず知識のアップデートが難しい現実もあります。
 
そこで私が頼っているのがスマートフォンのアプリです。
 
アプリを使って暗記しなくても必要な情報にうまくアクセスすることが現実的な解決策だと考えています。
 
また効率よく日常業務を終わらせて時間を捻出する効果もあります。
 
今回の記事では実際に私が使用している医療系のアプリをまとめて紹介します。
 
どれも日常診療で役立つアプリばかりなのでぜひご覧ください。

研修医必見!救急外来でのカルテの書き方を解説します。身体所見のテンプレートの雛形も紹介!

おすすめ医療系アプリ「M2Plus Launcher」

M2Plus Launcherの特徴を簡単に解説します。
 

M2Plus Launcherとは重くて持ち運びに不便な医学書を全部まとめて一台の端末(スマートフォンやタブレット)で管理できるアプリです。

 
M2PLUSという医学電子書籍ストアで購入した医学書をダウンロードし、いつでもどこでもアプリ内で読むことができます。
 
わからないことがあったらその場で調べることができるので、私にとっては手放せないアプリです。
 
重い教科書をいちいち持ち運ばなくても良くなったのも大きなポイントです。
 
なおアプリのダウンロード自体は無料ですが、電子書籍の購入は有料です。
 

Google PlayApple Store

 
⇒【M2Plus Launcherの解説記事はこちら

【医学書アプリ】M2Plus Launcherは本当に便利!おすすめの電子書籍と使い方も紹介します。

おすすめ医療系アプリ「EPIONE薬辞典」

EPIONE薬辞典の特徴について簡単に解説します。
 

EPIONE薬辞典とは調べるのが面倒な添付文書を簡単に検索できるアプリです。

 
自分が使い慣れていない薬を処方する時に禁忌や用法が不安になりませんか?
 

私は不安になります…

たくゆきじ

 
普段は上で紹介したM2 Plusのアプリ内の「今日の治療薬」で事足りるのですが、添付文書で確認するときもあります。
 
しかし添付文書は普通は手元になく、調べようとするとネットで検索しなければならず何かと面倒です。
 
ここで紹介するEPIONE薬辞典ならば簡単に添付文書を検索することが出来るので重宝しています。
 
このアプリは会員登録こそ必要なものの、無料で使用できます。
 

Google PlayApple Store

 
⇒【EPIONE薬辞典の解説記事はこちら

【医療系アプリ】EPIONE薬辞典は薬価や薬の形態がわかり便利なのでおすすめします。

おすすめ医療系アプリ「ドクターKの診療ナビ」

ドクターKの診療ナビの特徴について簡単に解説します。
 

ドクターKの診療ナビとは煩雑な計算やリスクスコアの評価を簡単に行うことができるようになるアプリです。

 
私は治療方針を決める時に様々なスコアを用います。
 
有名なところでいうとCHADS2 scoreをよく使用します。
 
私はCHADS2 scoreはよく使うので暗記していますが、必要だけどたまにしか使わないものもあります。
 
しかしたまにしか使わない分評価項目を忘れたり計算式を忘れたりで、その都度調べるのは大変です。
 
そんな時に「ドクターKの診療ナビ」が役に立ちます。
 
このアプリを使えば煩雑な計算やリスクスコアの評価を簡単に行うことが出来ます。
 
なおドクターKの診療ナビはダウンロードに840円かかる有料アプリです。
 

Google PlayApple Store

 
⇒【ドクターKの診療ナビの解説記事はこちら

【医療系アプリ】ドクターKの診療ナビをおすすめな点と改善してほしい点もあわせて紹介!

医療者におすすめの便利アプリ「Dropbox」

厳密には医療用アプリではありませんが、Dropboxの便利な機能を紹介します。
 
解説記事では通常のクラウドストレージサービスではなく、
 
Dropboxで書類をスキャンしてPDF化する方法
 
を紹介します。
 

私はこの機能を知ってから、セミナーのパワポ資料をDropboxでPDF化しています。

たくゆきじ

 
大変便利で勉強会やセミナーに出席する機会の多い医療者におすすめする機能です。
 
なお無料のベーシックプラン(2GB)で十分です。
 
Google Playでダウンロード
Apple Storeでダウンロード
 
⇒【Dropboxで書類をスキャンしPDF化する解説記事はこちら

【アプリ】Dropboxで書類をスキャンしてPDF化する方法を紹介します。

まとめ

以上今回の記事では私が臨床の現場で実際に使っている医療系アプリを紹介しました。
 
どれも便利なアプリばかりなのでぜひ使ってみて下さい。
[box04 title=”こちらもどうぞ!”] 研修医のカルテの書き方を徹底解説!私はこうして救急外来のカルテを書いています。
 
循環器内科医が心電図のおすすめ教科書、本をまとめて紹介![/box04]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です