ゼロから始める海外学会

ゼロから始める海外学会 –AHA2018発表編—

海外学会で発表

先日(2018/5/16)私のオーベンから電話がきました。
 

オーベン
オーベン
もしもし、たくゆきじ先生?
たくゆきじ
たくゆきじ
先生、いかがされましたか?
オーベン
オーベン
海外学会で発表しようか。
たくゆきじ
たくゆきじ
え・・・

 
海外学会での発表のお誘いです。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
これはやばい・・・

 
実は私は海外学会で発表することが初めてです。
 
私は英語がめちゃくちゃ苦手なので、今までスッと身を引いていました。
 
英語が苦手だからこそ
 
「発表するとしても可能な限り日本語で発表しよう。」
 
「国内の学会でどうにかお茶を濁そう。」
 
「英語か・・・(絶望)」
 
今まではそのことばかり考えていました。
 

オーベン
オーベン
一回でいいから出してみよう。指導するからさ。
たくゆきじ
たくゆきじ
・・・わかりました。

 
こんな経緯で海外学会(AHA 2018)に演題を出すことになりました。
 
オーベンの先生としても、指導するというのはものすごい大変なのに快く指導してくださるということで頑張ることにしました。
 
しかし頑張ると言っても、何をどうすればいいのかよくわかりません。
 
そこでふと思いました。

たくゆきじ
たくゆきじ
私だけでなく他にも悩んでいる人がたくさんいるのではないか?

 
ということで海外学会の備忘録として新企画を立ち上げることにしました。
 
ゼロから始める海外学会発表
 
です。
 
今回は
AHA2018発表編
とサブタイトルを付けました。
 
どこまでできるがわかりませんが、頑張ってみます。
 
ちなみに現在の私の英語レベルは参考までに

  • 抄読会の準備に20時間かかる
  • 大学一年生のときのTOEICは500点くらい
  • Google翻訳は素晴らしい。
  • という感じです。
     
    論文制作レベルに関しては

  • P値だけぎりぎりわかる。
  • カプランマイヤーという言葉を聞くと「うんうん」と頷く。(意味はわからない。)
  • くらいのレベルです。
    はっきり言って鼻くそレベルです。
     
    ですが、この企画を終わったあたりでレベルアップしているといいなあと思いながら頑張ってみたいと思います。