医療・病気

【随時更新】循環器内科の領域で妊婦に禁忌の内服薬を紹介します。

妊娠

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事では
 
循環器内科の領域で使用する薬剤のうち妊婦に禁忌の内服薬
 
を紹介します。
 
「女性を見たら妊娠と思え」
 
とは有名な格言です。
 
どんな症状で来たとしても妊娠可能な年齢の女性の場合
 
妊娠しているかもしれない
 
と疑いながら診察するのが鉄則です。
 
循環器内科では高齢の患者さんを担当することが多く気にする頻度はそう多くないですが、一度まとめてみます。
 
ではどうぞ!

注意点

今回は妊婦に禁忌の内服薬を紹介しますが、紹介されてないからといって妊婦に処方可能かというとそうではありません。
 
処方する際には自己責任でお願いいたします。

β遮断薬

慢性心不全の際によく使用される薬剤で代表的なものはβ遮断薬です。
 
現在慢性心不全に対してβ遮断薬は
 
メインテート®(ビソプロロール)
 
アーチスト®(カルベジロール)
 
のいずれかを使用することがほとんどです。
 
どちらも妊婦には禁忌とされています。

ACE阻害薬

ACE阻害薬も慢性心不全に対して使用される薬剤です。
 
現在慢性心不全に対してよく使用されるACE阻害薬は
 
コバシル®(ペリンドプリル)
 
レニベース®(エナラプリル)
 
ロンゲス®(リシノプリル)
 
などです。
 
ACE阻害薬も妊婦には禁忌とされています。

ARB

高血圧やACE阻害薬が咳で継続できない慢性心不全の患者さんに使用します。
 
具体的に最近使用するARBは
 
アジルバ®(アジルサルタン)
 
オルメテック®(オルメサルタン)
 
などでしょうか。
 
ARBも妊婦には禁忌とされています。
 
なお、ARBは高血圧に対してCaブロッカーとの合剤が処方されることもあるため、高血圧の患者さんに処方するときはきちんと調べたほうがいいと思います。
 
例:エックスフォージ®(バルサルタン・アムロジピン合剤)

スタチン

以前に脂質異常症の記事でも書きましたが、スタチンも妊婦に禁忌ですのでご注意下さい。
 
具体的な薬剤名としては
 
リバロ®(ピタバスタチン)
 
クレストール®(ロスバスタチン)
 
メバロチン®(プラバスタチン)
 
リピトール®(アトルバスタチン)
 
などでしょうか。
 
なお、スタチンも合剤として使用されることがあります。
 
ゼチーア®(エゼチミブ)という小腸でのコレステロール吸収阻害薬との合剤が発売されておりますのでご注意下さい。
 
アトーゼット®(エゼチミブ・アトルバスタチン合剤)

ワルファリン

心房細動の心原性塞栓症予防
深部静脈血栓症
弁膜症の術後
 
など多岐にわたって使用されるワルファリン妊婦に禁忌です。
 
ちなみに豆知識ですが、ワーファリン®が商品名で、ワルファリンが一般名です。

まとめ

以上、日常診療で汎用される薬剤で妊婦に禁忌の薬剤をまとめてみました。
 
まとめてみた印象としては
 
ほぼ禁忌じゃん・・・
 
という印象です。
 
そのため妊娠可能な女性に薬剤を処方するのはかなり慎重に検討が必要と感じました。
 
治療上どうしても中止が難しい薬剤もあると思いますので、疑問がありましたら循環器内科にご相談下さい。
 
必要に応じて随時更新予定です
 
 
なお以下のサイトが有用と思いますので、よろしければご覧ください。
 
国立循環器病研究センター [86] 妊娠・お産と循環器病
 
<<参考文献>>
今日の治療薬 2018 解説と便覧 / 南江堂