病棟に持ち歩くノートの作り方とまとめるべき内容を紹介します。

病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
今回の記事では病棟に持ち歩くノートの作り方とまとめるべき内容を紹介します。
 
病棟や外来でちょっとしたことを調べる時ってどうやって調べていますか?
 
私はスマホを使って調べることが多いです。
 
M2plusというアプリを使うこともありますし、Evernote内にまとめたノートを参照することもあります。
 
関連記事:【医学書アプリ】M2Plus Launcherは本当に便利!おすすめの電子書籍と使い方も紹介します。
 
ネットでダウンロードしたPDF(ガイドラインなど)をスマホに入れてその場で調べることもあります。
 
このようにスマホで完結するのが一番便利だと思っていたのですが、最近ポケットノートを作成してスマホと併用するようにしています。
 
病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。
 

スマホとノートは併用すると便利だな

たくゆきじ

 
と感じるようになったのがその理由です。
 
そこで今回の記事ではスマホよりノートで調べたほうが便利な状況私が現在研修医だった場合のノートの作り方のポイントを紹介します。
 
ではご覧ください。

スマホよりノートで調べたほうが便利な状況

病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。
 
まず前提として私はスマホを診療中に活用しています。
 
M2plusを始めとしたアプリも普通に使っていますし、勉強した内容はEvernoteにまとめています。
 

患者さんに説明するときも使うときがあります。

たくゆきじ

 
関連記事:私が実際に医療現場で行っているスマホの使い方を紹介します。
 
しかし最近こう思うようになりました。
 
ちょっとしたことを調べる時はノートのほうが便利なのではないか

たくゆきじ

 
例えば挿管の時を考えてみましょう。
 
3ヶ月ぶりの挿管なので、挿管時に使用する鎮静薬の量や組成に自信がなくなった状況だとします。
 
私がそういう状況になった場合Evernoteなどで確認するわけですが、どこに書いてあったかわからなくなることが多く答えに到達するまで割と時間がかかります。
 
かたやアナログのノートだとどのへんのページにまとめたかなんとなく覚えているため、すぐにそのページで確認できるんですよね。
 
病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。
 
今回のように病棟や外来でさっと確認したい内容、その中でも特に確認する頻度の高い内容はノートにまとめるのが効率的だと感じています。
 
他にも私の場合は以下の内容もノートにまとめています。
 
糖尿病の診断基準と使う薬剤の基準
 
介護保険主治医意見書の自立度判定基準
 
まぁ自立度判定基準なんかはコピーしてノートに貼っただけですが。

たくゆきじ

 
病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。
 
糖尿病に関しては代謝内科の先生にお願いすることが多かったのですが、今の病院では自分で全て診なければならないので教科書で勉強した内容をノートにまとめました。
 
関連記事:「ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブック ver.4」という本を紹介します。
 
関連記事:糖尿病治療ガイド 2018-2019という本を紹介します。
 
このように日常診療で確認する頻度の高い内容はスマホよりノートで調べたほうが効率的だと感じています。
 
また隠れた副次効果としてスマホを開かないですむので集中力が途切れないというのもポイントです。
 
スマホで調べ物をすると色々な通知が来ているのにも同時に気付いてしまうため、どうしても気になってしまうんですよね。GmailとかLineとか。
 
スマホを開かなければ集中力が持続しやすくなりますから。
 
関連記事:日常生活でゾーンに入るためにどうすればいいのか考えてみた。

研修医のノートの作り方のポイント


 
私が今研修医だとしたらまずは以下の内容からノートを作成します。
 

抗菌薬の腎機能に応じた減量基準やスペクトラム表
 
血液ガス分析の解釈の仕方
 
電解質異常を補正するときの具体的な補正方法
 
心肺蘇生処置の手順と使用する薬剤量

 
なぜこれらの内容からまとめるかというと、どの科に行っても使えてかつ調べる頻度の高い内容だからです。
 
いわゆるコスパのいい内容ということですね。

たくゆきじ

 
ポイントとしてはできる限り具体的に作成することです。
 
補液のレジメンなどは病棟でそのまま使えるようにしておきましょう。
 
何度も使っているうちに体に染み付きますから。

たくゆきじ

 
ちなみに抗菌薬関係のノートを作るのであれば以下で紹介した本がおすすめですよ。
 
関連記事:感染症・抗菌薬(抗生剤)のおすすめのわかりやすい本・参考書とその選び方を紹介します。

まとめ

ポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介しました。
 
スマホとノートのいいところを併用して、病棟業務や外来をスムーズに終わらせましょう。
 
最後に余談ですが作成するノートは白衣やスクラブのポケットに入るサイズのものを選んだほうがよいです。
 
ちなみに私はA5サイズのノートを使っています。iphone 11と比較するとこのくらいのサイズ感です。
 
病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。
 
ポケットに入らないと持ち歩くのがめんどくさくなるので注意が必要です。
 

 
この記事を書いた内科医たくゆきじ((@takuyukiji))のプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です