医療・病気

いびきと眠気がひどく睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることになった(後編)

いびき

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回は
 
睡眠時無呼吸症候群
 
についての記事(後編)になります。
 
前編では医師として睡眠時無呼吸症候群とはどういう病気かについて説明しました。
 
今回の記事では私は患者として登場します。
 
睡眠時無呼吸症候群が疑われ、検査を行ったのです。
 
やはり検査をするきっかけとなったのはいびきと眠気でした。
 
今回の記事では検査をすることになった経緯や、実際の検査の機械を取り付けた後の写真も出しながら紹介します。
 
最後には結果もお示しします。
 
ではご覧ください。
 

前編を読んでいない方はこの記事を読む前にぜひ前編を読んでからこの記事をご覧ください。
 
>>>いびきと眠気がひどく睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることになった(前編)

なぜ検査したか

まずは今回検査をすることになった経緯について説明します。

自分の自覚症状

最初の症状は日中の眠気でした。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
眠い・・・結構寝たのに眠気が取れないな・・・

 
しかし、医師の業務で当直もしているためただの寝不足だと考えていました。
 
けどそれを差し引いても日中の眠気が続いていたのです。
 
その後しばらくしてから妻からいびきが指摘されました。

妻
なんか最近いびきかいてるよね。
たくゆきじ
たくゆきじ
そうなんだ、ふーん。寝てるから気づかんもんだね。

 
睡眠時無呼吸症候群を疑う主な症状がそろっていたのです。

職場で同僚と雑談

そして先日職場で同僚の呼吸器内科の医師と雑談をしておりました。

たくゆきじ
たくゆきじ
最近眠気が取れないんですよねぇ・・・やっぱ当直かなぁ・・・
呼吸器医師
呼吸器医師
確かに最近眠そうだよね。
呼吸器医師
呼吸器医師
いびきとかどうなの?
たくゆきじ
たくゆきじ
・・・そういえば妻から指摘されてます。
呼吸器医師
呼吸器医師
・・・・・・
たくゆきじ
たくゆきじ
・・・よろしくおねがいします。

 
こんな経緯で呼吸器内科の外来を受診し、実際に検査を行いました。
 
まずは簡易検査でスクリーニングを行い、引っかかったらPSGを行うという流れを前提にまずは簡易検査を行う事になりました。

自分のリスク因子のおさらい

自分のリスク因子をおさらいすると以下のものとなります。
 
肥満
男性
 
です。
 
肥満に関してはZOZOスーツダイエットなんてものをやってるくらいなので、普通に肥満です。
 
2018年7月現在
 
175cm
97.4kg
BMI 31.8

 
立派な肥満です。
 
余談ですが前編で首周りもリスク因子と書きました。
 
男性ですと43cm以上がリスクと捉えられます。
 
実はなんとZOZOスーツで首周りも計測できます。
 

今の私の首周りは40cmであるため高リスクとはいえないようです。
 
睡眠時無呼吸症候群のリスク評価もできるZOZOスーツすごい!
 
 
注)ZOZOスーツを激推ししてますが、一応職業は医師です。ZOZOの中の人ではありません(笑)
 

実際の簡易検査の機械

簡易検査の機械は
 
フクダ電子のPulSleep LS-120
 
という機械を使用しました。
 
色々なメーカーが有り機種も様々なので、
 
こんな感じで検査するんだ
 
くらいに捉えていただけたら幸いです。
 
実際の検査の機械はこちら
 

左から順に簡単に説明します。
 
画像左の透明の管は鼻カニューレといいます。
 
これを鼻に装着し、気流の流れを測定することで呼吸が止まっているか確認します。
 
画像真ん中の機械は測定器です。
 
これを手首に装着し、緑のボタンを押すと計測がスタートします。
 
画像右のものはSpO2モニターと言われるものです。
 
これで血中の酸素の点数を測ることができます。
 
無呼吸だと酸素の点数が下がるので、それをこれで拾い上げます。

装着した画像と検査の流れ

実際のこの機械を装着した画像はこちら。
 

見苦しい体でほんっとすみません。
 
赤丸で囲んだように検査の機械を装着します。
 
寝ている間に検査の機械を外さないようにテープで固定するのが一般的です。
 
そして手首につけた機械の緑色のボタンを2回押すことで計測が開始されます。
 


これだけです。
 
まったく難しくありませんでした。
 
ちなみに私の施設は測定誤差を少なくするために2日間連続で測定することになっています。
 
これは施設によって様々なようです。

私のAHIの結果報告

検査が終わったら病院に持って帰って技師さんと呼吸器内科の医師に解析してもらいます。
 
結果が出たところで呼吸器内科の外来を受診しました。
 

呼吸器医師
呼吸器医師
結果が出ました。
たくゆきじ
たくゆきじ
・・・(ドキドキ)
呼吸器医師
呼吸器医師
先生のAHIは3.5でした。
たくゆきじ
たくゆきじ
めちゃくちゃぐっすり寝てますね・・・
呼吸器医師
呼吸器医師
まあこれだと睡眠時無呼吸症候群とは言えないので、減量を頑張って下さい(笑)

私の眠気は無呼吸でも何でもありませんでした。
 
ただの睡眠不足だったようです。

まとめ

私の場合は睡眠時無呼吸症候群ではありませんでした。
 
寝ているときはぐっすりと寝ているようです。
 
しかし検査しなければわからないことなので、疑われたら早めに検査して白黒はっきりつけるのをお勧めします。