教科書レビュー

内科関係の教科書のレビューを始めます!

教科書のレビュー

こんにちは、たくゆきじです。
 
皆様は勉強する際にはどのように勉強しているでしょうか?
 
先輩から教えてもらうだけでは限界があります。
 
ネットで知識を身につけることも簡単になってきているとはいえ、きちんとした知識は教科書で勉強する必要があります。
 
しかし、教科書を買うときにこういう悩みを抱くのではないでしょうか。
 
「どの教科書がいいのかわからん。」と。
 
私も教科書選びに悩みました。
同じ悩みを抱いている方も多いと思います。
 
そこで私はレビュー記事を自分で書くことにしました。
 
以下になぜレビュー記事を書こうと思ったかについて書いていきます。

おすすめの医療系アプリ
研修医・医師におすすめの医療系アプリをまとめて紹介!こんにちは、たくゆきじです。 今回の記事では 私が実際に医療現場で使っているおすすめな医療系アプリ をまとめて紹介しま...

教科書選びの悩み

私の専門の循環器内科の領域は多岐に渡ります。
 
検査だけでも
 
心電図
心エコー
心臓カテーテル検査
ホルター心電図

 
などです。
 
この中で例えば心電図の教科書をamazonの検索で調べると結果は以下になります。
 
心電図 検索

その数なんと2525件!
 
この膨大な数の教科書の中から自分が読む一冊を選ぶのは簡単なことではありません。
 
また、この画像からわかるようにどの教科書も星が4から4.5くらいついていて、どれも高評価なのでどれを買えばいいかより悩むことになります。
 
私もどれを買っていいのか悩みました。
 
私はなにか買うときにレビューサイトで比較することが多いので、教科書を選ぶ時にもいいレビューサイトがあればいいのになぁと思っていました。
 
しかし自分の理想とするようなレビューサイトはなかなかありませんでした。
 
悩んだ結果ほしい教科書は基本的に全部買うことにしたので、家の本棚には所狭しと教科書が並んでいます。
 
(もちろんその教科書の中には買っただけで満足してしまい読んでいない教科書も含まれています(笑))
 
そこで私と同じ悩みを持つ人が少なくなるように、自分が読んだ教科書の内容をわかりやすく記事に書くことにしました。
 
買ったけど読んでいない教科書もレビュー記事に書くつもりでこれから読むので、自分の理解が深まるメリットもあると思っています。

おすすめの心電図の本、教科書
循環器内科医が心電図のおすすめ教科書、本をまとめて紹介!こんにちは、たくゆきじです。 今回の記事では 心電図の教科書の選び方と実際におすすめする教科書 を紹介します。 ...

ルールと書式

必ず自分で読み切った教科書のみをレビューします。
 
全部読みきれなかった教科書をレビューするときはかならず記載します。
 
内容は以下の内容とします。

要約

【本のタイプ】
例:辞書のようにわからないときに調べる教科書です。など
 
【ページ数】
○○ページ
 
【通読にかかる時間】
自分が通読に要した時間を記載します。
 
【おすすめ対象者】
例:初期研修医など

 
これらに加えて書評も書きます。

まとめ

主に専門の循環器内科の領域が多くなるかと思いますが、一般内科の教科書もレビューしていきたいと思います。
 
教科書選びの一つの目安となれば嬉しいです。よろしくおねがいします。

看護師のモニター心電図の本
循環器内科医が看護師におすすめのモニター心電図の本、参考書を紹介!こんにちは、たくゆきじです。 この記事では 看護師におすすめするモニター心電図の本、参考書を3冊紹介します! 今回循環...