ふるさと納税のおすすめ返礼品はこちら

レコーディングダイエット中に自分だけの食べログを作っていた話をする。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

先日帰省した際に私の部屋から一冊のノートが偶然発見された。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

このノートを見つけた瞬間タイムスリップしたような感覚に襲われた。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

あれは10年以上前…

私がレコーディングダイエットをしていた時のこと…

自分だけの食べログを作っていたときのこと

その頃の記憶が走馬灯のように頭をよぎった。

これは私の敗北の物語だ。

いつまでもデブと思うなよ

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

ことの発端は一冊の本からだった

「いつまでもデブと思うなよ」という本である。

岡田斗司夫さんがレコーディングダイエットに取り組み、1年間で50キロの減量に成功した時のエッセイである。

まぁその後25kg程リバウンドしてしまうというオチがつくのだが、当時は一斉を風靡した書物であった。

私はこの挑戦的なタイトルに大いに興味を惹かれ読んでみることにした。

この本をとても大雑把にまとめると要点はこうだ。

①まず自分の食べた食べ物を記録し自分を見つめ直す。

②基礎代謝ギリギリまでカロリーを抑える。

③自然と痩せていく。

これを実践したところ1年で50キロの減量に成功したという。(もちろん詳細は本を読んでほしい。)

最初は鼻をほじりながら読んでいた私も徐々にその気になってきた。

当時103kgで紛れもない弩級のデブであった私にもできるんじゃないかと思わせられる魔力がその本にあった。

だって岡田さんは120kgともっと太っていたのだから。

いつまでもデブと思うなよ

たくゆきじ

心にその言葉を刻みこみ、レコーディングダイエットをはじめてみることにした。

レコーディングダイエットを始めてみた

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

そしてレコーディングダイエットを始めてみた。

記念すべき最初の日の食べ物はこんな感じである。記録を付けることで自分がデブである理由を瞬時に理解することとなる。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

はっきり言って終わってますよね。

ダイエット初日にも関わらずカレーを2人前食べてやつがどこにいるというのだ。

こりゃ太るわ、と。

ただそうそう自分の生活習慣をすぐに変えられるはずもなく、目標カロリーである1700kcalをオーバーする日が続いた。

カロリーの借金があまりにもたまりすぎてカロリーの徳政令が発動したこともある。

ただこういう失敗を乗り越え徐々にレコーディングダイエットは軌道に乗っていった。

1700kcalを達成できる日も徐々に増えてきて体重も徐々にではあるが着実に痩せていったのだった。

だが続けていくうちにレコーディングダイエットには大きな問題点があることに気付く。

それは外食先のカロリーがわからないということだ。

外食先のカロリーがわからない

幸楽苑やガストといったチェーン店では各メニューにカロリーが書いてある。

こういうチェーン店にいくぶんにはカロリーが計算できるためレコーディングダイエットをする上で全く問題ない。

ただ問題はチェーン店以外、いわゆる個人店で外食する場合だった。

そのへんのラーメン屋のメニューにはカロリーが書いていない。

それはレコーディングダイエットをする上で致命的な欠点となる。カロリーがわからないのだからレコーディングしようがない。

最初はカロリーが計算できるチェーン店で外食をしていたのだが、時間が経ってくると個人店で好きなラーメンを食べたくなってくる。

しかしカロリーがわからない…

どうすればいいんだ…

ただある日この問題を解決する一つの妙案が頭にひらめいた。

「店のラーメンのカロリーを自分で測ればいいのではないか?」

自分でカロリーを測定することにした。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

この事をひらめていてから私は極めて原始的なやり方でカロリーを測定することにした。

方法はこうだ。

店に行くときは常に手帳と秤を持っていく。

ちなみに持っていったのはTANITAの秤だ。

そして店に入ったら食べる前にまず重さを測定する。

例えばラーメン屋で考えてみる。

ラーメンには麺だけではなくチャーシュー、メンマ、ワンタンなど様々な具が乗っている。

これらを丁寧に因数分解して重さを測定していく。

まずは麺の重さを測定する。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

この麺の場合は315gだ。次にチャーシュー。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

このようにしてそれぞれの具の重さを測定する。

その貴重な情報を私のノートに克明に記録していった。

各々の具の重さがわかれば自然とカロリーは計算できる。今で言うとカロリーSlismのようなサイトで計算した。

この家庭を繰り返すことでお気に入りのメニューのカロリーの記録を把握できるようになっていった。

1ヶ月もするとノートを観なくてもカロリーが瞬時に頭に浮かぶようになった。

気分はスカウターをつけたサイヤ人である。

ちなみにこんな事をしていたら当然とても目立つので店員から

「お兄さん、何をしているの?」

と声をかけられるときもしばしばあった。

そんなときは

「いやぁダイエット中でして…カロリー制限があるものでカロリーを計算してるんですよ…

たくゆきじ

と正直に答えていた。

「一日の総カロリーを制限してるならラーメン屋に来るんじゃねーよ」

という店員の心の声が聞こえたこともある。私は人の心を読むことができる。

別な店では同じことをしていたら

「兄ちゃん面白いから特別にチャーシューを大盛りにしておいたわ」

とニヤニヤしながらサービスしてくれたラーメン屋の親父もいた。

ダイエット中って言ってんだろ。

自分だけの食べログ

専門書アカデミーで売った本

そんなこんなで私の手帳には私のお気に入りの食堂やラーメン屋のお気に入りのメニューのカロリーが記録されていった。

レコーディングダイエット中に食べログを作っていた話

このノートの事を私は「自分だけの食べログ」と心の中で呼んでいた。最終的に20種類以上のメニューのカロリーが記録された貴重なレポートになっていた。

以前別な記事でも書いたように私は好きなメニューを繰り返し頼むため、各店ごとにお気に入りのメニューのカロリーが一つだけ書いてあれば事足りた。

関連記事:ユニクロの八分丈パンツは素晴らしいパンツであることを伝えたい

この食べログ情報によりストレスなくレコーディングダイエットを継続できるようになり実は一時メキメキ痩せていった。

一時期は8ヶ月で103kgから90kgを割り込むまで痩せることができた。

レコーディングダイエットは成功したのだ。

色々な服も着れるようになったし階段を登っても息が切れなくなった。

ただやはりもっと甘いものが食べたいというどうしようもない理由でレコードするのをやめリバウンドして今に至る。

ダイエットの道は高く険しいことを教えてくれたかつての私のレコーディングダイエットの記録であった。

こちらの記事もぜひご覧ください。

たくゆきじ

お茶 ぬるくなってもまずくならないお茶を求めて 手術の後にごくごく飲み物 手術やカテーテルが終わった後にネクターを一気飲みするのは最高だと伝えたい。 大阪駅近くの新梅田食堂街にあるたこ焼き「はなだこ」 【食レポ】大阪駅近くの新梅田食堂街にあるたこ焼き「はなだこ」は美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です