AirPods Proのレビューと感想|ノイズキャンセリング機能がすごい

AirPods Proのレビューと感想

「こんな魔法、聞いたことがない。」
 
このキャッチフレーズにつられてつい先日私はとあるガジェットを衝動買いしてしまった。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
ご存知AirPods Proである。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
個人的には大満足の逸品だった。
 
そこでこの記事では破格のノイズキャンセリング機能が話題の本商品を正直にレビューしていく。
 
AirPods Proの購入を検討している方はぜひ参考にしてほしい。

AirPods Proのレビューと感想

AirPods Proのレビューと感想
 
では早速AirPods Proをレビューしていこうと思う。
 
レビューした項目は以下の通りである。
 

見た目と付属品
ペアリングで感じる未来感
ノイズキャンセリングはすごい
音質はいいのか悪いのか判断できなかった

 
では一つずつみていこう。

見た目と付属品

届いたAirPods Proを開封すると3つのアイテムが中に入っている。
 
AirPods Proのレビューと感想
 

本体・ケーブル・イヤーチップです。

たくゆきじ

 
AirPods Proのレビューと感想
 
本体は45.2mm × 60.6mm × 21.7mmと手のひらの上に乗る大きさ。
 
そこまで重さは感じませんね。

たくゆきじ

 
開けてみるとこんな感じで2本イヤホンが入っている。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
これがAirPods Proか…

たくゆきじ

 
なんだかとてもワクワクしてしまう。
 
ちなみにこのケースは充電器の役割も果たしている。中にAirPods Proを入れると自動で充電されるという仕組みだ。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
充電はLightningケーブルとワイヤレス対応。
 
ケースの底面にケーブルをさす部分が確認できる。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
Lightningケーブルを使った場合はこんな感じで充電される。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
なお私はワイヤレス充電器を持っていないため試していない。今後導入する予定もない。
 
まぁ普通にケーブル挿せばいいんじゃないの?

たくゆきじ

 
と思ってしまうからだ。
 
ちなみにイヤホン単体では最大4.5時間連続で再生でき、収納ケースを併用すると24時間使用できる。
 
4.5時間も連続でイヤホンを使用する機会はそう多くないだろうから、バッテリー持ちで困ることは少ないと思われる。
 
イヤホンのイヤーチップはデフォルトではMサイズが装着されている。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
ただ耳のサイズは人それぞれ。大きさが合わない場合には付属のイヤーチップと入れ替えよう。
 
付属のイヤーチップにはSとLがありたいていのサイズは対応可能だ。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
私はMのままでちょうど良かったです。

たくゆきじ

ペアリングで感じる未来感

このAirPods ProはApple製品とペアリングすることになる。
 
私はiphoneとペアリングしたわけだが、AirPodsのケースを開けたところ自動でiphoneとペアリングされて驚いた。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
なんというかものすごい未来感があった。
 
端的にいうとワクワクしたのだ。
 

このワクワク感がたまりませんよね。

たくゆきじ

 

ノイズキャンセリングはすごい

では今回のAirPods Proの目玉であるノイズキャンセリング機能のレビューを行っていく。
 
なんでもAppleによると入ってくる音と逆の音をイヤホンの中でぶつけることでノイズを消すことに成功したらしい。
 
正直何を言っているのかよくわからないが、Appleがそう言っているのだから間違いないだろう。
 
ノイズキャンセリングのイメージがわかない方はポップの奥義「極大消滅呪文(メドローア)」を思い出していただければイメージできるかもしれない。
 

AirPods Proのレビューと感想

ダイの大冒険より引用

 
メラとヒャドという全く真逆の方向の力をスパークさせると全てを消滅させるメドローアとなる。
 
Appleのノイズキャンセリング技術もおそらく同じ原理なのだろう。
 
AirPods Proの中でノイズと真逆の音波をぶつけることでスパークさせ、まるでメドローアのようにノイズが完全に消しとんでしまうというわけだ。
 
では一体どのくらいノイズはキャンセリングされるのか。
 
AirPodsは私をどのくらい静かな空間にいざなってくれるのか。
 
それを私はとても楽しみにしていた。
 
実際に装着してみる。
 

こ…これは…

たくゆきじ

 
AirPods Proのレビューと感想
 
そこには静寂があった。
 
表現としては水の中に入っている感覚が最も近いかもしれない。
 
まるで一人だけプールの底にいるような感覚に。
 
ある一定以上の音は通すものの、それ以下の音はシャットアウトしてくれているかのように感じる。
 
妻が私を呼ぶ声は聞こえるが、衣擦れの音は聞こえない。
 
なんというか日常生活をおくる上で必要な音以外をAirPodsが弾いてくれるように思える。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
もちろん何も聞こえないというわけではない。
 
エアコンや空気清浄機のゴーッという音は聞こえたりする。
 
ただ明らかに周りが静かになった。集中してなにかに向き合うにはピッタリのアイテムだと率直に思う。
 
いわゆるゾーンに入るためにはこのイヤホンは必要不可欠かもしれない。
 
関連記事:日常生活でゾーンに入るためにどうすればいいのか考えてみた。
 
ちなみにもちろんノイズキャンセリング機能は設定ですぐに解除できる。
 
例えばどういう時に解除すべきなのか。それは外を出歩くときだ。
 
ノイズキャンセリング機能を作動させながら外を歩くのは危険だと思える。
 
車が近づいてくる音までキャンセルしてしまうからである。
 
まるで全ての車がプリウスになったかのようにステルスで近づいてくるので、外を歩く時はノイズキャンセリング機能は解除したほうが無難だと思う。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
設定はこのコントロール画面で赤く囲った部分を長押しすると選択画面に移行できる。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
ノイズキャンセリング機能の設定はここで行う。
 
AirPods Proのレビューと感想
 
ノイズキャンセリング以外にもオフ、外部音取り込みモードがある。
 

AirPods Proのレビューと感想
AirPods Proのレビューと感想

 
時と場合に応じてうまく使い分けてほしい。
 

音質はいいのか悪いのか判断できなかった

AirPods Proのレビューと感想
 
音質に関しては私にとっては問題なかった。
 
ただ他と比べていいか聞かれると正直自信がない。
 
なぜなら私は500円くらいのどこにでも売っているイヤホンしか使ったことがないからだ。
 
そのため同じ価格帯のものに比べて音質がいいかと聞かれると
 

比べたことがないためなんとも言えない。

たくゆきじ

 
としか答えられない。
 
ただノイズキャンセリングをしながら音楽を聞くと無理に大音量にする必要がないため、いつもよりリラックスして音楽を楽しむことができたということは付け加えておく。

AirPods Proのレビューと感想|まとめ

以上AirPods Proをレビューしてみた。
 
ノイズキャンセリングは想像以上の出来で、特に読書中の集中力upの手助けをしてくれるだろう。
 
今後も大いにお世話になることは間違いない。魔法のガジェットをありがとう、Apple。
 

 
AirPods Proを買ったらノイズをキャンセリングしながらこちらの本を読んでみましょう。
 

 
この記事を書いた内科医たくゆきじ((@takuyukiji))のプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です