【画像で解説】ノートパソコンをデスクトップ化する設定と方法を紹介します。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

今回の記事では

ノートパソコンをデスクトップパソコンのように使うために必要な設定

を紹介します。

私は普段レッツノートというノートパソコンを使っています。

レッツノート

最高に使いやすいおすすめのノートパソコンなので不満は全くありません。

レッツノート 研修医・医師に自信を持っておすすめするノートパソコンはレッツノートです。

ただやはりノートパソコンのディスプレイは小さめなので使っているうちに

家ではデスクトップのような大きいディスプレイで使いたいな。

たくゆきじ

と思うようになりました。

そこで調べてみたところ「ノートパソコンのデスクトップ化」ということができるらしく、実際に設定してみました。

現在自宅ではノートパソコンをこのようにデスクトップ化しています。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

設定してみたところとても快適です。

たくゆきじ

現在は出張の際はノートパソコンとして使用し、自宅ではデスクトップとして使用しています。

ただ「ノートパソコンのデスクトップ化」と聞くと

設定めんどくさいんじゃないか…

たくゆきじ

と思う方もいらっしゃるかと思いますが実際に設定してみるととても簡単でした。

そこでこの記事では「ノートパソコンのデスクトップ化」の設定方法を紹介します。

ノートパソコンのデスクトップ化のために必要な事は

ディスプレイやマウスといった周辺機器の準備

パソコンの設定を一つだけ変更

の2つだけですのでぜひこの記事を読んで試してみてくださいね。

ノートパソコンのデスクトップ化のために必要な周辺機器

必要な機器は以下の通りです。

たくゆきじ

ディスプレイ

マウス

キーボード

HDMIケーブル(VGAケーブル)

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

この4つの機器があればノートパソコンのデスクトップ化は簡単にできます。

ディスプレイは1つだけでもデスクトップ化できますが、2つある方が作業が段違いにはかどるので2つ準備するとよいでしょう。

もちろんその場合はHDMIケーブル(VGAケーブル)は2本必要になります。

ちなみにレッツノートはHDMIもVGAも両方使えますよ…(レッツノート信者)

たくゆきじ

医師におすすめするノートパソコンのレッツノート
医師におすすめするノートパソコンのレッツノート

では次から実際に設定していきましょう。

ノートパソコンのデスクトップ化の設定方法

まずノートパソコンとディスプレイを接続します。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

その後ノートパソコンとディスプレイの電源を入れて設定をするとこのような感じになります。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ディスプレイはデスクトップで右クリックできると簡単に設定できますよ

たくゆきじ

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

このまま使うのも一つの方法なのですが、私の場合はノートパソコンの画面とディスプレイの大きさが違いすぎて使いづらかったです。

そのためなんとかノートパソコンのカバーを閉じて作業したいと思いました。

ただカバーを閉じるとスリープ状態になってしまい、ディスプレイも自動的にブラックアウトしてしまいます。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

このようにカバーを閉じてもスリープさせないためにはまずコントロールパネルを立ち上げる必要があります。

設定はとても簡単ですので大丈夫ですよ。

たくゆきじ

コントロールパネルは「Windowsキー+Pauseキー」でシステムという画面を立ち上げた後、左上のコントロールパネルをクリックすると最も早くたどり着けます。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

その後「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」→「カバーを閉じたときの動作の選択」を順に選択していきます。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

するとカバーを閉じた時の動作がデフォルトでは「スリープ状態」なのですが、ここを「何もしない」に変更します。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

これでノートパソコンのカバーを閉じてもスリープしないので、ディスプレイで作業できるようになりました。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

これで「ノートパソコンのデスクトップ化」は完了です。

お疲れさまでした。

たくゆきじ

ノートパソコンのデスクトップ化のためにおすすめする周辺機器

先述しましたが必要な機器は以下の4つです。

ディスプレイ
マウス
キーボード
HDMIケーブル(VGAケーブル)

デスクトップ化するとノートパソコンのカバーを閉じることになるため、マウスとキーボードが必要です。

もちろんディスプレイも必要です。

そこでこれらの周辺機器のうち私がおすすめするディスプレイ、マウス、キーボードを紹介します。

ケーブルは家に余っているケーブルで良いのですが、もしもなければAmazonでも買えますよ。

おすすめのディスプレイ

ディスプレイはこだわりが無ければ正直どれでも良いです。

ただ新規で購入する場合はHDMIケーブルとVGAケーブルの両方が接続できるディスプレイが望ましいです。

HDMIかVGAのどちらかしか接続できないタイプのディスプレイがありますからね。

たくゆきじ

私はI-O DATAのディスプレイを使用しています。

無難におすすめです。

おすすめのキーボード

私はLogicoolのキーボードを普段から愛用しています。

私が現在使っているのはLogicoolのK275というキーボードです。

値段も手頃で打ちやすいキーボードなので個人的にはとてもおすすめです。

おすすめのマウス

マウスだけは絶対にトラックボールマウスを買うべきです。

ちなみにトラックボールマウスとは本体についているボールを指で回してカーソルを動かすマウスのことです。

実際の操作はこんな感じです。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

マウスは直接動かさず指だけでコントロールするのが特徴です。

手首が疲れにくいという触れ込みですが実際に疲れにくいと感じています。

また出張の時に新幹線の狭いテーブルの上でも使えるのが私の中で大変評価が高いです。

ノートパソコンをデスクトップ化する方法

普通のマウスだと狭すぎて使えないのですが、トラックボールマウスは普通通り使うことができます。

そのため出張のときはこのマウスをしばしば持ち歩きます。

慣れると最高に使いやすいマウスですので自信を持っておすすめします。

たくゆきじ

ノートパソコンのデスクトップ化の設定方法|まとめ

以上ノートパソコンをデスクトップパソコンのように使うために必要な設定おすすめの周辺機器を紹介しました。

デスクトップ化すると想像以上に快適な環境になりますので、ぜひ設定してみてくださいね。

私が使っているノートパソコンであるレッツノートへの愛を語った記事はこちらです。

レッツノート 研修医・医師に自信を持っておすすめするノートパソコンはレッツノートです。

ipadをノートパソコンのサブディスプレイにして2画面にする方法もまとめてみました。

ipadを持っていれば出張先でも2画面で作業できますよ。

たくゆきじ

ipadをwindowsノートパソコンのサブディスプレイにする方法 【業務効率化】ipadをwindowsノートパソコンのサブディスプレイにする方法を紹介
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするときはAmazonギフト券をチャージするのがおすすめです。

現金チャージで最大2.5%のポイントが付きますし、今なら初回限定で1000円分のポイントがつくキャンペーンを実施中だからです。

Amazonギフト券初回チャージのキャンペーン

私もこちらのキャンペーンで1050ポイント手に入れました。

Amazonで買い物をされる方はぜひご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です