【厳選5冊】橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。

橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
今回の記事では橘玲(たちばなあきら)氏の著書の中で読むべきおすすめの本を厳選して5冊紹介します。
 
橘玲氏は1959年生まれの作家さんです。経済小説やノンフィクションのビジネス書を多数執筆されており、ベストセラーを連発されています。
 
今回はそんな橘玲氏の著書の中から私が実際に読んでみておすすめする本を紹介します。
 

ラインナップは以下のとおりです。

たくゆきじ

 
 
ではご覧ください。

橘玲氏の著書で読んだほうがよいおすすめ本5選

橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。
今回紹介する橘玲氏の著書は以下の5冊です。
 

 
それぞれ紹介していきます。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

30万部を超えるベストセラーとなり「橘玲」の名を世に知らしめたのが本書です。
 
ところで本書のタイトルの「黄金の羽根」とはいったいなんのことでしょうか?
 
実はこれは橘玲氏が作り出した造語です。本の中で以下のように定義されています。
 

【黄金の羽根】Golden Feather
制度の歪みから構造的に発生する“幸運”。手に入れた者に大きな利益をもたらす。

 
本書では「世の中の物事は効率的に動いているわけではなく、法律や慣例、政治的な思惑などで歪みが生じる。」とされています。
 
またその歪みに気付いて合理的に行動することで利益を受けとることができるとも。
 
その歪みの一例として紹介されているのが「日本社会の税制の歪み」です。
 

その気になれば誰でも利用できる歪みがあります。それは「社会制度的な歪み」です。そのための条件はただひとつ、自営業者(または中小企業の経営者)になって「個人」と「法人」のふたつの人格を使い分けることです。

 
日本では個人に対する所得税法人に対する法人税の税制が異なっています。また経費に対する扱いも全く異なります。
 
そこで自分で法人を設立し所得税と法人税の両方をうまく利用することで合法的に節税することができるというわけです。
 
私も職場から給料をもらう勤務医(≒サラリーマン)なので法人の税金体系に関しては完全に無知でしたが、この本を読んでみると黄金の羽根というものは転がっているものなのだなぁと思いました。
 
ちなみに「黄金の羽根」は別に税制だけにとどまりません。意識してみると日常生活でも様々な歪みがあることに気付きます。
 
例えば医師の世界では当直代が代表的な歪みになるのでしょうか。常勤先よりバイト先で当直をするほうが時給単価が高いというのは一つの歪みとしてわかりやすい例だと思います。
 
本書を読むと「黄金の羽根」がどこに落ちているのかを見つける目が鍛えられるので、読んだことが無い方は一度読んでみることをおすすめします。

貧乏はお金持ち

「貧乏はお金持ち」といわれてもピンときませんよね。
 
なぜ貧乏がお金持ちなんだ、と。
 
その謎のカラクリは法人(=マイクロ法人)を立ち上げて個人と法人の所得額を最適化し、合法的に貧乏になることで税コストを最適化するというものです。
 
最初に紹介したお金持ちになれる黄金の羽根の拾い方に比べ法人の具体的な使用方法に関して紹介されています。
 
具体的にどのように節税するかに関してなんと「サザエさん」を例に挙げて解説されています。
 
サラリーマン法人フグタ」をマスオさんが立ち上げ、法人を使った節税方法を解説されていく様子はとても面白いですよ。
 
また他にも「法人の謎」に関しても作者なりの解説がされております
 

法人は文字どおり「法的なひと」のことで、ひとではないものを、法律によってひとと同じように扱うことに決めた不可思議な存在だ。

 
と述べられており、法人とはいったいなんなのか作者なりの解釈が述べられています。
 
法人」を使った節税のイメージがわかない方はご一読を。
 

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」では人生における3つの大きなコストについて触れられています。
 
それは
 
不動産(居住費)
生命保険
教育費

 
の3つです。
 
そんな本書で一番印象的だったフレーズは
 

子どものいる夫婦は家を買ってはいけません。

 
というものです。
 

なかなか衝撃的ですよね…

たくゆきじ

 
教育費は莫大なコストであるため、子どもの教育を考えるのであれば賃貸アパートで生活するのが望ましいというのが本書の主張です。
 
私の子どもはまだ小さいので教育費はそこまでかかりませんが、今後増えてくるのでしょう。
 
人生設計を考える上で熟慮しなければならない内容だと感じました。
 
また生命保険に関しても本書では
 
保険に貯蓄性は求めずリスクヘッジ機能(掛け捨ての定期保険)のみ採用するのが最も低コストである
 
とされています。
 
最も保険が必要な子どもが生まれた時から掛け捨ての定期保険に加入し、貯蓄に関しては別商品で運用するのが最も経済合理的とのことです。
 
このあたりも本書を読まなければ身につかなかった考え方なので大変参考になりました。
 
不動産、生命保険、教育費に関する考え方を身につけたい方は一度読んでみることをおすすめします。
 
 
ちなみに生命保険に限って言えばインベスターZという漫画の16巻でわかりやすく解説されていますので、漫画でイメージをつけたい方はこちらもおすすめです。
 
生命保険に関しては16巻だけで完結しているので読みやすいですよ。

たくゆきじ

 

国家破産はこわくない

 
国家破産という内容を扱った国家破産はこわくないですが、本書のテーマは「リスクヘッジ」です。
 
日本の財政基盤が悪化していく中、仮に日本が国家破産する場合どういう経緯で破産するのかを示した本でした。
 
本書ではアベノミクスが始まった結果は以下の3つのいずれかとなると結論づけていました。
 

楽観シナリオ:アベノミクスが成功して高度経済成長がふたたび始まる
 
悲観シナリオ:金融緩和は効果がなく、円高によるデフレ不況がこれからも続く
 
破滅シナリオ:国債価格の暴落(金利の急騰)と高インフレで財政は破綻し、大規模な金融危機が起きて日本経済は大混乱に陥る

 
ただ本書ではシナリオごとの解決策が示されているのが特徴的です。
 
もちろん破滅シナリオが現実のものとなった場合の方法論も示されており、自分の資産をどうすれば守れるのか考え方が紹介されています。
 
日本の国家破産がどういう経緯で起こるのか、起こった場合どうすればいいのかについて疑問に思っている方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

幸福の資本論

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

 
このフレーズがとても印象的な幸福の資本論
 
本書では人生で幸福に感じるために
 

①金融資産
②人的資本
③社会資本

 
という3つの資本の設計を提案されています。
 
これらの3つの資本は人生の幸福を感じる上で以下のように対応しています。
 
①金融資産⇨自由
②人的資本⇨自己実現
③社会資本⇨共同体、絆

 
それぞれの資本の基盤を整えることで人生の幸福を感じる土台が整うのではないかと論じられています。
 
この本を読んでみたあとに
 
生きるということは時間という資産をこれら3つの資本に振り分けることなのかもしれない

たくゆきじ

 
と感じるようになりました。
 
バイトをして給料を稼ぐことは、時間を金融資産に振り分ける行為に相当します。
 
教科書を読んで勉強することは、時間と金融資産(書籍代)を人的資本に振り分ける行為に相当します。
 
家族団らんの時間を過ごすことは、時間を社会資本に振り分ける行為に相当します。
 
このように幸福の資本論を読んでから
 
私の現在の行動はこの3つの資本のどれに資することをやっているんだろう?

たくゆきじ

 
と考える癖が付きました。
 
自分の行動を振り返るきっかけになる本だと思います。
 
ぜひご一読を。
 

橘玲氏の本で1冊だけおすすめするなら「幸福の資本論」

橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。
合計5冊紹介しましたが、どれもおすすめの書籍ばかりです。
 
ただこの中で1冊だけ選べと言われたら、私は幸福の資本論をおすすめします。
 
幸福な人生を送るという目的を考える上で幸福の資本論の考え方はとてもためになったからです。
 

ぜひ一度読んでほしいです。

たくゆきじ

 
ちなみに時間があるのであればまとめ買いして全部読むのもおすすめです。
 
というのも今回紹介した書籍は全て橘玲氏の本なので、違う本でも内容が少しかぶっている部分もあります。
 
そのため別な本を読んで知識を蓄えながらも、前読んだ本の復習にもなっているのです。
 
そのためまとめ買いして全部読んでみるのもおすすめです。

たくゆきじ

 
なおAmazonで本を買う場合は、まとめ買いするとクーポンコードの入力でポイントが付きます。
 
橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。  

2冊購入時クーポンコード

『2BOOKS』

 
3冊以上購入時クーポンコード

『MATOME』

 
です。
 

コピペしてご活用下さいね。

たくゆきじ

橘玲氏の著書の中で読むべきおすすめの本|まとめ

本記事では橘玲氏のおすすめの本を紹介しました。
 
ぜひ一度読んでみてくださいね。
 

 
ちなみに私は読書中の集中力を高められるよう(=ゾーンに入れるよう)に色々と工夫をしてみました。
 
もしよろしければこちらの記事もご覧ください。
 
関連記事:日常生活でゾーンに入るためにどうすればいいのか考えてみた。
 
読書中の集中力を高めるためにはAirPods Proをはじめとしたノイズキャンセリングイヤホンの使用もおすすめです。
 
関連記事:AirPods Proのレビューと感想|ノイズキャンセリング機能がすごい
 
読書に関する他の記事はこちら。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です