ふるさと納税のおすすめ返礼品はこちら

ビットコイン投資でボロ負けしたので体験談と自分なりの教訓を記録しておく

ビットコインでボロ負けした体験談

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

今回の記事では

ビットコイン投資の体験談と教訓

を記事にします。

私は2017年から2018年にかけてビットコインを始めとする仮想通貨に投資していました。

結果はボロ負けです。

一部は損切りし残りは売るに売れずまだ保持しております。

いわゆる塩漬けってやつですね(白目)

たくゆきじ

一番絶望していた時期に比べるとビットコイン価格がなぜか上がっている(2020年9月現在)のでまだマシですが、それでも100万円以上ビットコインで負けています。

今はコロナショックで株価が爆下げした後に株価が暴騰しています。

Twitterのタイムラインを見ていると強気なコメントをみることが増えたのですが、そこでふと私は思いました。

この光景…どこかで見たことがあるな…

たくゆきじ

そう、なんだかビットコインの時の既視感を感じたのです。

そこでいま現在の相場を冷静に振り返るためにも、自分のビットコインの負け戦を振り返ってみようと思います。

ビットコイン投資を始めたきっかけ

ビットコインでボロ負けした体験談

私がビットコイン投資(仮想通貨投資)に興味を持ったのは2017年の6月頃です。

この時期はある程度固定費の見直しも終わり

そろそろ投資でも始めようかな…

たくゆきじ

と思ってネット上に落ちている資産形成に関する記事を読み漁っていました。

その中にはビットコインに関する記事もありました。

私はマウントゴックス事件というものをニュースで聞いたことがあり

ビットコインはなんとなく怪しいなぁ…

たくゆきじ

と思っていたのですが

ビットコインが1年で●倍になりました。

ビットコインで人生が変わりました

というまるで青年雑誌の裏に書いてあるようなフレーズに魅力を感じてしまい

ちょっと始めてみるか…

たくゆきじ

とビットコイン投資を開始することにしました。

最初私がビットコインに投じた金額は50万円です。

ビットコインでボロ負けした体験談

初めて買った時の日付は2017/6/15です。

なおこの時のビットコインのレートは280000円/1BTCでした。

正直自分ではビットコインの仕組みも何も理解していないのに、50万円もの大金を投じるのにかなりの恐怖がありました。

どんどん値上がりするビットコイン

ビットコインでボロ負けした体験談

私が初めてビットコインを買った後の半年間で、ビットコインは右肩上がりに値段を上げていきました。

ビットコインの分裂騒動(ビットコインのハードフォーク)チャイナ・ショックといったイベントで一過性に値段を下げるときもありましたが、長い目で見るときれいに値段を上げていくことになります。

この半年間の私の心境は

めちゃくちゃ儲かってる!祭りだ祭りだ!

たくゆきじ

というわっしょい感より

なんで6月の時点でもっと買わなかったんだろう…

たくゆきじ

という後悔を強く感じていました。

儲かってるのに何言ってるの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが私の偽らざる心境だったのです。

またこの頃のTwitterで主に情報収集をしていたのですが、フォロー中のアカウントから

まだ仮想通貨持ってないの?

ビットコインは2020年までに1億円に到達する。

などと書き込まれているのをみると徐々に私もその気になってきて

最低でも1000万円までは上がるだろうから早めに買わないと損だな…

たくゆきじ

と根拠がないにもかかわらず、ビットコインはもっともっと値上がりするだろうと心の底から思うようになりました。

なんというかもう養分丸出しです。

そして時期をみてビットコインをはじめとする仮想通貨を買える限り買い増すことになります。

ビットコインでボロ負けした体験談

※ETHとはイーサリアムという仮想通貨の一種です。

ピークの時期には私の仮想通貨は1000万円以上の含み益を抱えた時価総額になっていました。

今振り返ってみると

くそっ、あの時売っておけば…

たくゆきじ

とおもいますがこの当時は売るなんて発想は微塵も出てきませんでした。

もっと値上がりするだろうと心の底から思っていましたから。

仮想通貨バブルの崩壊

ビットコインでボロ負けした体験談

2018年の1月27日に仮想通貨界隈に激震が走ります。

Coincheckという仮想通貨取引所でNEMという仮想通貨がハッキングにより流出しました。

このハッキング事件を一つのきっかけ(と言い切れるかはわかりませんが)として、ビットコインバブルは崩壊していきます。

一時期は240万円まで上昇したビットコインも絶望期には35万円近くまで下落。

※2020年9月5日現在の価格は110万円くらいです。

私の参入時期は2017年の6月と比較的早かったものの、2017年年末の買い増しが響きボロ負けに至りました。

これが私がビットコインでボロ負けした簡単な経緯です。

振り返ってみるとまぁ典型的な養分でしたね…

たくゆきじ

ビットコインでボロ負けした私の教訓

ここまでがビットコインボロ負けの体験談なのですが、これだけでは成長がありません。

個人的に教訓となったことを紹介します。

①投資するならがっちり勉強してから

②バブル中はバブルと思わなかった

③具体的な銘柄は友達に伝えない

④自分の身の丈にあった投資をする

以上について紹介していきます。

①投資するならがっちり勉強してから

今回の仮想通貨での敗因の一つは

ビットコインの仕組みや税制に関して何も勉強をせず投資に参入したこと

が挙げられます。

私は正直言って

「1年で10倍になりました」

のようなフレーズをネット上で見て簡単に儲かりそうだから仮想通貨に参入しました。

正直ビットコインの仕組みに関しては未だによくわかっていません。

冷静に自分のことを分析すると

こりゃ負けて当然だな・・・

たくゆきじ

という知識量しかなかったため、ガッチリ勉強してから参入すべきだと思いました。

例えば今後不動産投資を始めるとしても、不動産の税制や利益のあげ方、空き部屋対策などかなりの知識を必要とするのは間違いありません。

可能な限り事前に勉強して

取るべきリスクと取らなくてもよいリスクの見極め

ができるようになってから投資に臨もうと思います。

ビットコインのボロ負け後に実際に読んで勉強になった本はこちらの記事で紹介しています。

資産形成やマネーリテラシーについて学べるおすすめの本 【保存版】資産形成やマネーリテラシーについて学べるおすすめの本を紹介! 橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。 【厳選5冊】橘玲氏の著書の中から読むべきおすすめの本を紹介します。

②バブル中はバブルと思わなかった

私は仮想通貨バブルの真っ最中は、2018年のうちにビットコインが1000万円に到達すると本気で思っていました。

超本気です。

たくゆきじ

いま振り返ってみると「んなわけ無いだろ」とも思うのですが、バブル中は本当にそう思っていました。

熱狂って怖いなぁとしみじみ思います。

ちなみにバブルが弾けたタイミングも当時は全くわかりませんでした。

今振り返ってみると、直接の引き金はコインチェックのハッキング事件だったかもしれません。

ただハッキング事件直後(2018年1月後半)もバブル崩壊なんて思いもしなくて

あぁ…あれはバブルだったんだな…

たくゆきじ

と思うようになったはハッキング事件の半年後くらいからです。

熱狂している時はそのことしか頭に入らないんだなぁと肌で感じました。

③具体的な銘柄は友達に伝えない

個人的に仮想通貨で一番後悔している出来事はこちらです。

私は2017年の年末のビットコインバブルの極期に、何人かの友達にビットコイン投資を完全に善意で勧めてしまったんですね。

それより上がると信じ切っていましたから。

ただその後ビットコインが暴落してしまったことで、友達に損をさせてしまいました。

正直言ってかなり後悔しています…

たくゆきじ

自分がビットコインは本当に良いと思ったからこそ友達に勧めたのですが、実はそれは良い投資対象ではなかったわけです。

私が尊敬している整形外科医のブログの先生は、「あまり良くない投資対象を自分は良い投資対象と信じて友達に勧める現象」を

善意の毒まんじゅう

と表現されていました。

ビットコインと毒まんじゅう

自分が美味しいまんじゅうだと信じていたビットコインは、実は毒まんじゅうだったわけです。

この件があって以来どんなに自分が良いと思っていてもいつ暴落するのかわからないので、自分の具体的な投資対象に関しては友達には伝えないと心に決めました。

暴落しても責任をとれないからです。

たくゆきじ

このことを教訓にして友達から投資に関する相談を受けてもふるさと納税idecoなどの投資上有利な制度の仕組みまでは伝えますが、具体的な銘柄に関しては伝えないことにしています。

【医師のideco】勤務医が転勤する際にSBI証券で必要な手続きを解説 医師のideco|節税しながら着実に資産形成を進められる制度です ふるさと納税でおすすめする商品 【2020年版】ふるさと納税の返礼品は「腐らなくて確実に使うもの」がおすすめです。

④自分の身の丈にあった投資をする

ビットコインバブルの極期に自分が投入できる現金のほぼ全てを突っ込みました。

その結果ビットコインの値段の推移が気になってしょうがなくなり、ありとあらゆることへの集中力がなくなってしまったんですね。

風呂でもビットコインのチャートを見てましたからね…

たくゆきじ

やはり自分にコントロールできる範囲までしか投資はしていけないんだなぁということを肌で感じました。

これは個人的にとても重要な経験だと思っています。

というのも投資の成果だけに自分の明暗を握られることになってしまうと、感情的に不安定な毎日を送ることになってしまうと肌で感じたからです。

また仮に投資だけで暮らせるようになっても、あんまりおもしろくないなぁと思えたのも収穫でした。

自分でコントロールできない株価に一喜一憂するのもなんだかイマイチなので、いわゆるFIRE(経済的独立を果たして早期リタイア)は私には向いてないなぁと感じました。

まとめ

今回の記事では

ビットコインでボロ負けした時の体験談と教訓

を紹介しました。

振り返ってみるとこの負けから学ぶことも割とあったので、あの時負けておいてよかったと思います。

もちろん半分強がりです(白目)

たくゆきじ

この経験を今後の人生の糧にしていきたいですね。

私が資産形成を始めたきっかけと現在やっていることはこちらの記事にまとめています。

医師 資産形成 医師の資産形成|勤務医の私が始めたきっかけとやっていることを紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です