健康診断

【健康診断】血尿、尿潜血陽性の時は何科を受診するか、再検査は必要かなど徹底解説!

血尿、尿潜血

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事は健康診断に関する記事となります。
 
健康診断ではさまざまな項目が指摘されるので一つ一つ解説していきます。
 
今回は
 
血尿、尿潜血
 
に関して解説していきたいと思います。
 
外来をしていると、健康診断で尿潜血を指摘された患者さんがたくさんいらっしゃいます。
 
しかし、
 
どういう病気を疑うのか
 
何科を受診すればすればいいのか
 
などわかる方はあまりいらっしゃいません。
 
今回は内科医として働く中で、血尿や尿潜血が出た時に必要な知識を記事にまとめました。
 
ぜひご覧ください。

血尿は2種類ある。

健康診断で尿潜血陽性となった方の中には
 
「えー、でも俺のおしっこの色は普通だし血尿なんかないと思うけどなぁ。」
 
と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、実は色が普通でも血尿が隠れている方もいらっしゃるのです。
 
そのことを理解するには血尿は2種類に分類されることを知っておきましょう。
 
肉眼的血尿顕微鏡的血尿です。
 
漢字ばかりでとっつきづらく感じますが、全く難しくないのでご安心下さい。
 
とても簡単に説明します。

肉眼的血尿

肉眼的血尿とは文字通り見た目で色が赤い尿のことです。
 
これはわかりやすいですね。
 
ちなみに尿1000mlあたり1ml以上の血液が混ざっていると目で見て赤くなります。
 
血尿といえばこの肉眼的血尿をイメージしている方がほとんどです。

顕微鏡的血尿

これは目で見て普通の色でも、実は血液が混ざっている尿のことです。
 
これはどういう検査で決定するかというと、文字通り顕微鏡で見て決定します。
 
400倍の倍率で見て、1視野あたり5個以上の赤血球を認めた場合に血尿とします。
 
健康診断の尿検査ではおもにこの顕微鏡的血尿を引っかけています。
 
肉眼的血尿は引っかからないのかと言われると、もちろん引っかかります。
 
しかし、目で見て尿が赤ければ、おそらく健康診断を待たずに受診している人が大半だと思います。
 
ですので、健康診断では肉眼では判断できない顕微鏡的血尿を引っかけていると考えて下さい。

尿検査の種類

「顕微鏡的血尿を引っかけているのはわかったけど、具体的にどういう検査でひっかけているの?」
 
と思われた方もいらっしゃると思いますので、健康診断で行われる尿検査について説明します。
 
実は健康診断で行われる尿検査は2種類あります。
 
尿定性尿沈渣です。
 
それぞれについて説明していきます。

尿定性とは

尿蛋白陽性の解説記事でも書きましたが、改めて説明します。
 
尿定性はリトマス紙のような検査をイメージして下さい。
 
リトマス紙のような紙に尿をつけて、血液が混ざっているかどうか確かめます。
 
血液が混ざっていたら色が変わり、混入している量によって色の変化の強弱が変わります。
 
しかし色の変化の強弱は具体的に数字で表現できないため、変化の強さを(2+)などで表現します。
 
この検査を尿定性検査といい、健康診断では主にこの検査で血尿の患者さんを引っかけています。

尿沈渣

もう一つの検査である尿沈渣とは、一言で言うと尿を顕微鏡で見る検査です。
 
顕微鏡で見る前に遠心分離という処置を行うのですが、顕微鏡で見るということさえイメージしていただければ大丈夫です。
 
ちなみにどのくらいの倍率で見るかというと400倍で見ることが一般的です。
 
顕微鏡で見える範囲内にどのくらいの赤血球があるかを確認することになります。
 
最近は機械である程度チェックし、引っかかったら技師さんがチェックする施設もあるようです。
 
前項で私は顕微鏡的血尿は顕微鏡で見て決めると説明しましたが、これは尿沈渣のことを言っていたのですね。

尿潜血が指摘されると必ず病気があるの?

実はそうではありません。
 
運動外傷の影響で尿潜血が陽性になることがあります。
 
女性の方ですと月経の影響で尿に血液が混ざってしまうこともあります。
 
再検査をしたところ陰性になり終診となる場合もあります。
 
しかし後述する何か病気が隠れている可能性もあるため、尿潜血が指摘された場合は病院で医師の診察を受けましょう。

血尿が出ているとどこの病気が疑われるの?

尿の異常なので、おおきく腎臓の病気尿路の異常が疑われます。
 
尿路とは尿管、膀胱、尿道といった尿の通り道のことです。
 
(厳密には尿路には腎盂や腎杯といった腎臓の一部も含みますが、わかりやすくするためここでは割愛します。)
 
特に尿管尿道はごっちゃになりやすいので図を使って説明します。。
 

尿管腎臓膀胱をつなぐ管です。腎臓でできた尿は尿管を通って膀胱に送られます。
 
尿道膀胱から体外に向かって尿が通る管のことです。
 
尿路とは尿管から尿道までの尿の通り道のことを言います。
 
腎臓の病気と尿路の病気について簡単に説明します。

腎臓の病気の場合

具体的な病名ではIgA腎症などが挙げられますが、なかなか耳馴染みがないと思うので覚えなくて大丈夫です。
 
腎臓に病気があるかもしれない
 
くらいの認識で大丈夫です。

尿路の病気の場合

尿路の病気の場合は尿路結石、悪性腫瘍が血尿をきたす代表的な病気です。
 
(もちろん他にも考えなければならない病気はあります。)
 
悪性腫瘍の可能性もあるため、血尿があった場合には症状がなくても病院を受診するようにしてください。

血尿や尿潜血が指摘されたら何科を受診するの?

前項で血尿や尿潜血が指摘されたら腎臓の病気尿路の病気が疑われると説明しました。
 
これに合致する専門の科は腎臓内科泌尿器科のいずれかになります。
 
「腎臓内科と泌尿器科のどっちがいいの?」
 
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、健診の結果だけでどっちの科が望ましいかまでわからないのでどちらでも良いです。
 
仮にかかりつけ医が専門以外だった場合でも相談しましょう。
 
例えば私は循環器内科なので専門ではありませんが、私の外来の患者さんが引っかかった場合は追加の検査を行ってどちらかの科に紹介することになリます。

病院を受診するときには準備するもの

病院には健診結果は持っていくと思いますが、他に何を準備すればいいかはなかなか記載されていません。
 
腎臓の病気も疑われるため尿蛋白を指摘されたときのチェックリストと似ていますが、確認する重要項目は以下の項目となります。
 

チェックリスト

◯今までどういう病気にかかったことがあるか?
(特に糖尿病、高血圧、膠原病(自己免疫性疾患)、悪性腫瘍は重要です。)
 
◯現在の内服薬
(おくすり手帳は必ず持参しましょう。血液をサラサラにする薬は特に重要です。また、市販薬も答えられるようにしましょう。)
 
◯喫煙歴
尿路の悪性腫瘍のリスクとして喫煙歴は重要です。
 
1日何本を何歳から吸っていたか答えられるようにして下さい。
 
なお、禁煙していても過去に吸っていた場合はいつまでどのくらい吸っていたか答えられるようにして下さい。
 
◯排尿時の症状の有無
排尿時に症状があるかどうかも大事です。
 
◯肉眼的血尿の有無
健診で引っかかっただけなのか、実際に尿色が赤いかも答えられるようにしておいて下さい。
 
◯月経歴(女性の方)
月経の影響で尿潜血が陽性になる時もあるので、可能ならば検査日に月経があったかどうかは確認しておいたほうがスムーズです。

これらの項目は特に重要なので、事前に答えられるよう準備してから受診することをお勧めします。
 
忘れそうな場合はスクリーンショットにとって受診の準備のときにお使いください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
 
尿潜血が指摘されてもあわてず病院を受診し、医師の診察を受けるようにしてくださいね。
 

<<参考文献>>
血尿診断ガイドライン 2013
ジェネラリストのための内科外来マニュアル / 医学書院
病気がみえる vol.8 腎・泌尿器 第2版 / MEDIC MEDIA