コラム

Twitterでバズって最初に出てきた感情が「怖い」だった理由を考える。

Twitterでバズ

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
2018年6月22日にふとTwitterに投稿した内容にたくさんの反応をいただきました。
 


 
このつぶやきをするまではフォローしてくださる方が50人くらいだったため、いいねやリツイートがあってもだいたい1-2件くらいでした。
 
ただこの投稿はリツイートが400、いいねが1500を超えいまだかつてないことだったため正直驚きました。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
これがバズか…

 
と思ったことを今でも覚えています。
 
このように初めてバズった私が最初に抱いた感情は「怖い」というものでした。
 
なぜ怖いと思ったのかについて考えをまとめてみましたので以下に書いていきます。

たくゆきじとして情報発信を始めたときの前提

Twitterでバズって最初に出てきた感情が「怖い」だった理由を考える。
たくゆきじとしてTwitterとブログを始めた時に心に決めていたことがあります。
 
それは
 
同僚や家族に見せてもいい内容しか投稿しない
 
ということでした。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
Twitterやブログをやっていることがバレても問題ない発信を心がけよう

 
と心に決めていました。
 
それがいずれ自分の身を守ることにも繋がると思ったからです。
 
そのため誰かが不快になったり嫌な思いをしそうな投稿は極力しないよう心がけています。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
役に立たないつぶやきや記事はよく投稿していますけどね…(笑)

 
関連記事:エアコンでのどをこわさないためにはどうすればいいのか。
 


 
ちなみに今では家族や同僚にはもう普通にバレてます。

ツイートの経緯について

世間一般では
 
「研修医があけたら医師は無愛想になる。」
 
「調子に乗って天狗になる医師が増える。」
 
と言われることをたまに耳にします。
 
私が学生や研修医のときにもそういう話は聞いていましたので、
 

たくゆきじ
たくゆきじ
世間ではそうかもしれないけど、俺はそうじゃないぞ!

 
と思っていました。
 
しかし実際に研修医が空けてみると、天狗になるわけではありませんがが前より間違いなく無愛想になっていました。
 
仕事自体は楽しかったんですけどね。
 
関連記事:志望科や進路が決まらない医学生、研修医へ。私の決め手は体感時間でした。
 
想像以上の仕事量と責任の重さで余裕がなくなり、笑顔で対応できなくなる日が続いていました。
 
そんな中同期の仲の良い医師と飲んでいる際
 

同期
同期
余裕がなくなるとなかなか優しくなれないよね。
たくゆきじ
たくゆきじ
わかる。ただ怒鳴るのはどうかと思うから、感情を表に出さないようにすると無愛想になるよね。
同期
同期
そうそう。

 
という話になったので先のツイートをつぶやいてみました。
 
結果として今までにない反応がありました。

初めてTwitterでバズって最初に感じたのは怖さ

Twitterでバズって最初に出てきた感情が「怖い」だった理由を考える。
まずいいねが100件を超えた辺りで最初に感じたのは怖さでした。
 
何が怖くなったかというと
 

たくゆきじ
たくゆきじ
ブログとかTwitterで変なこと書いてなかったかな…?

 
という点です。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
変なことを書いていて拡散されたら大変なことになるな…

 
と不安になり自分の過去のツイートとブログの内容を見直しました。
 
自分の価値観の範囲内では変なことを書いていなかったので
 

たくゆきじ
たくゆきじ
同僚や家族に見せてもいい内容しか投稿しないというルールを決めておいて本当に良かった…

 
と心から思いました。
 
一度ネット上で拡散された内容は消すことができません。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
変な内容が拡散されたら怖いんだな…

 
ということを身を持って実感しました。
 
たくゆきじというペンネームではありますが、本名で投稿しているくらいの覚悟で投稿したほういいんだろうなとも思いました。

画面の先には人がいる


もう一つ感じたことがあります。
 
twitter上のやり取りをしている人は生きている人間なんだ
 
ということです。
 
このツイートのインプレッション(閲覧数)は15万でした。
 
そして医師だけではなく看護師さんや患者さん目線のコメントも頂きました。
 
自分では思いもしなかった内容のコメントもいただき、大きな気付きになりました。
 


 
画面の向こう側には「人」がいるんだ、という意識を持とうと改めて思いました。

まとめ

SNSの爆発力を初めて実感した出来事でした。
 
個人的には大変貴重な経験だったと思います。
 
今後もできる限りだれも傷つけず楽しんでいただけるような呟きやブログの投稿をこころがけていきたいとと思っています。
 

 
この記事を書いた内科医たくゆきじ((@takuyukiji))のプロフィールはこちら

ABOUT ME
たくゆきじ
たくゆきじ
専門は循環器の内科医師です。 私が気づいたことや学んだことを書き記していくブログです。 FacebookやTwitter、Instagramでも情報発信していますのでぜひフォローしてくださいね。