医師賠償責任保険の選び方はこちら

Mendeleyの使い方|無料で使える文献管理ソフトで論文を管理しよう

Mendeleyの使い方

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

今回の記事では

文献管理ソフト「Mendeley」の使い方

を紹介します。

論文を書く際には文献管理ソフトが必要になります。

文献管理ソフトの中で最もメジャーなのは「Endnote」というソフトですが、残念ながらEndnoteって割と高いんです。

安く使える文献管理ソフトがあったらいいんだけどなぁ…

たくゆきじ

と思っていたら、Mendeleyという無料で使える文献管理ソフトがあることを知りました。

なんでも無料の割に使い勝手も良好とのこと。

そのため私は文献管理ソフトとしてMendeleyを使うことにしました。

使用していく過程で基本的な使い方がなんとなくわかってきたので、Mendeleyの導入方法から基本的な使い方を紹介します。

今回の記事ではMendeleyの基本的な使い方として以下の内容を紹介しています。

文献をインポートする

インポートした文献を読む

フォルダを作って文献を整理する

Mendeleyのライブラリを同期する

文献を論文に引用する

文献管理ソフトはできれば安く済ませたい…

とお悩みの方はぜひご覧ください。

導入方法をとばして使い方を知りたい方は「Mendeleyの使い方」からチェックしてみてくださいね。

Mendeleyとは

Mendeleyの使い方

Mendeleyとは無料で使える文献管理ソフトです。

文献管理ソフトとはダウンロードした論文を管理したり、引用文献リスト(Reference)を自動で作るアプリケーションです。

ちなみに引用文献リストとは論文の文末にあるこういうものです。

Mendeleyの使い方

手作業でこのリストを作るのはとても大変ですが、Mendeleyではこのリストを自動で作ってくれます。

とても便利です。

たくゆきじ

Mendeleyにはプランが複数あります。

プラン
会費
容量
Free plan
無料
2GB
Plus plan
4.99ドル/月
5GB
Pro plan
9.99ドル/月
10GB
Max plan
14.99ドル/月
無制限
参考 Mendeleyのストレージプランhttps://www.mendeley.com/

調べた範囲ではライブラリの容量以外にプランごとの機能の違いはないようでした。

無料プランの2GBの容量が多いか少ないかというと十分すぎるくらいだと考えます。

基本的にMendeleyのライブラリには論文以外は入れませんし、論文も容量が大きくても1本あたり500kBくらいです。

そのため2GBのストレージには大体4000本くらいの論文が入りますので、まずは無料プランで十分だと思いますよ。

Mendeleyの導入方法

では早速Mendeleyの導入方法を紹介します。

とても簡単です。

たくゆきじ

以下の2STEPで使用できます。

STEP.1
アカウント作成
STEP.2
ダウンロード

それぞれみていきましょう。

アカウント作成

まずはMendeleyのアカウントを作成する必要があります。

以下のリンクより公式サイトにアクセスしてMendeleyのアカウントを作りましょう。

【公式サイト】https://www.mendeley.com/

アクセスしたら上のメニューから「Create account」をクリックします。

Mendeleyの使い方

その後必要項目を入力しましょう。

Mendeleyの使い方

ちなみにここで作成するアカウントは大手出版社のElsevier社のアカウントです。

実はElsevier社はMendeleyの親会社なので、Elsevierのアカウントを持っていればMendeleyのサービスを利用できるみたいですね。

入力項目は以下のとおりです。

メールアドレス

Given name(名前)

Family name(名字)

パスワード

全て入力したらクリックしたら登録したアドレスに確認のメールが来ますので「Confirm Email」をクリックするとアカウント登録完了です。

Mendeleyの使い方

その後再度Mendeleyのトップページに移動し、今度は「Sign in」をクリックします。

Mendeleyの使い方

するとこういう画面が出てきます。

Mendeleyの使い方

このアカウントは我らが親会社「Elsevier社」のアカウントみたいだけど、このアカウントの情報を使ってMendeleyのアカウントも作っていいよね?

という旨の内容が書いてあるので問題なければ「Accept and continue」を選択しましょう。

これでアカウント作成は完了です。

では続いてMendeleyのダウンロードに進みましょう。

ダウンロード

MendeleyにはWeb版、デスクトップPC版、モバイルアプリ版の3種類あります。

ここでダウンロードするのはデスクトップPC版です。

Mendeleyで作業する時はデスクトップPC版がメインになると思います。

たくゆきじ

デスクトップPCにはWindows、Mac、Linuxの3種類があり、それぞれダウンロードページが異なります。

Windows版のダウンロードはこちらから

Mac版のダウンロードはこちらから

Linux版のダウンロードはこちらから

それぞれお持ちのPCに応じてダウンロードして下さい。

ちなみにモバイルアプリもありますので、スマホやタブレットでも利用する方はこちらからダウンロードして下さい。

Mendeley (PDF Reader)

Mendeley (PDF Reader)
開発元:Elsevier Inc.
無料
posted withアプリーチ

私が普段使っているPCはレッツノートというWindowsのパソコンなので、ここからはWindows版で話を進めていきます。

レッツノート 研修医・医師に自信を持っておすすめするノートパソコンはレッツノートです。

Windows版のダウンロードページにアクセスしたら中央の「Windows版のMendeleyをダウンロードする」をクリックして下さい。

Mendeleyの使い方

するとダウンロードが始まりますので、終わったらアプリを起動させます。

Next」→「I Agree」と進んでいきます。

Mendeleyの使い方

Mendeleyの使い方

その後インストール先のフォルダを選択します。

Mendeleyの使い方

次に「ショートカットを作る?」という画面が出てきますが、デフォルトの設定のまま「Install」をクリックしましょう。

Mendeleyの使い方

これでインストロール完了です。

その後デスクトップ版のMendeleyを立ち上げるとログイン画面が出てきます。

Mendeleyの使い方

ログインしたらこのようなまっさらな画面が出てきます。

Mendeleyの使い方

当然最初はライブラリには何も入っていませんが、これから論文をボンボン入れていくことになるわけですね。

ちなみに初めてデスクトップ版を立ち上げると、同時にこのような画面が出てきます。

Mendeleyの使い方

Microsoftのワード用のプラグインをダウンロードするかどうかを聞いてきますので、ダウンロードしておきましょう。

Referenceを作成する時に利用しますので。

INSTALLED」となったらinstallされていますので閉じてOKです。

Mendeleyの使い方

これでMendeleyを使う準備が整いました。

お疲れさまでした。

たくゆきじ

Mendeleyの使い方

ここからはMendeleyの使い方を紹介していきます。

文献をインポートする

インポートした文献を読む

フォルダを作って文献を整理する

Mendeleyのライブラリを同期する

文献を論文に引用する

もちろんより詳しい機能もありますが、今回の記事では基本的な使い方を紹介します。

ではそれぞれご覧ください。

文献をインポートする

まずはMendeleyのライブラリに論文をインポートしましょう。

Mendeleyにインポートする方法は2つあります。

ツールバーからインポートする

ドラッグ&ドロップでインポートする

それぞれ解説します。

たくゆきじ

ツールバーからインポートする

ツールバーに「Add」というところがありますのでこちらをクリックします。

Mendeleyの使い方

するとこちらの画面が表示されますので、対象のPDFファイルをダブルクリックします。

Mendeleyの使い方

するとMendeley内に論文のPDFファイルがインポートされます。

ドラッグ&ドロップでインポートする

もう一つの方法はドラッグ&ドロップでインポートする方法です。

論文のPDFをドラッグしてMendeley内に移動させましょう。

Mendeleyの使い方

これでライブラリに論文がインポートされました。

どちらの方法でも大丈夫ですので、自分の好みに応じて使い分けましょう。

私は後者のドラッグ&ドロップのほうが直感的なので好みです。

たくゆきじ

インポートした文献を読む

MendeleyにはPDFリーダーが内蔵されており、Mendeley内で文献を読むことができます。

読む方法は簡単でライブラリで読みたい文献をダブルクリックするだけです。

Mendeleyの使い方

すると文献を読むことができます。

Mendeleyの使い方

このMendeleyのPDFリーダーはけっこう多機能で、マーカーを引いたりすることもできますよ。

Mendeleyの使い方

フォルダを作って文献を整理する

Mendeley内に文献をインポートしたら、まず「Unsorted(未分類)」というフォルダに全ての文献が入ります。

Mendeleyの使い方

ただいずれ管理しきれなくなりますので、フォルダを作って管理しましょう。

メニューバーの「Folders」、もしくは画面左の「Create Folders」でフォルダを作成できます。

Mendeleyの使い方

例えば「NEJM」というフォルダを作ってみます。

Mendeleyの使い方

ちなみに作ったフォルダで右クリックするとフォルダの中にフォルダを作れるので、フォルダ内で整理することも可能ですよ。

例えば「NEJM」というフォルダ内に「TAVR」というフォルダを作るとこんな感じになります。

Mendeleyの使い方

フォルダ内に文献を移動させる時はドラッグ&ドロップで移動させることができます。

Mendeleyの使い方

フォルダを作ってアップロードした文献をその都度整理しておきましょう。

Mendeleyのライブラリを同期する

Mendeleyは基本的にクラウドで管理されています。

そのため他のデバイス(スマホやタブレット)と同期できるのが大きなメリットです。

同期するにはツールバーの「Sync」をクリックします。

Mendeleyの使い方

これだけで同期が完了しますよ。

ただ文献をたくさんアップロードした後だと同期に少し時間がかかりますので、通信環境が安定した場所で同期するのをおすすめします。

同期した後はもちろん他のデバイスでも論文を読むことができますよ。

ちなみにどこでもクラウドにアクセスしたいのであれば、こちらのモバイルWifiを使うのもおすすめです。

Smafi WiMAX 【感想】モバイルwifiの「Smafi WiMAX」と契約したので正直にレビューします。

引用文献リストを作成する

この機能がおそらくMendeleyで最も重要な機能です。

論文執筆の際には引用した文献リスト(Reference)を作成する必要があります。

論文に引用する文献は40から50くらいあるわけですが、このリストの作成を手作業でやるのはとても大変です。

Mendeleyの使い方

さらに投稿する雑誌によってReferenceの書き方が異なっており、その規定に準じて作成しなければなりません。

この大変なReferenceの作成作業をMendeleyは自動でやってくれるのです。

ではMendeleyを使ったReferenceの作成過程を紹介します。

注意

今回の文章はReferenceの作成例として出しています。

実際に引用している内容ではありませんのでご理解下さい。

まずWordを立ち上げて論文を書いてみます。

Mendeleyの使い方

こちらの文章に根拠となる文章をMendeleyのライブラリから引用してみましょう。

まずWordのツールバーの「参考資料」を選択します。

Mendeleyの使い方

Mendeleyをインストールした際にWord用のプラグインもインストールしていると、参考資料のタブがMendeley仕様になっています。

ここからReferenceを作成していきます。

例えば一行目の文章に文献を引用してみましょう。

まず引用したい部位にカーソルを併せて「Insert Citation」を選択します。

Mendeleyの使い方

この画面になったら「Go To Mendeley」をクリックしましょう。

Mendeleyの使い方

するとMendeleyのライブラリに移動できます。

引用文献を選択したら「Cite」を選択しましょう。

Mendeleyの使い方

すると前回カーソルをあわせた部分に「1」と表示されています。

Mendeleyの使い方

これで引用されました。

あとは「Insert Bibliography」をクリックすると引用文献が自動でWordに記載されます。

Mendeleyの使い方

Mendeleyの使い方

これでReferenceの作成ができました。

引用文献をさらに追記したい時は最初と同様に「Insert Citation」で文献を追加していくと、どんどん追記されていきます。

Mendeleyの使い方

とても簡単ですよ。

たくゆきじ

ちなみにReferenceにはいろいろな記載方法があり、規定は雑誌によって異なります。

今回は「Nature」というStyleでReferenceを作成しましたが、もちろんほかにも様々な書き方があります。

このstyleに関してもMendeleyでは簡単に変更できます。

方法はメニューバーの「Style」を変更するだけ。

Mendeleyの使い方

変更すると自動でReferenceの表記が切り替わります。

Mendeleyの使い方

そのため投稿する雑誌を変更しても簡単にReferenceの表記を変更できますよ。

とても便利な機能です。

たくゆきじ

Mendeleyの使い方を学べる本

本記事で紹介した以外にもMendeleyには様々な機能が搭載されています。

この本にMendeleyの使い方が網羅的に記載されておりますので、より詳しい使い方を調べたい方はこちらの書籍がおすすめです。

モバイルアプリの使い方なども載っていましたよ。

たくゆきじ

Mendeleyの使い方|まとめ

今回の記事ではMendeleyの使い方を紹介しました。

初めて使う文献管理ソフトでしたが、直感的に操作できてとても使いやすかったです。

学会で症例報告する際に調べた文献なんかもMendeleyで管理できますので、仮に今すぐ論文を書かないとしても早めに使い始めて慣れておくのがおすすめです。

学会発表 学会発表を控えた医学生、研修医は必見! 症例報告のスライドの作り方を解説!

デスクトップ版もアプリも2GBまでは無料で利用できますので、ぜひ一度使ってみてくださいね。

【公式サイト】https://www.mendeley.com/

Mendeley (PDF Reader)

Mendeley (PDF Reader)
開発元:Elsevier Inc.
無料
posted withアプリーチ

大学院生の先生にはこちらの記事もおすすめです。

非常勤医師の健康保険|任意継続・医師国保・国民健康保険 非常勤医師(大学院生)の健康保険|任意継続・医師国保・国民健康保険を解説します Amazonプライムスチューデント Amazonプライムスチューデントは本当にお得!プライム会員との違いも解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です