血液ガスのおすすめの本・教科書|竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分

血液ガスの本、参考書「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事では血液ガスの勉強に役立つ本を紹介します!
 
今回紹介する本は竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分です!
 
医師になってから勉強しなければならない項目の一つに「血液ガス」があります。
 
血液ガスを適切に解釈する能力は患者さんの全身状態の把握のために身につけなければなりません。
 
ただそうはいっても血液ガスは分かりづらい用語も多く、勉強が嫌になってしまう気持ちもよくわかります。
 
私がそうでしたから。
 

アニオンギャップとか正直聞いただけで嫌になりますよね…

たくゆきじ

 
私のように血液ガスに苦手意識を持っている方はこの竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分をぜひ読んでみて下さい。
 
びっくりするくらいわかりやすいですから。

たくゆきじ

 
では早速レビューしていきます!
 

「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

 
【本のタイプ】
通読型の教科書
 
【ページ数】
136ページ
 
【通読にかかる時間】
2時間程度
 
【おすすめ対象者】
血液ガスの読み方が不安な研修医・医師

「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」の書評

血液ガスの本、参考書「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」
 
突然ですが、以下の質問に対してあなたは自信を持って答えられますか?
 

質問
PAO2PaO2の違いは何ですか?
A-aDO2ってなんですか?
アニオンギャップはなぜ重要なのですか?
代償ってどう考えればいいですか?
 
どれか1つでも自信がない項目があればこの本を読んだほうがいいです。
 
この4つの質問は私が血ガスを読む際に自信を持てなかったものの、この本を読んだら理解できたポイントです。
 
なんとなく聞いたことはあったんですけど、自信は持てなかったんですよね…

たくゆきじ

 
この本を読むとこれらの質問に対して自信を持って答えられます。
 
そしてなぜこれらが重要なのかも理解できます。
 
また血液ガスで酸-塩基平衡を読む順番の解説も秀逸です。
 
酸-塩基平衡を読む時は
 
pH
PaCO2
HCO3-

 
に注目するとは思いますが、どういう順番で読むともれなく酸-塩基平衡について解釈できるかまではなかなかわかりませんよね。
 
私が読む順番は自己流でした…

たくゆきじ

 
私と同じように自己流で読んでいる方はぜひこの本で確かめてみて下さい。
 
血液ガスで酸-塩基平衡をもれなく解釈する順番と方法がわかりやすく書いてあるからです。
 
総じて血液ガスを体系的に読む方法を学びたい方は一回読んでみることをおすすめします。
 

この本をおすすめしたい方

この本をぜひおすすめしたい方は血液ガスの読み方が不安な研修医です。
 
ただ研修医以外でも先述した以下の質問に自信が持てない先生にはぜひおすすめしたいです。
 

質問
PAO2PaO2の違いは何ですか?
A-aDO2ってなんですか?
アニオンギャップはなぜ重要なのですか?
代償ってどう考えればいいですか?
 
この本を読めばこれらの質問に答えられるだけでなく、血液ガスを読むのが楽しくなってくると思います。
 
また136ページと薄くて2時間で読み切れるのも嬉しいところですね。

たくゆきじ

 
一回通読してみると明日からの診療にすぐにでも応用することができると思いますよ。

「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」はおすすめの本です|まとめ

以上「竜馬先生の血液ガス白熱講義 150分」を読んで参考になった点を紹介しました。
 
正直私はこの本の解説のあまりのわかりやすさにびっくりしました。
 

私が研修医の時に読みたかったです…(笑)

たくゆきじ

 
血液ガスを勉強しようと思う先生は最初に手に取るべき本だと思います。
 
 
おすすめの医学書はこちらの記事でも紹介しています。
 
 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です