循環器の薬の使い方を学べる本|循環器治療薬ファイル

循環器治療薬ファイル

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事では循環器の薬の使い方を学べる本を紹介します!
 
今回紹介する教科書は循環器治療薬ファイルです!
 
ではご覧ください。
 

「循環器治療薬ファイル」について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

 
【本のタイプ】
通読しても辞書としても使える教科書です
 
【ページ数】
400ページ
 
【おすすめ対象者】
循環器の薬の使い方、使い分けを勉強したい医師
循環器内科を今後ローテートする研修医

「循環器治療薬ファイル」の書評

循環器治療薬ファイル
 
この本は大きく前半後半に分けられています。
 
前半は病態に応じた循環器治療薬の使い方の解説となっています。
 
後半は薬物の具体的な投与方法と注意点の解説となっています。
 
それぞれについて紹介します。

病態に応じた循環器治療薬の使い方の解説

前半部は「病態に応じた循環器治療薬の使い方の解説」となっています。
 
全部で23項目に関して解説されています。
 
例えば以下の病態に対する薬剤の使い方です。
 

病態ごとの解説
AMIとACS
心房期外収縮と心室期外収縮
発作性上室頻拍
心室頻拍
急性心不全

 
この中で私が最も役に立ったと感じるのは不整脈に対する薬の使い方です。
 
どの不整脈にどういう抗不整脈薬を使えばいいか不安になりますよね…

たくゆきじ

 
この循環器治療薬ファイルには病態に応じた具体的な薬剤と投与量が書いてあり大変参考になります。
 
ちなみにどのくらい具体的かというと
 
〇〇という薬剤▼▼mgを生理食塩水□□mLに溶解して10分で投与
 
くらい具体的に書いてあり初めて使う薬でも安心して使うことができます。
 
また研修医にとっては循環器内科をまわる際の参考書として使用するのも良い使い方ですね。
 
特に急性心不全の章病棟管理をする研修医にとって勉強になる内容です。

たくゆきじ

 

薬物の具体的な投与方法と注意点の解説

後半は薬物の具体的な投与方法と注意点の解説となっています。
 
例えば以下の薬剤の具体的な使い方について解説されています。
 

薬剤の使い方の解説
静注カテコラミン
hANP
抗不整脈薬
利尿薬

 
どれも循環器領域では頻用する薬ばかりです。
 
もちろん静注薬、内服薬両方の解説が載っています。
 
また薬の使い分けについても書いてあり、例えばドブタミンとドパミンの使い分けなんかは参考になると思いますよ。
 
こちらでも抗不整脈薬の使い方に関してお世話になっています。
 
添付文書をみても本当にこの量でいいのか不安になる時はありますからね…

たくゆきじ

 
循環器領域の薬を使用する際に
 
この薬は本当にこの使い方でいいのか?
 
と不安に思われる方は循環器治療薬ファイルに一度目を通すのをおすすめします。
 
 
ちなみに巻頭に「薬剤の初期投与量」という付録があります。
 
この章はスマホで写真を撮っておくといつでも確認できて便利ですね。
 
特にアミオダロン等の初期投与量がわかりにくい薬は写真にしておきましょう。

たくゆきじ

 
関連記事:私が実際に医療現場で行っているスマホの使い方を紹介します。

「循環器治療薬ファイル」のおすすめの使い方

循環器治療薬ファイルは辞書としても使えますし、通読する参考書としても使えます。
 
なお私自身は全部は通読しておらず必要な項目を辞書のように調べています。
 
ただ中をパラパラ見ていると通読する参考書としても使える構成です。
 

仮に通読するとなると5-6時間といったところでしょうか。

たくゆきじ

 
通読するにせよ辞書として使うにせよ勉強になる内容なのは間違いありません。
 

まとめ

循環器治療薬ファイル」を紹介しました。
 

循環器内科の薬の使い方が不安だ…
 
という方はぜひ一度手にとって見て下さい。
 
明日から使える知識が書いてあります。
 
 
循環器内科のおすすめの本はこちらの記事でも紹介しています。
 
 
循環器内科以外の医学書も色々紹介しています。
 
 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です