ペースメーカーのおすすめの本・教科書|個人授業・心臓ペースメーカー

個人授業 心臓ペースメーカー―適応判断から手術・術後管理まで

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事ではペースメーカーの勉強に役立つおすすめの教科書を紹介します!
 
今回紹介する教科書は個人授業 心臓ペースメーカーです!
 
ではご覧ください。

「個人授業 心臓ペースメーカー」について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

 
【本のタイプ】
通読型の教科書
 
【ページ数】
250ページ
 
【通読にかかる時間】
4時間前後
私は一度読んだことがあるので2時間で復習しました。
 
【おすすめ対象者】
●ペースメーカーが全くわからない初学者
●将来循環器内科も選択肢に入れている若手医師(3-5年目医師)

「個人授業・心臓ペースメーカー」の書評

個人授業 心臓ペースメーカー―適応判断から手術・術後管理まで
個人授業 心臓ペースメーカー」は大きく前半後半に分けられています。
 
前半ではペースメーカーの適応となる不整脈(房室ブロック・洞不全症候群)の解説となっています。
 
後半ではペースメーカー手術の手技とペースメーカーの設定の解説となっています。
 
それぞれについて紹介します。

ペースメーカーの適応となる不整脈の解説

医学生のときは国家試験に向けてペースメーカーの適応疾患に関して勉強しますよね。
 
ただ学生のときは洞不全症候群の方にペースメーカーを植え込む時があることは勉強しますが、洞不全症候群の方の具体的なペースメーカー適応までは勉強しません。
 
しかし実臨床ではペースメーカー植え込みの適応判断をしなければなりません。
 
この教科書では実際のガイドラインも示しながらどのような方にペースメーカーを植え込むのかわかりやすく解説してあります。
 
前半を読むことでペースメーカーの適応判断の勉強になります。
 

注意
この教科書は2010年に出版されたたため示されているガイドラインは少し古い内容です。
 
ペースメーカーの植え込み適応はほぼ変わっていませんが、最新のガイドラインも参考にしてくださいね。
 

ペースメーカー手術の手技とペースメーカーの設定

ペースメーカーの手術手技が写真付きで掲載されています。
 
一度も手術を見たことのない人はこの教科書で予習できると思います。
 
手技の項目の後に実際のペースメーカーの設定を勉強します。
 

ペースメーカーの設定って敷居が高いんですよね…
 
という方でもとっつきやすいようにわかりやすい言葉で書いてあります。
 
この項目を読んで得られる知識は以下の内容となります。
 
ペースメーカーの知識
VVI,DDD,AAIといったペースメーカーの具体的な設定
 
sense,閾値,AV delayといったペースメーカーのパラメーター
 
ペーシング不全,undersense,oversenseといったペースメーカーの不具合の知識
 
レートレスポンスの意味

 
どれもペースメーカーの理解には必要な項目ばかりです。
 
逆に言うとこの知識があれば実臨床で困ることはほぼないので、ペースメーカーの勉強をしたい方はぜひ読んでみましょう。
 

「個人授業 心臓ペースメーカー」のおすすめの使い方

おすすめする人
 
個人授業 心臓ペースメーカーは辞書のようにわからないところを調べるような教科書ではなく、通読すべき教科書です。
 
復習のため読む場合は2時間程度で読み終わりますが、初めて読む場合はだいたい4時間程度くらいはかかりますかね。
 
ただペースメーカーの基礎知識を手に入れるために必要な時間と思って、なんとか時間を作って通読しましょう。
 
本書を一通り通読して最低限の基礎を身に着けておき、実臨床でわからないときにその都度調べるのがおすすめです。
 
この本を読み終わった後はペースメーカーに関する苦手意識が間違いなく減っていると思います。

まとめ

個人授業 心臓ペースメーカー」を紹介しました。
 

ペースメーカーの勉強で何から手をつければいいかわからない…
 
という先生はぜひ一度手にとって見て下さい。
 
とてもおすすめの書籍です。

たくゆきじ

 
 
循環器内科のおすすめの本はこちらの記事でも紹介しています。
 
 
循環器内科以外の医学書も色々紹介しています。
 
 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です