心不全の検査の教科書|「The Manual 心不全のセット検査」

循環器内科の教科書「The Manual 心不全のセット検査」

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事では心不全の患者さんの対する検査項目を学べる本を紹介します!
 
今回紹介する教科書はThe Manual 心不全のセット検査です!
 
ではご覧ください。
 

「The Manual 心不全のセット検査」について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

 
【本の使い方】
一度通読してからこの本を参考にして自分の病院の電子カルテに検査のセットメニューを作りましょう。
 
【ページ数】
169ページ
 
【通読にかかる時間】
3時間前後
 
【おすすめ対象者】
●心不全の患者さんを診察する機会はあるが、必要な検査が抜けてないか不安な医師

「The Manual 心不全のセット検査」の書評

循環器内科の教科書「The Manual  心不全のセット検査」
 
循環器内科として本格的に心不全患者の診療が始まってからまず悩んだのは
 

心不全患者の検査のたて方がどうすればいいんだろう…

たくゆきじ

 
ということでした。
 
心不全の基礎疾患は多岐に渡ります。
 
心不全の基礎疾患
虚血性心疾患
弁膜症
不整脈
心筋症など

 
これらの基礎疾患の検索のために検査を立てるわけですが、その都度検査項目を選択するといくつか必要な検査項目が抜けてしまうときってありますよね。
 
他にも
 
外来でのフォローの際に必要な検査
心嚢液貯留のときに必要な検査

 
など心不全の診療には必要な検査が様々あります。
 
この本では心不全の検査をセットメニュー化することで、病態ごとに必要な検査を抜けなくオーダーすることが重要と書かれており、実際に具体的な検査のセットが書いてあります。
 
この本では3つの観点から心不全のセット検査が考えられています。
 
3つの観点
①心不全の時間軸に基づくセット検査
②心不全の病型に基づくセット検査
③原因疾患に基づくセット検査

 
それぞれ解説します。

①心不全の時間軸に基づくセット検査

この章では心不全の時間経過に焦点を合わせ、以下の5つの状況ごとに必要な検査が書いてあります。
 

時間軸に合わせたセット検査
●急性心不全の入院時セット
●急性心不全の経過中セット
●急性心不全の退院時セット
●慢性心不全の初診時セット
●慢性心不全の経過中セット

 
入院中の心不全患者の管理をしている研修医や外来で心不全患者フォローしている若手医師にとって参考になると思います。
 

必要な検査が抜けてないか不安だ…
 
という方はぜひ一度ご覧ください。
 

②心不全の病型に基づくセット検査

この章では心不全の病型に焦点を合わせ、以下の6つの状況ごとに必要な検査が書いてあります。
 

病態に応じた検査セット
拡張型心筋症様心臓
肥大型心筋症様心臓
弁膜異常
肺高血圧症
心膜液
胸水・腹水

 
私はこれらの項目の中で特に心膜液胸水・腹水のセットが参考になりました。

たくゆきじ

③原因疾患に基づくセット検査

この章では心不全の原因疾患に焦点を合わせ、以下の7つの病態に必要な検査が書いてあります。
 

基礎疾患ごとのセット検査
心筋炎
心臓サルコイドーシス
心臓アミロイドーシス
ファブリー病
膠原病
神経筋疾患(筋ジストロフィー)
ミトコンドリア病

 
二次性心筋症などがメインとなっていますね。

たくゆきじ

 
この辺は苦手意識を持った方が多いのではないでしょうか?
 
自信がない方はご一読をおすすめします。
 

この本を読んだ場合の注意点

注意点
 
この本を読む際の注意点は一つだけです。
 
それは読むだけでは意味がなく、読みながら電子カルテでセットを作ることが大事ということです。
 

一回読むだけだとどうしてもすぐに忘れてしまうんですよね…

たくゆきじ

 
そのためこの本を読んだらすぐに電子カルテをいじって自分だけの検査セットを作りましょう。
 
そうすることで日常診療にこの本の内容を活かすことができますよ。

たくゆきじ

 
電子カルテを使った日常診療の効率化のポイントはこちらの記事でも紹介しています。
 
関連記事:単語登録(辞書登録)をうまく活用するとカルテを効率的に書くことができますよ。

まとめ

以上The Manual 心不全のセット検査を読んで参考になったポイントを紹介しました。
 
日常診療の質を上げていくために検査を抜けなく出すのは重要です。
 
この本を読んで心不全に関する検査を抜けなく出せるようにしていきましょう。
 

 
循環器内科のおすすめの本はこちらの記事でも紹介しています。
 
 
循環器内科以外の医学書も色々紹介しています。
 
 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です