おすすめの心電図の本・教科書|心電図の読み方 パーフェクトマニュアル

心電図の本、教科書

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
今回の記事ではおすすめの心電図の本を紹介します。
 
今回レビューする教科書は心電図の読み方 パーフェクトマニュアルです。
 
ではご覧ください。
 

「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

 
【本のタイプ】
辞書型の教科書
 
【ページ数】
365ページ
 
【通読性】
本書は通読する本というより辞書のように調べるのに適した書籍です。
 
【おすすめ対象者】
医療者全般

「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」の書評

心電図のおすすめの本、教科書
 
心電図の読み方 パーフェクトマニュアルはメジャーな書籍なので持っている方も多いかもしれません。
 
この本の構成としては心電図の実際の波形の図が半分近く占めており、残りの半分でその心電図について解説されています。
 
イメージとしては辞書に近いです。
 
辞書を通読するのが難しいようにこの本も通読は困難です。
 
ただこの本は日常診療でわからない心電図所見が出てきたときに調べる時にはとても役立ちます。
 
例えば心電図の自動判読でわからないことが出てきた時のことを考えてみましょう。
 
心電図の自動判読で「反時計回転」とか「R波増高不良」といった聞き馴染みのない心電図所見が出て来たときって困りませんか?
 

よくわからん所見出てきたけど正常範囲じゃない…これは困った…
 
となる先生も多いかと思います。
 
そういう時がこの本の出番です。
 
波形もしっかり載っているので、実際の心電図波形と比べることが可能です。
 
教科書と比較することで頭に入りやすいですよ。

たくゆきじ

 
この教科書の対象の読者は医療者全員です。
 
辞書のようなものなので一冊本棚においておくのがおすすめです。

たくゆきじ

「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」|まとめ

この本に載っていない心電図異常はほとんどありません。
 
困ったときにいつでも調べられるよう医局の本棚においておきましょう。
 

この本はKindle版も出ているのでiPadに入れるのもおすすめです。

たくゆきじ

 
 
 
おすすめの心電図の本はこちらの記事でも紹介しています。
 
 
心電図以外で私がおすすめする医学書はこちらの記事で紹介しています。
 
 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です