心電図

おすすめの心電図の本・教科書|心電図の読み方 パーフェクトマニュアル

心電図の本、教科書

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事は教科書のレビュー記事です!
 
今回レビューする教科書は
 
「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」
 
です!
 
ではご覧ください。

心電図の読み方 パーフェクトマニュアル

まずは本の紹介です。
 

要約

【本のタイプ】
辞書型の教科書
 
【ページ数】
365ページ
 
【通読にかかる時間】
私は通読できませんでした
 
【おすすめ対象者】
医療者全般

書評

持っている人もかなり多いと思われる「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」です。
 
私は今回この教科書を通読できませんでした。
 
この教科書が悪いと言っているわけではなく、この教科書は辞書として使うべきと気づいたためです。
 
この教科書の中身は
 
心電図の実際の波形の図
 
が半分近く占めています。
 
残りのページにはその心電図の波形となる解説が書いてあります。
 
この教科書に適した使い方は
 
心電図の自動判読でわからないところを調べる
 
のが最もよいと思います。
 
例えば心電図の自動判読で
 
「反時計回転」とか「R波増高不良」
 
といった聞き馴染みのない心電図所見が出て来るときってありますよね?
 
その場合
 

研修医
研修医
よくわからん所見出てきたけど正常範囲じゃないから困ったな・・・

 
となる方が多いと思います。
 
そういうときがこの教科書の出番です。
 
波形も教科書に載っているため実際の心電図波形と比べることができます。
 
教科書と比較することで頭に入ることも多いです。
 
この教科書の対象の読者は医療者全員です。
 
辞書のようなものなので一冊本棚においておくのをおすすめします。

まとめ

この教科書に載っていない心電図異常はほとんどありません。
 
いつでも調べられるように、机の上においておくのはいかがでしょうか?