感染症

感染症・抗菌薬(抗生剤)のおすすめの本・教科書|感染症診療の手引き

感染症の本、教科書 感染症診療の手引き

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事では抗菌薬の勉強に役立つ本を紹介します!
 
今回紹介する本は
 
感染症診療の手引き
 
です!
 
ではご覧ください。

 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

「感染症診療の手引き」について

たくゆきじ
たくゆきじ
まずは本の紹介です。

 

要約

【本のタイプ】
通読というよりわからないときに調べる本
 
【ページ数】
105ページ
 
【通読にかかる時間】
2時間程度
 
【おすすめの使い方】
白衣のポケットに入れておいて、その都度調べる使い方

「感染症診療の手引き」の書評

感染症の本、教科書 感染症診療の手引き
 
この感染症診療の手引きは大曲 貴夫先生がもともとホームベージで公開していた内容を書籍化したものです。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
下のホームページを見ていただけるとこの本の大体の構成はつかめると思いますよ。

 
「感染症診療の手引き」正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して
 
ホームページは2006年で更新が止まっていますがこの本は定期的に改訂されており、現在は改訂第3版(2017年4月に第一刷販売開始)となっています。
 
この本を読んで良かったポイントは以下の3点です。
 

①臓器別に記載してあり、実臨床に即している。
②腎機能に応じた容量が記載してある。
③コンパクトなサイズで持ち運びやすく値段も安い。

 
では具体的に紹介していきます。

①臓器別に記載してあり、実臨床に即している

臓器別
 
以前紹介した絶対わかる抗菌薬 はじめの一歩での解説は臓器ごとではなく各種抗菌薬の解説が詳しく書いてありました。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
具体的にはペニシリンとはなんぞや、セフェムとはなんぞや、といった感じですね。

 
【関連記事】:「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」の書評記事
 
かたやこちらの本は臓器別の感染症の解説がメインです。
 
具体的には以下の感染症に対してどの抗菌薬を使えばいいかに関して解説されています。
 

解説されている感染症

①上気道・頭頸部感染症
②下気道感染症
③尿路感染症
④中枢神経感染症
⑤血流・血管内感染症
⑥腹腔内感染症
⑦下痢症
⑧軟部組織と骨・関節の感染症
⑨感染症症候群

 
日常臨床で遭遇する感染症の大半は網羅されており、さらに感染症ごとに使用する薬剤も量や治療期間に関して大変具体的に解説されております。
 
どのくらい具体的に解説されているかは下のホームページをご参照下さい。
 
「感染症診療の手引き」正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して

②腎機能に応じた容量が記載してある

腎機能に応じた容量調整
 
抗菌薬は腎機能に応じて容量を調整するものが多いです。
 
この本には腎機能(クレアチニン・クリアランス)に応じてどのくらい減量するのかが具体的に記載してあります。
 
わかりやすくて大変便利ですよ。
 

③コンパクトなサイズで持ち運びやすく値段も安い。

感染症の本、教科書 感染症診療の手引き
 
上の写真は私のiphone7と感染症診療の手引きを並べたものです。
 
だいたいiphone7を少し大きくしたくらいの大きさでさらに105ページと薄いので持ち運びやすいんですね。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
その場で調べたいときにもってこいの本です。

 
具体的な大きさは16cm✕9cmです。
 
感染症の本、教科書 感染症診療の手引き
 
おそらく大抵の白衣やスクラブのポケットには入るサイズ感だと思います。
 
また値段も1080円と医学書の中では大変安いのも見逃せないポイントですね。

 
おすすめの医学書アプリ「M2plus」の解説記事も合わせてご覧ください。

m2plusの使い方とおすすめの電子書籍
【医学書アプリ】M2Plus Launcherは本当に便利!おすすめの電子書籍と使い方も紹介します。こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。 今回の記事では M2Plus Launcherという医学書の電子書籍...

「感染症診療の手引き」のおすすめの使い方

この本は通読する使い方というより、わからないときにその場で調べる本としての使い方が適しています。
 
前述の通り白衣やスクラブのポケットに入れて持ち運び、わからないことがあったらその都度調べるのが良い使い方だと思います。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
ちなみに通読するとしたら2時間くらいで読み終わると思いますよ。

まとめ

以上「感染症診療の手引き」を紹介しました。
 
日常診療で困ったときのためにポケットに忍ばせておきましょう。

 
感染症のわかりやすい本はこちらの記事でも紹介しています。

感染症・抗菌薬のおすすめの本・教科書
感染症・抗菌薬(抗生剤)のおすすめのわかりやすい本・参考書とその選び方を紹介します。こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。 この記事では 感染症・抗菌薬の本の選び方と実際におすすめする本 ...

感染症診療の手引きを少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

ABOUT ME
たくゆきじ
たくゆきじ
専門は循環器の内科医師です。 私が気づいたことや学んだことを書き記していくブログです。 FacebookやTwitter、Instagramでも情報発信していますのでぜひフォローしてくださいね。