心電図

循環器内科医が心電図のおすすめ教科書、本をまとめて紹介!

おすすめの心電図の本、教科書

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回私は心電図の教科書を一気に6冊読みましたので、教科書の選び方も含めて紹介したいと思います。

教科書の選び方

今回私は6冊の心電図の教科書を読みました。
 
その中には既読の教科書もあれば、初めて読む教科書もありました。
 
いろいろな教科書を読んでみた結果、
 
教科書ごとに用途が全然違うな
 
ということに気付きました。
 
具体的には対象者使い方です。

対象者

心電図の教科書を買う人にもいろいろなレベルがいます。
 
●国家試験に向けて勉強する学生
●初期研修医
●初期研修医が終了して循環器内科として働いている医師
 
など様々です。
 
買い手によって当然求められるレベルが違うため思っていた教科書と違う、ということが起こります。

使い方

今回わたしは教科書の使い方を2つ定義しました。
 
読み物型の教科書辞書型の教科書です。
 
それぞれ解説していきます。
 

読み物型の教科書

このカテゴリーの教科書は心電図の読み方、考え方を学ぶために使う教科書としました。
 
読み物型の教科書はわからないときに調べるのではなく、時間があるときに通読したほうが良いです。
 
ちなみに、通読をしっかり調べようとするとしながらすると時間がかかるためさらっと音読することをお勧めします。
 
この読み物型の教科書は、読者ごとに求めるレベルが異なっています。
 

辞書型の教科書

辞書型の教科書は分からない時に調べる辞書のような使い方をする教科書です。
 
実臨床で不整脈の定義などを調べたいときに使う教科書となります。
 
例えば、「Ⅰ度房室ブロック」と機械で判読され、定義を調べたい場合などです。
 
答えは「PQ間隔が0.20秒以上で1対1伝導するもの」となりますが、それは読み物型の教科書には書いていない場合があり調べるのは辞書型に軍配が上がります。

教科書の組み合わせ

私は心電図の教科書に関しては2冊買うことをオススメします。
 
前述したように心電図の教科書は読み物型と辞書型に分類されます。
 
自分のレベルごとに読み物型の教科書を一冊買って通読し、わからないときに調べる辞書型の教科書を一冊買うのがベストと考えます。
 
余談ですが私は学生の頃、心電図の勉強を頑張ろうと思った時に、何もわからず辞書型の教科書を買いました。
 
当時私はその教科書を通読しなければならないと思いこんでいたため読もうと頑張りましたが、通読できずに挫折しました。
 
その時自分は心電図のセンスが無いのだろうと思い、正直心電図が嫌いになりました。
 
しかし、いま振り返ってみると辞書的な教科書であったためそもそも通読するものではなかったです。
 
自分のレベルに合わないもの、その教科書の用途に合わないものを選ぶと時間もお金も損します。
 
なので、それぞれのレベル、用途に併せておすすめの心電図の教科書を紹介します。

読み物型の教科書

読み物型の教科書では3冊の教科書をお勧めします。

レジデントのためのこれだけ心電図

対象者は
 
●心電図の基本が分からない医学生
●国家試験には通ったけど心電図に全く自信がない人向け
 
です。
内容は心電図の初学者のための教科書です。
医学生にもおすすめできるくらいにわかりやすく書いてあるため、心電図が苦手な人にもおすすめできます。
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
レジデントのためのこれだけ心電図 レビュー

3秒で心電図を読む本

対象者は
 
●救急当直をしてある程度心電図は読んだことはあるが自信は持てない初期研修医
●心電図の判読の仕事を始める前の循環器内科医
 
です。
内容は心電図の判読のための教科書です。
 
この教科書の特徴は12誘導のうち、どの誘導をどういう順番で判読するかを簡潔に書いてあることです。
 
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
3秒で心電図を読む レビュー
 

余談ですが・・・

「レジデントのためのこれだけ心電図」と「3秒で心電図を読む本」はどちらも対象者は大きく変わりません。
 
心電図が苦手な人はどちらを選んでも良いです。
 
どちらも読んでみた感想としては
 
「レジデントのためのこれだけ心電図」
 
に関しては本当に心電図が全くわからない人向け
 
「3秒で心電図を読む本」
 
に関しては臨床で心電図を見たことはあるが、自分の判断に自信が持てない人向け
 
というニュアンスの違いがある程度でした。
 
そのへんを加味して選んでいただければ良いと思います。

ECGブック

対象者は
 
心電図をある程度読んだ経験のある若手循環器内科医や後期研修医
 
です。
内容は心電図をある程度読んだ経験のある医師のための教科書です。
 
今までなんとなくあいまいにしてきた心電図所見に関して「ああ、そうだったんだ」と理解することができます。
 
全く心電図の読めない医師が最初に手に取るには若干敷居が高い印象なので、ある程度読んだ医師が心電図の復習のために使うのがよいと思います。
 
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
ECGブック レビュー

辞書型の教科書

辞書型の教科書をここでは3冊紹介します。 
なお、辞書型の教科書はすべて対象者を「医師全般」としました。
 
これは辞書であり通読しない前提であれば対象は誰でも良いと考えたためです。

心電図の読み方 パーフェクトマニュアル

実は冒頭で書いた「通読を挫折した教科書」はこれです。
 
今回のレビュー企画でも通読できませんでした。
 
今でも完全に辞書として扱うべき教科書だと思うので、通読できないのはしょうがないと思います。
 
辞書として使う分には素晴らしい教科書だと思います。
 
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
心電図の読み方 パーフェクトマニュアル レビュー

臨床医のための心電図レッスン

これも基本的には辞書として使ったほうが良い教科書だと思います。
 
しかし「心電図の読み方 パーフェクトマニュアル」とは違い、通読可能です。
 
内容は結構細かいところまで踏み込まれた内容となっており、専門が循環器内科以外は通読は難しい印象です。
 
(辞書として使う分には何科の医師でも問題ありません。)
 
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
臨床医のための心電図レッスン レビュー

今さら聞けない心電図

Q&A形式でいろいろな質問に答えていく教科書です。
 
Q&A形式は全部で125の質問があるので自分の調べたい事柄も書いてあります。
 
これも辞書のカテゴリーに含めましたが通読も可能です。
 
詳しくはこちらのレビュー記事を参照してください。
 
今さら聞けない心電図 レビュー
 
なお、
臨床医のための心電図レッスン今さら聞けない心電図は読み物として通読可能でしたので完全に辞書型なのは心電図の読み方 パーフェクトマニュアルだけです。
 
しかし、辞書としてのほうが使い勝手がいいと思われたので辞書型に教科書に分類しました。

まとめ

以上心電図の教科書に関してそれぞれまとめてみました。
 
ぜひ教科書選びの参考にしてみてください。