心電図

研修医、医師のための教科書レビュー(心電図)|3秒で心電図を読む本

心電図の本、教科書

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事は教科書のレビュー記事です!
 
今回レビューする教科書は
 
「3秒で心電図を読む本」
 
です!
 
ではご覧ください。

3秒で心電図を読む本

まずは本の紹介です。
 

要約

【本のタイプ】
通読型の教科書
 
【ページ数】
168ページ
 
【通読にかかる時間】
3秒
私は1時間40分でした。
 
【おすすめ対象者】
●救急である程度心電図は読んだことはあるが自信は持てない研修医
●心電図の判読の仕事を始める前の循環器内科医

書評

Amazonのレビューで評判がいいため前から読もうと思っていた本でした。
 
実際読んでみると期待を裏切らず素晴らしい内容でした。
 
内容は完全に「通読型の教科書」です。
 
もはや教科書というより読み物と言ったほうが正しいかもしれません。
 
どんな読み物かというと
 
「心電図の読み方の取扱説明書」
 
となります。
 
この教科書の特徴として
 
12個ある誘導をどういう順番で判読するか
 
が書いてあります。
 
具体的に心電図判読の際の目線の動きを書いてあり、読んだ次の日から心電図判読のときに試したくなります。
 
実際私が心電図を判読する際には、この教科書の読み方をベースに判読しています。
 
また心電図に必要以上の意味を求めようせず
 
「心電図だけで診断できる疾患、診断できない疾患がある」
 
心電図の限界にも触れられており大変参考になります。
 
心電図の判読の基礎となる内容ですので
 
自分の心電図の読み方を確立するために最初に買う一冊
 
として使うことをおすすめします。
 
その上でわからないことは辞書型の教科書で肉付けしていきましょう。
 
対象とする読者は以下のとおりです。
 

おすすめ対象者

●救急である程度心電図は読んだことはあるが自信は持てない研修医
●心電図の判読の仕事を始める前の循環器内科医

注意点

内容は心電図の読み方に特化した内容になっています。
 

医学生
医学生
心房細動の不整脈の定義がわからない。
研修医
研修医
心筋梗塞のST変化の発症後の変化が知りたい。

 
など、心電図異常の解説はほぼありませんのでご注意下さい。
 
それらについて調べるときは辞書型の教科書で調べましょう。

まとめ

この教科書は心電図の勉強をしようとするのならば誰が読んでもためになります。
 
値段もそれほど高くなく、2時間弱で読み切ることができます。
 
2時間で一生ものの心電図の読み方の基礎が身につくと思えば破格だと思いますので、飲み会を一回我慢してぜひ読みましょう。