研修医向け

研修医に心電図を指導するときの2つのポイントを紹介します。

研修医への心電図

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回は
 
心電図が苦手な研修医に私が指導するときのポイント
 
について記事にしました。
 
私は循環器内科なので、循環器内科を回った研修医と話をする機会はたくさんありました。
 
それで私は
 
研修医ほぼ全員が心電図に苦手意識を持っている。
 
ということに気づきました。
 
全員が何かしらの不安を抱えているようでした。
 

研修医
研修医
正常と言い切る自信がありません。
研修医
研修医
この心電図所見はどう考えればよいでしょうか・・?

 
などです。
 
今回の記事ではそんな苦手意識を持っている研修医を対象に
 
心電図の苦手意識をなくすための2つのポイント
 
をまとめました。
 
ではご覧ください。

研修医に指導するときのポイントは2つ

私が研修医に指導するときは2つのポイントを強調して伝えています。
 

①心電図だけで心電図異常をきたす疾患の確定診断はつけられないことがある
 
②心電図異常を波形の異常と調律の異常に分けて考える

この2つです。
 
それぞれについて解説していきます。

心電図だけで心電図異常をきたす疾患の確定診断はつけられないことがある

研修医の先生方に質問です。
 
みなさんはT波の増高と言われた時にどういう疾患を想像しますか?
 

研修医
研修医
高カリウム血症を疑います。
研修医
研修医
胸痛を訴えていたら心筋梗塞の超急性期かもしれません。

 
などという答えが帰ってきます。
 
そのとおりで正解です。
 
では、質問を変えます。
 
T波の増高でこれらの疾患の確定診断をつけることはできるでしょうか?
 
答えはNoです。
 
高カリウム血症と診断するには採血が必要ですし、心筋梗塞と診断するには心臓カテーテル検査が必要です。
 
こういう場合、心電図では確定診断をつけることはできません。
 
少し考えてみれば当然のことです。
 
しかし、研修医の中には心電図で確定診断がつけられない疾患なのに、心電図でムリヤリ確定診断をつけようとして悩んでいる方がいます。
 
そのため研修医には
 

たくゆきじ
たくゆきじ
心電図で確定診断をつけられる疾患とスクリーニングのために使う疾患を分けて考えよう。

 
と伝えています。
 
このことを伝えると心電図をスクリーニングとして使うという発想もできて、少し気持ちを落ち着かせて心電図と向き合えるようです。

心電図異常を波形の異常と調律の異常に分けて考える

私は心電図異常という言葉があまり好きではありません。
 
正常でない心電図はすべて心電図異常になってしまうので、範囲があまりに広すぎます。
 
私も研修医の頃はそうだったのですが、心電図異常で認識すると頭の中で整理できません。
 
そのため、心電図が苦手な医学生や研修医には
 

たくゆきじ
たくゆきじ
心電図を調律の異常と波形の異常に分けて考えよう。

 
と伝えています。
 
心筋梗塞の心電図の特徴としてST上昇がありますが、これは波形の異常です。
 
PSVTの心電図調律の異常です。
 
心室頻拍の心電図は調律も波形も異常です。
 
このように疾患ごとに見るポイントとなる所見が調律なのか波形なのかそれとも両方なのかを意識するだけでだいぶ変わってきます。
 
ちなみに不整脈が専門の上司から教えてもらった法則として
 
調律の異常をきたす疾患(すなわち不整脈)は心電図で確定診断が可能
 

 
波形の異常をきたす疾患は心電図で確定診断は難しい
 
という法則があります。
 
もちろん例外はあります(例:Brugada症候群)が、言われてみれば確かにそうだなぁという印象です。
 
一つの考え方として頭に入れていただくといいかもしれません。

まとめ

以上私が心電図異常について研修医に指導するときのポイントをまとめました。
 
心電図に悩む研修医の先生方の助けになれば嬉しいです。
 

CHECK!!

教科書選びに悩んだらこちらをご覧下さい。
>>>循環器内科医が心電図のおすすめ教科書、本をまとめて紹介!