医療・病気

循環器内科医の仕事のスケジュールを解説します。

循環器内科 仕事

こんにちは、たくゆきじです。
 
先日TwitterからこのようなDMをいただきました。
 

はじめまして。
私は医学部5年で循環器内科を考えている者ですが、もしよろしければ循環器内科のリアルな1週間のスケジュールや、一般的なキャリア、変わったキャリアをしている方などのお話を記事にしていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

 
このDMを読んで後輩になるかもしれない医学生の力になりたいと思いました。
 
しかし私はまだ循環器専門医もとっていない若造のため、一般的なキャリア変わったキャリアについて語れる立場にありません。
 
ただ循環器内科医として何年間か働いたため、急性期病院での1週間のスケジュールについてはある程度伝えられると思います。
 
そのためこの質問にお答えする形で
 
循環器内科医の仕事内容とスケジュール
 
に関して記事にしました。
 
ぜひご覧ください。
 

これは私の今までの経験をもとにお話する内容になります。
 
すべての病院に当てはまるわけではないことをご理解ください。

循環器内科医の仕事内容

急性期病院で循環器内科としての仕事は大きく4つあります。
 

●病棟管理
●外来
●検査・治療
●救急当番

 
この4つです。
 
これらの仕事についてそれぞれ解説していきます。

病棟管理

病棟管理は一言で言うと入院患者さんに対する管理です。
 
入院している患者さんは具合が悪くて緊急で入院した方もいれば検査を受けるために予定を立てて入院した患者さんもおり、それぞれの患者さんに応じて管理が異なります。
 
点滴をオーダーしたり、内服薬を処方したり、採血やレントゲンといった検査の予定を立てたりします。
 
回診して病棟の患者さんの診察を行うのも大事な仕事です。
 
より重症で集中治療室に入るような患者さんの場合、人工呼吸器の設定の調整なども病棟管理の一環として行います。
 
他にも病棟の患者さんの状態が変わった時の指示をあらかじめ決めておくことも必要です。
 
例としては
 
「患者さんが胸痛を訴えた場合12誘導心電図をとった上で当番医に連絡」
 
と看護師に指示を出したりします。
 
入院患者に対して病棟で診察したり必要な指示を出すことを病棟管理といいます。
 

外来

自分が患者として外来を受診されたことのある方もいらっしゃるかと思います。
 
外来は大きく「再来」「新患」に別れておりざっくり解説します。

再来とは

再来1度診察した患者さんの予約外来です。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
◯月△日の11時に来てくださいね。

 
という感じで予約を取り、定期的に検査を行い必要な薬を処方します。

新患とは

新患には大きく予約新患飛び込み新患があります。
 
予約新患とはかかりつけ医などから紹介される外来となります。
 
予約新患では紹介状を持参するためある程度患者さんの事前情報がわかります。
 
飛び込み新患は症状がある人が予約なく受診するものになります。
 
飛び込み新患では事前情報が全く無いので、問診や診察に時間がかかることが多いです。
 
新患の場合は診察終了後に終診となる患者さんもいれば、検査の予定を立て次の外来の予約を取る患者さんもいます。

検査・治療

循環器内科で行う検査や治療は以下の項目です。
 

心エコー
核医学検査(心筋シンチ)
トレッドミル
ヘッドアップチルト検査
CPX(心臓リハビリ)
心電図の判読
ホルター心電図の判読
心臓カテーテル検査

 
この他にも別な検査や治療がありますが、主なものは以上です。
 
なおこの中で心電図やホルター心電図の判読は他の仕事が一段落ついた夜に判読する病院が多いです。
 

救急当番

救急当番は救急外来を受診した患者さんを診察し、検査や治療をマネージメントするのが仕事です。
 
帰宅可能と判断した場合は帰宅とし、入院が必要だと判断した場合には入院の手続き家族への説明も行います。
 
人手が豊富な病院だと救急当番のみを行う場合もありますが、人手不足な病院では他の業務と兼務で救急当番を行うところもあります。
 
例えば外来と兼務で救急当番を行ったり、心エコーと兼務で行ったりといった場合です。
 
そのため救急搬送されてきた場合、外来と兼務で救急当番を行っていたら外来を止めて救急対応せざるを得ず外来の患者さんをお待たせすることもあります。

実際のスケジュール

平日は月曜日から金曜日までの5日間で午前と午後に別れています。
 
そこに今まで説明した業務が割り当てられていることが多いです。
 
例としてのスケジュールを示します。
 
循環器内科 仕事
※火曜日と木曜日は救急対応も兼務
※※水曜日は業務終了後心電図とホルター心電図の判読当番
 
病院によってスケジュールが違うのでひとくくりにできませんが、検査と外来と救急当番を組み合わせて平日のスケジュールは決まります。
 
なお若手の場合定期的(半年毎くらい)にスケジュールが変更になります。
 
若手のうちに色々な経験をしておく必要があるため、定期的なスケジュール変更は必要だと思います。

病棟管理について

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、上のスケジュール表に病棟管理という項目はありません。
 
病棟管理は日中の業務の空いた時間に行う必要があるのです。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
なんで回診って朝とか夕方にやるの?昼でもよくない?

 
と学生の時は思っていましたが、日中は検査や外来など他の仕事があるので病棟の仕事は朝か夕方しかできないということを医師になってから知りました。
 
正直私も朝が弱いのでできれば昼くらいに回診をしたいんですが、日中の仕事があるとそうも言ってられません。
 
そのため回診や病棟業務は朝や夕方にするしかないのです。

夜間、休日について

夜間や休日についても簡単に説明します。
 
まず夜間や休日は循環器内科当番が割り振られ、救急外来に循環器内科の病気が疑われる患者さんが来たときに対応します。
 
仕事内容としては日中の救急当番と同じです。
 
なお循環器内科当番が病院に泊まる場合もあれば、自宅待機の場合もあり病院ごとに異なります。
 
循環器内科の特殊な点としては緊急での心臓カテーテル検査がある点だと思います。
 
緊急での心カテは一人でできないため、当番が心カテが必要だと判断した場合は他の循環器内科医師に電話して複数人で診療に当たることになります。
 
この心カテがあったら呼び出される医師当番制の病院もあれば学年が下から順に呼ばれる病院もあります。
 
個人的にはメリハリをつけるために当番制の病院のほうが働きやすいと思います。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
というか学年が下から順に呼ばれるとなると身がもたないです・・・

まとめ

以上循環器内科の仕事内容や一週間のスケジュールに関してまとめてみました。
 
なにかのお役に立てたら嬉しいです。