カルテの書き方を学べるおすすめの本|型が身につくカルテの書き方

カルテの書き方を学べる本の【「型」が身につくカルテの書き方】

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

この記事ではカルテの書き方を身につけるために役立つ本を紹介します!

今回紹介する本は「型」が身につくカルテの書き方です!

ではご覧ください。

「型が身につくカルテの書き方」という本について

まずは本の紹介です。

たくゆきじ

【本のタイプ】

通読型の教科書

【ページ数】

132ページ

【通読にかかる時間】

3時間程度

【おすすめ対象者】

カルテを自己流で書いてしまっている研修医

「型が身につくカルテの書き方」という本の書評

「型」が身につくカルテの書き方

カルテ記載は医師の重要な仕事の一つですが、実は体系的にカルテの書き方を学ぶ機会はそう多くありません。

私も研修医の時はとりあえず指導医のカルテを真似して書いていました。

たくゆきじ

ただそれではどうしてもカルテが自己流になってしまい、客観的にみて良いカルテかどうか自信を持てませんよね。

そんな自分のカルテに自信の無い方は今回紹介する「型」が身につくカルテの書き方を読んでみましょう。

この本にはどの病院でも通用するカルテの書き方が書いてあり、この方法を身につければカルテ記載に関しては問題ないと思います。

また状況に応じたカルテ記載の具体例が書いてあるのも素晴らしいです。

●SOAPの解説

●入院時要約

●退院時サマリー

●外来でのカルテ記載

●訪問診療でのカルテ記載

●救急外来でのカルテ記載

●集中治療室の患者のカルテ記載

このように状況に応じて書き方も解説されているのは助かりますよね。

たくゆきじ

本書に書いてある内容を愚直に実践してみれば、いつしかカルテ記載の型が身についている自分に気づくことになると思いますよ。

また自分なりのカルテのテンプレートが出来上がっている先生もテンプレートをブラッシュアップするきっかけになるので一度読んでみるのが良いでしょう。

かくいう私もこの本を読んでから救急外来用のカルテのテンプレートを見直しましたからね。

たくゆきじ

救急外来でのカルテの書き方 救急外来のカルテの書き方を解説!身体所見のテンプレートの雛形も紹介!

「型が身につくカルテの書き方」をおすすめしたい方

おすすめする人

「型」が身につくカルテの書き方をぜひおすすめしたい方はカルテを自己流で書いてしまっている研修医です。

最初のうちに体系的なカルテ記載を身につけたほうが良いからです。

研修医

どうやってカルテを書けば良いのかな…?

と悩まれている先生は本書を通読してみましょう。

130ページと薄い本なので3時間ほど時間をとれば通読できますよ。

たくゆきじ

もちろん読むだけでは意味がないので、翌日からでも実践してみてくださいね。

ちなみに私が作った電子カルテのテンプレートはこちらの記事で紹介しています。
紹介状 明日から使える電子カルテのテンプレートをまとめてみました。

「型が身につくカルテの書き方」という本|まとめ

以上「「型」が身につくカルテの書き方」を紹介しました。

カルテの書き方がわからない方、自分の書き方でいいのか不安な方はぜひ読んでみてくださいね。

たくゆきじ

おすすめの医学書はこちらの記事でも紹介しています。

初期研修医におすすめする本・教科書・参考書 【厳選9冊】初期研修医におすすめする本・教科書・参考書を紹介! 感染症・抗菌薬のおすすめの本・教科書 感染症・抗菌薬(抗生剤)でおすすめするわかりやすい本・教科書・参考書 医学統計 教科書 【厳選】医療統計を勉強する医師におすすめのわかりやすい本・教科書を紹介
医学書を安く買う方法や捨てずに処分する方法はこちらの記事で紹介しています。

たくゆきじ

医学書を割引価格で安く買う方法 【2020年版】医学書を割引価格で安く買う方法とその使い分けをまとめました 医学書・教科書・参考書の処分方法|メルカリと専門書アカデミーを使い分けるのがおすすめ 医学書・教科書・参考書の処分方法|メルカリと専門書アカデミーを使い分けるのがおすすめ
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするときはAmazonギフト券のチャージがおすすめです。

現金チャージで最大2.5%のポイントが付きますし、今なら初回限定で1000円分のポイントがつくキャンペーンを実施中だからです。

Amazonギフト券初回チャージのキャンペーン

私もこのキャンペーンで1050ポイント手に入れました。

たくゆきじ

Amazonで買い物をされる方はぜひご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です