医学書レビュー

【書評】「「型」が身につくカルテの書き方」はカルテ記載の基礎を学べる本です。

カルテの書き方を学べる本の【「型」が身につくカルテの書き方】

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
この記事ではカルテの書き方を身につけるために役立つ本を紹介します!
 
今回紹介する本は
 
「型」が身につくカルテの書き方
 
です!
 
ではご覧ください。

 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

「「型」が身につくカルテの書き方」について

たくゆきじ
たくゆきじ
まずは本の紹介です。

 

要約

【本のタイプ】
通読型の教科書
 
【ページ数】
132ページ
 
【通読にかかる時間】
3時間程度
 
【おすすめ対象者】
カルテを自己流で書いてしまっている研修医

 

「「型」が身につくカルテの書き方」の書評

「型」が身につくカルテの書き方
 
カルテ記載は医師の重要な仕事の一つですが、実は体系的にカルテの書き方を学ぶ機会はそう多くありません。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
私も研修医の時はとりあえず指導医のカルテを真似して書いたものでした。

 
ただそれではどうしてもカルテが自己流になってしまい、客観的にみて良いカルテかどうか自信を持てませんよね。
 
そんな自分のカルテに自信の無い方は今回紹介する「型」が身につくカルテの書き方を読んでみましょう。
 
この本にはどの病院でも通用するカルテの書き方が書いてあり、この方法を身につければカルテ記載に関しては問題ないと思います。
 
またこの本の素晴らしいところは状況に応じたカルテ記載例も書いてあるところです。
 
この本で解説されているカルテ記載は以下の内容です。
 

●SOAPの解説
●入院時要約
●退院時サマリー
●外来でのカルテ記載
●訪問診療でのカルテ記載
●救急外来でのカルテ記載
●集中治療室の患者のカルテ記載

 

たくゆきじ
たくゆきじ
確かに「外来」と「病棟」とではカルテ書き方は違いますからね。

 
さらに状況に合わせたカルテ記載のテンプレートも紹介されているので、読んだ次の日から真似して書くことができます。
 
この本に書いてある内容を愚直に実践してみれば、いつしかカルテ記載の型が身についている自分に気づくことになると思いますよ。
 
また自分なりのテンプレートがもう出来上がっている方でも自分のテンプレートを見直すきっかけになるので一度読んでみるのをおすすめします。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
かくいう私もこの本を読んでみて自分のテンプレートを色々と見直しましたからね。

 
関連記事:研修医必見!救急外来でのカルテの書き方を解説します。身体所見のテンプレートの雛形も紹介!

この本をおすすめしたい方

おすすめする人
「型」が身につくカルテの書き方をぜひおすすめしたい方は
 
カルテを自己流で書いてしまっている研修医
 
です。
 
どうしてもカルテ記載は学ぶ機会が多くない分自己流に陥りがちですが、せっかくなので体系的なカルテ記載を身につけたいですよね。
 
自分のカルテの書き方に自信のない方は一度読んで見ることをおすすめします。
 
ちなみにこの本は時間をとって通読するのがおすすめです。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
130ページと薄い本なので3時間ほど時間をとれば通読できますよ。

 
もちろん読むだけでは意味がないので、翌日からでも実践してみてくださいね。

まとめ

以上「「型」が身につくカルテの書き方」を紹介しました。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
カルテの書き方がわからない方、自分の書き方でいいのか不安な方はぜひ読んでみてくださいね。

 
医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

ABOUT ME
たくゆきじ
たくゆきじ
専門は循環器の内科医師です。 私が気づいたことや学んだことを書き記していくブログです。 FacebookやTwitter、Instagramでも情報発信していますのでぜひフォローしてくださいね。