研修医向け

志望科や進路が決まらない医学生、研修医へ。私の決め手は体感時間でした。

体感時間

こんにちは、たくゆきじです。
 
突然ですが、みなさんの志望科はなんでしょうか?
 
「実家が開業しているので呼吸器内科にしました。」
 
「自分が骨折した時に手術で治してもらったから整形外科です。」
 
「心臓の手術に憧れているので、心臓血管外科を希望しています。」
 
色々な理由があると思います。
 
確固たる理由がある場合はその科で頑張っていただければそれで良いと思います。
 
 
しかし、私はこうではありませんでした。
 
「自分が何科に興味があるかわからない。」
 
「自分がどの科に向いているのかわからない。」
 
学生や研修医の頃はこんなことばかり思っていました。
 
病院の実習や研修医になってから一番嫌だった質問は
 
「先生の志望科は何?」
 
でしたから。
 
そんな私も現在は循環器内科で働いています。後悔はありません。
 
今回の記事ではかつての私と同じ思いを抱いている医学生や研修医に向けて、なぜ私が循環器内科を選んだのかについて書きました。ご覧ください。
 

私は新専門医制度が始まる前の世代ですので、新専門医制度が始まった今とは異なる状況でした。
そのことはご承知下さい。

医学部進学

高校生の頃を振り返ってみると
 
「絶対俺は医者になるんだ!」
 
という気持ちを持っていませんでした。
 
ではなぜ医学部に進学したかというと、親から勧められたからです。
 
「医者は良い職業だ。」
 
と親がいうので、
 
「そうなんだ!」
 
と思って勉強していました。
 
単純ですね。
 
そして入試に運良く合格し、医学部に入学しました。
 
入学後いろいろな人と話しましたが、
 
「どうしても医者になりたい」
 
という強い意志を持って医学部に入学した同期はそう多くなかったことが印象に残っています。
 
いわゆる
 
「類は友を呼ぶ」
 
というやつなのかもしれないですが。
 
なんとなく医学部に来た人も多いのだな
 
と思いました。

病院実習

座学の間はテストを乗り切るためだけに勉強し、なんとか進級していました。
 
座学が終了し病院での実習が始まると最初は
 
いよいよだな・・・
 
謎に身構えていましたが、慣れてくると
 
「実習が早く終わるとさっさと帰れてラッキー」
 
くらいに思っていた不真面目医学生でした。
 
実習中に上級医と話していると必ず受ける質問として
 
「先生の志望科は何?」
 
というものがあります。
 
学生や研修医に話をふるにはこの質問が一番楽なので今の私もよくしてしまう質問なのですが、私が学生の頃は一番キライな質問でした。
 
「決まっとらんわ!」
 
と心の中で叫びつつ、「内科系ですかね~」と曖昧にかわしていました。
 
ちなみに現在こそ循環器内科の私ですが、学生の頃はカテーテルの時に術野に入るのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。
 
カテーテルで何をしているのか意味不明すぎたからです。

研修医になって

そしてあれやこれやというままに国家試験も終了し、研修医となりました。
 
この時点でもまだ何も志望科が定まっていませんでしたが、研修医でローテーションする科を決めなければなりません。
 
なんとなく絞ったのは以下の4つでした。

①精神科
→時間に余裕がありそうだから
 
②整形外科
→スポーツが好きだから
 
③循環器内科
→国試の勉強が楽しかったから
 
④神経内科
→国試の勉強が楽しかったから

見ての通り分野も全く定まっていませんでした。
 
最初は必修の科を回ったため、これらの科を回り始めたのは1年目の最後からでした。
 
なお、必修で回った科は全くピンとこずこの4つの科に突入しました。
 
この時点では正直焦り始めていました。
 
私は将来何科になるのだろう?

体感時間

体感時間が短い
あれよあれよと時間は過ぎて、研修医2年目の12月になりました。
 
4つの科を回りましたがどうしても踏ん切りが付かず、12月中旬でもまだ決まっていませんでした。
 
正直将来に対する漠然とした不安が強く、考えたくありませんでした。
 
12月の下旬になると、病院から3年目になったらどうするのかと連絡が来ました。
 
決めきれない現実から逃げたかったのですが、もう逃げられません。
 
そこでふと研修医生活を振り返ってみると、循環器内科での研修が一番体感時間が短いことに気付きました。
 
仕事中にふと気づくと夜になっていたのです。
 
病棟の仕事をして心臓カテーテル検査などに入っていると、あっという間に夜の8-9時頃になって仕事が終わっていました。
 
他の科だと、集中して仕事をしていたつもりでも
 
「まだこの時間か」
 
と感じることが多かったです。
 
しかし、循環器内科での研修は
 
「もうこんな時間か。今日も頑張ったな。」
 
という感じでした。
 
楽しいと体感時間は短く感じられるものです。
 
それでは体感時間が短いということは、無意識のうちに楽しいと思っているのではないか?と思うようになりました。
 
考えれば考える程その考えは正しいと思うようになり、私は循環器内科を選ぶことにしました。
 
しかし、循環器内科で一生やっていく自信がなかったので信頼している循環器内科の上司に
 
「3年目は循環器内科として働きたいと思います。でも一生続けられるか自信がないので、1年頑張った後に進路についてもう一度相談させて下さい。」
 
と正直に伝えました。
 
その上司からも
 
「もちろんいいよ。先生の人生だから。」
 
と快く受け入れていただき、循環器内科として3年目は働くことにしました。

循環器内科を選択後

その後循環器内科として仕事をした感想としては、あの感覚は正しかったです。
 
確かに緊急での呼び出しがあったりして仕事の時間自体は長いのですが、体感ではあっという間に仕事が終わります。
 
いまでも、
 
「もうこんな時間か」
 
という感じで毎日が過ぎています。
 
つまり仕事を楽しんでいるということなのでしょう。
 
「忙しくも充実した毎日」というのはこういうことなんだろうな、と感じるようになりました。
 
3年目が終了した時点で、再度上司と相談し循環器内科を続けていく気持ちを伝えました。

まとめ

研修医や学生から
 
「なんで循環器内科をえらんだんですか?」
 
と言われたときには
 
「体感時間が短かったから」
 
と答えるようにしています。
 
私の決めた経緯を話すと納得されることが多いです。
 
何科になるか決められない学生や研修医は自分の体感時間で選ぶことをお勧めします。
 
個人的には体感時間が短ければおそらくその科は向いていると思います。
 
一つの選び方として参考にしてみてください。