コラム

電子カルテと紙カルテ|働きやすさは電子カルテに軍配!

電子カルテと紙カルテの違い

私は研修医の時から2018年の3月まで電子カルテの病院でしか働いたことがありませんでした。
 
いわば電子カルテネイティブ世代と言っていいでしょう。
 
紙カルテの時代を経験したことがなかったのです。
 
今年の4月から紙カルテの病院に転勤となりました。
 
職場環境、人間関係はすごく良く日々楽しく働いています。
 
しかし、電子カルテに慣れた身からすると紙カルテはものすごく不便です。
 
iphone→固定電話くらいのインパクトがあります。
 
あれ?あのアプリないの?
 
って感じです。
 
具体的に以下の点が不便だと思いますので例を挙げていきます。

①とにかく読めない!

文字通りです。
とにかく読めません。
 
学校の先生が言っていた気持ちが今ならわかります。
字が汚いだけで一気に読む気が失せます。
 
患者さんの診療にダイレクトにつながる部分なので仕方なく読みはしますが、げんなりします。
 
医療用語はアルファベットが多いため、RなんだかAなんだかわからない部分もあり、前後の意味から類推する暗号解読のような作業が必要です。
 
かくいう私も字がそこまで綺麗でないため、一工夫しています。
 
どんな工夫かというと、サマリー(要約)をwordに書いて紙カルテに切り抜いて貼っています。
患者さんの病状が劇的に変わることは少ないため、6ヶ月から1年に一度更新すると情報の伝達がうまくいきます。

そのことを思うとwordは偉大で、誰でも字が読めるというのは大きいです。
昔の環境では今ほど情報伝達は簡単ではなかったんだろうなあと実感します。

②紙カルテがないとそもそも診療できない!

紙カルテでは自分がふと空いた時間に仕事ができません。
 
例えば患者さんが検査に行ったとき。
 
うちの病院では検査に行くときに同時に紙カルテも検査室に持っていくシステムになっています。(何故か)
 
ちょうどその時にちょっとした仕事ができる時間があるのですが、紙カルテがないことで仕事ができず時間を無駄にしたような感覚に襲われます。
 
かたや電子カルテではパソコンさえあれば前回仕事した内容のままどこでも仕事ができます。
 
院内ではDropboxのような感覚で仕事ができるわけです。
 
これはなくなってわかる電子カルテの大きな利点だと思いました。

③指示を出す場所が限られる。

これは上の項目と通じる部分があります。
病棟でないと指示が出せません。
今までは入院の患者さんの指示を出して病棟に「指示を入れておいたので確認しておいてください」と伝えるだけである程度仕事をできていたのですが、今は病棟に行かないと指示が出せません。
 
外来の途中で指示を出す場合他に患者さんを救急で診察しなければならない場合大きなストレスです。
 
 
 
これらの要素が出てくるため電子カルテでしか働いたことのない人が紙カルテの病院に行った場合のギャップは激しいです。
 
①に関してはwordに印刷することでなんとか克服できましたが、②、③に関しては現状どうしようもないので受け入れています。
 
紙カルテで働いている先生方、効率よく仕事ができるいい方法があれば教えてください。