心電図

おすすめの心電図の本・教科書|レジデントのためのこれだけ心電図

心電図の本、教科書

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事は教科書のレビュー記事です!
 
今回レビューする教科書は
 
レジデントのためのこれだけ心電図
 
です!
 
ではご覧ください。

医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

「レジデントのためのこれだけ心電図」

心電図のおすすめの本、教科書
 
まずは本の紹介です。
 

要約

【本のタイプ】
通読型の教科書
 
【ページ数】
227ページ
 
【通読にかかる時間】
3時間前後
私は2時間15分でした。
 
【おすすめ対象者】
●心電図が嫌いな医学生
●国家試験には通ったけど心電図に全く自信がない研修医

「レジデントのためのこれだけ心電図」の著者情報

レジデントのためのこれだけ心電図
 
佐藤弘明先生
 
という先生が書かれた心電図の教科書です。
 
佐藤先生は
 
コウメイ塾
 
というブログで「医師国家試験の勉強法」などに関して発信されている先生です。
 
恥ずかしながら私は今回の教科書を読んで初めて知りました。
 
佐藤先生はレジデントのためのこれだけ心電図の他に教科書を2冊執筆してらっしゃいます。
 
こちらの記事で紹介している「看護の現場ですぐに役立つモニター心電図 」も佐藤先生が執筆されています。

看護師におすすめするモニター心電図の本、参考書
循環器内科医が看護師におすすめのモニター心電図の本、参考書を紹介!こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。 この記事では看護師向けのわかりやすいモニター心電図の本を紹介します。 ...

佐藤先生によると
 
「私が研修医(医大生)のときにこんな本があったら良かったのに」
 
という本を作ろうというのがこの本を作成された大きな理由のようです。

「レジデントのためのこれだけ心電図」の書評

内容は心電図の初学者のための本です。
 
レジデントのためのこれだけ心電図の構成で特徴的なのは
 
「心電図を読む前に知っておくべきこと」
 
心電図の勉強の仕方から書いてあることです。
 
そして実際「心電図を読む前に知っておくべきこと」の内容を見ると
 

たくゆきじ
たくゆきじ
たしかにその通り

 
と思うことばかりでした。
 
研修医から来る質問で意外と答えづらいものに
 

研修医
研修医
心電図は何から勉強すればよいですか?

 
というものがあります。
 
この質問はなかなか答えづらいものですが、この本では
 
最初に知るべきこと、知らなくても良いこと
 
明確に順位付けしているのが素晴らしいです。
 

たくゆきじ
たくゆきじ
これからは研修医から同じ質問をされても安心だ。

 
と今は思っています(笑)
 
その後は臨床上重要な心電図(もちろん国試でも必須の知識です)から勉強していく構成となっています。
 
具体的には以下の順番で解説されています。
 

本書での解説

①超緊急な不整脈
②緊急な不整脈
③経過観察でよい不整脈
④虚血性心疾患

 
それぞれのカテゴリーの中で具体的な心電図異常について解説されています。
 
例えば超緊急な不整脈では心室細動心室頻拍に関して解説されています。
 
私はこのようにカテゴリー別になっているのをみて
 

たくゆきじ
たくゆきじ
初学者にとって臨床現場での重要性も同時にわかるのはありがたいだろうな

 
と感じました。
 
前から順番に読んでいくと臨床現場で重要度の高い心電図所見から順番に身につけることが出来ます。
 
最終的には日常診療で困らないだけの心電図の知識は身についていると思います。
 
レジデントのためのこれだけ心電図の対象の読者は以下のとおりです。
 

おすすめ対象者

●心電図が嫌いな医学生
●国家試験には通ったけど心電図に全く自信がない研修医

 

心電図は何から勉強すればいいのかわかりません…

 
と思っている方にはこの本をおすすめします。

まとめ

私は今回読んでみて
 

たくゆきじ
たくゆきじ
私が研修医(医大生)のときにこんな本があったら良かったのに

 
という感想を抱きました。
 
心電図を何から勉強すればいいのかわからない方におすすめします。

心電図の本の選び方は以下の記事を参考にして下さい。

おすすめの心電図の本、教科書
循環器内科医が心電図のおすすめ教科書、本をまとめて紹介!こんにちは、たくゆきじです。 今回の記事では 心電図の教科書の選び方と実際におすすめする教科書 を紹介します。 ...

医学書を少しでも安く買いたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

ABOUT ME
たくゆきじ
たくゆきじ
専門は循環器の内科医師です。 私が気づいたことや学んだことを書き記していくブログです。 FacebookやTwitter、Instagramでも情報発信していますのでぜひフォローしてくださいね。