Excel

【Excel】データベースの項目作成のときに一括置換を使いこなそう!

Excelで医学研究

こんにちは、たくゆきじです。
 
Excelでデータベースを作るときに作業がはかどるような技を紹介していきます!
 
今回は
 
「一括置換で入力項目を効率よく作る方法」
 
を解説します!
 
これを最初に教えてもらったときは衝撃でした・・・
 
所要時間は3分です!
 
ではどうぞ!

入力項目作成

このExcelを例にとって説明します。
 

データベース作成の時は、1行目に入力項目を入れるのが一般的です。
 
例えばAという治療の前後の検査結果を比較するデータベースを作るとします。
 
前後で検査結果の項目自体は変わらないので、コピペ自体はできますが打ち直すのが面倒です。
 

 

今回だと3項目しかないのでそこまで時間はかかりませんが、研究内容によっては項目数が100以上ある時もあり、それだけでだいぶ時間が取られてしまいます。
 
それを一括置換の技を使って効率よく変換しましょう!
 
一括置換のやり方は2種類あるのでそれぞれ解説します!

ショートカットキーを使う場合

まずショートカットキーを使う方法を説明します。
 
こちらのほうが簡単なのでおすすめです。
 

置換のショートカットキーは【Ctrl + H】です。
 
覚え方はしょうもないですが
 
痴漢(置換)はH
 
という覚え方でバッチリです!
 
すると以下の項目が出てきます。
 

ここで以下のように入力します。
 

上の項目は置換したい部分
 
下の項目は置換後の部分
 
を入力しましょう!
 
今回でいうと画像のように
 
置換したい部分は「A治療前」となり、
 
置換後の部分は「A治療後」と入力します。
 

これで完了です!

もう一つの方法

もう一つはこのように行います。
 

その後置換を選択します。
 

あとは前と同じ要領で設定しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?
 
ショートカットキーを使うほうが簡単なのでおすすめです!
 
痴漢(置換)はH!
 
これでもう忘れませんね(笑)!