【Excel】クリップボードを有効活用しよう!

Excelで医学研究

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。
 
Excelでデータベースを作るときに作業がはかどるような技を紹介しています。
 
今回は「クリップボードを有効活用する方法」を紹介してみました。
 

ではご覧ください。

たくゆきじ

クリップボードとは

イメージとしてはコピーしたデータを一時的に保管しておく部分のことです。
 
コピペはいろいろな状況で使うことになるので、この記事を読んでくれているあなたも汎用しているかと思います。
 
そのデータをどのように活用していくかを解説していきます。

実際に使ってみましょう。

このExcelを例にとって説明します。
 

 
上の行コピーした後にクリップボードをクリックしてみてください。
 

 
するとコピーされた内容を確認することができます。
 

 
その後はコピーしたい部分を選んでクリップボードのデータをクリックしてください。
 

 
これでコピペされました。
 

 
もちろんこんなことをせずとも「Ctrl+V」「右クリック→貼り付け」でもコピペできます。

クリップボードの誤解

あるデータをコピーした後に別なデータをコピーするとデータが上書きされると思っていないでしょうか?
 
私も今まではそう思っていました。
 
ただ実は上書きされておらず、データは最大24個までクリップボードに保存されています。
 
またMicrosoft Officeのソフト(Word・Excel・Powerpoint)であればどれでも保存することができます。
 
よろしければ公式サイトでご確認ください。
 

 
例えば下のPowerpointのスライドをコピーするとしましょう。
 

 
その後Excelのクリップボードを確認するとこのようになっています。
 

 
そこでパワーポイントのスライドをペーストすると下のような状態になります。
 

 
上書きされていないのでExcelのデータを貼り付けることも可能です。
 
なおクリップボードのデータを消すためには下の画像のように処理します。
 

まとめ

Excelに限らずクリップボードはパソコンを使えば知らず知らずのうちに活用しています。
 
今回の記事で少しでも理解を深めていただけたのであれば嬉しいです。
 

 
データベースを効率よく作るには性能の良いパソコンを持つことも重要です。
 
フリーズするとストレスがたまりますからね…

たくゆきじ

 
私がおすすめするパソコンはこちらの記事で紹介しています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です