Excel

【Excel】クリップボードを有効活用しよう!

Excelで医学研究

こんにちは、たくゆきじです。
 
Excelでデータベースを作るときに作業がはかどるような技を紹介します!
 
今回は
 
「クリップボードを有効活用する方法」
 
を解説します!
 
ではどうぞ!

クリップボードとは

イメージとしてはコピーしたデータを一時的に保管しておく部分のことです。
 
コピペはいろいろな状況で使うことになるので、みなさんも汎用しているかと思います。
 
そのデータをどのように活用していくかを解説していきます。

実際に使ってみましょう。

このExcelを例にとって説明します。
 

コピーした後にクリップボードをクリックしてみてください。
 

ここにコピーした内容が保存されています。
 

その後はコピーしたい部分を選んでクリップボードのデータをクリックしてください。
 

これでコピペされました。
 

もちろんこんなことをせずともCtrl+V右クリック後に貼り付けでもコピペされます。

クリップボードの誤解

みなさんは
 
あるデータをコピーした後に別なデータをコピーすると上書きされる
 
と思っていないでしょうか?
 
私も今回のデータベース作成までそう思っていました。
 
でも実は上書きはされておらず、同時にデータはクリップボードに保存されています。
 
また、WordやExcel、Powerpointを問わず保存することができます。
 
例えば下のPowerpointのスライドを保存するとしましょう。
 

その後Excelのクリップボードを再度クリックするとこのようになっています。
 

そこでスライドをペーストすると下のような状態になります。
 

ここでExcelのデータを貼り付けることも可能です。(上書きされていないので)
 
なお、クリップボードには同時に24のデータを保存しておくことが可能です。

クリップボードを消すために

クリップボードを消すためには下の画像のように行います。
 

まとめ

Excelに限らずクリップボードはパソコンを使えば知らず知らずのうちに活用しています。
 
これを機会に理解を深めていただければ効率よく仕事ができると思います。