テンプレート

【テンプレート】各診療科に紹介する際の紹介状のテンプレートを作ることにした。

紹介状

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回は
 
私が作った各診療科への紹介状のテンプレートを公開した記事
 
となります。
 
なぜ私がこんなテンプレートを作り始めたのかというと、病院が異動になってから自分の専門分野以外の領域をみる頻度がかなり増えたからです。
 
その中でも特に健診異常で受診する患者さんを診察する頻度が増えました。
 
健診異常といっても自分の専門分野ならばいいのですが、自分の専門以外の患者さんが受診されたときは判断に迷うと思います。
 
実際自分は迷っています。
 
そして多くの場合は自分の専門分野以外は治療方針の判断をできないため、専門の医師に紹介することになると思います。 
 
お恥ずかしい話ですが、今までの自分の紹介状は
 
専門科にほぼお任せ(丸投げ)
 
だったため紹介を受ける側は必要な情報が足りずストレスがかかっていたと思います。
 
それは良くないと思い、どうにかお互いにストレスがかからないように工夫できないか考えたところ
 

たくゆきじ
たくゆきじ
紹介内容に応じた紹介状のテンプレートがあればお互いストレスがかからないのではないか?

 
と考えるようになりました。
 
今回の記事の前半部分ではテンプレートを作り始めた経緯について詳しく記載し、後半では実際に私が作ったテンプレートへのリンクを公開しています。
 
よろしければぜひご覧ください。

研修医が空けてから

私は研修医が空けてから数年間はいわゆる基幹病院で働いてきました。
 
その病院には各専門科がそろっていたため、循環器内科領域以外の患者さんを診察する頻度は少なかったです。
 
特に健診異常で受診した患者さんは
 
高血圧 脂質異常症 心電図異常
 
くらいしか外来で担当しませんでした。
 
他の健診異常の患者さんは各専門科を受診していたため診察する機会はほぼなく、まぁいいかと正直思っていた面があります。
 
しかし、病院が変わり状況が一変しました。
 
今の私は全ての専門科が揃っていない市中病院で勤務しています。
 
いわゆる「内科」として日々の診療をこなしています。
 
内科として日々の診療をこなしているため循環器分野以外の健診異常も診察する機会が多くなり、自分の力不足を痛感とすることが増えました。

専門分野以外は判断できない。

しかし、そうはいっても自分の専門分野以外の領域を診察するのは正直なかなかストレスです。
 
経験が浅く自分で自信をもって経過観察などの判断ができないからです。
 
(私の場合専門分野すらまだ悩みながら診察しているため当然といえば当然ですが)
 
最初はどうすればいいか全くわからず不安だったので、ほぼ丸投げで専門科に紹介していました。

▼▼内科 外来担当先生 侍史
 
平素より大変お世話になっております。
〇〇様を紹介いたします。
〇〇様は健診で△△が異常であったため受診されました。
貴科的にご高診いただけましたら幸いです。
お忙しい中大変恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。
 
循環器内科 たくゆきじ 拝

こんな感じの紹介状でほぼ丸投げで紹介していました。
 
しかし、外来を受診する健診異常の患者さんは自分で判断できるようになりたいと思い、ガイドラインを読みましたが、どうしても自分で判断することへの不安は消えませんでした。
 
自分が専門とする分野以外を自分で判断するのは相当ハードルが高いと感じました。

必要十分な情報の盛り込まれた紹介状

そうなると自分にできることは
 
必要十分な情報が含まれた紹介状を作ること
 
くらいです。
 
自分で判断ができないぶん
 

たくゆきじ
たくゆきじ
せめて紹介された医師のストレスを少しでも減らしたいなぁ

 
と思いました。
 
こういう経緯で自分なりに紹介内容に応じた紹介状のテンプレートを作ることにしました。
 
どうせならということでそのテンプレートをブログの読者のみなさまと共有したいと思います。
 
私の外来の特性上健康診断に関する内容が多いですが、他のテンプレートも作ったら追加していきます。
 
なお、私が作ったテンプレートが完璧とは全く思っていません。
 
適宜アップデートしたいと思っているので
 
こういう情報も加えたらいいんじゃないかな
 
等のコメントは大歓迎です。
 
このブログやtwitterにコメントを頂けましたら可能な限り反映したいと思っています。

実際に今まで作ったテンプレート

実際に今まで作った紹介状のテンプレートのリンクを張っていきます。
 
今後も作り次第追加していきます。

健康診断

ここには健康診断で異常が指摘された場合のテンプレートを載せていきます。
 
患者さん向けに可能な限りわかりやすく説明した記事も載せましたので、よろしければご覧ください。

蛋白尿、尿蛋白陽性

患者さん向けの解説記事はこちら!
 
>>>【健康診断】尿タンパク(尿蛋白)陽性について解説!再検査は必要なの?結果の見方は?
 
紹介状のテンプレートの記事はこちら!
 
>>>【テンプレート】蛋白尿を指摘された患者さんを紹介する時に必要な情報と紹介状

血尿、尿潜血陽性

患者さん向けの解説記事はこちら!
 
>>>【健康診断】血尿、尿潜血陽性の時は何科を受診するか、再検査は必要かなど徹底解説!
 
紹介状のテンプレートの記事はこちら!
 
>>>【テンプレート】 健診で血尿、尿潜血陽性の患者さんを紹介する時に必要な情報と紹介状

脂質異常症

患者さん向けの解説記事はこちら!
 
>>>【健康診断】脂質異常症の中でも医師が最も注目するのはLDLコレステロールが高いこと。
 
紹介状のテンプレートの記事はこちら!
 
>>>【テンプレート】脂質異常症の患者さんを紹介する時に必要な情報と紹介状

尿酸値

患者さん向けの解説記事はこちら!
 
>>>【健康診断】尿酸値について解説!「高いと痛風になりやすい?」「ビールを検査前日に飲んでもいいの?」

循環器内科への術前心機能評価

循環器内科目線で心機能評価で紹介する際に記載してほしい内容をテンプレートにしました。
 
この内容が書いてあると大変助かります。
 
よろしければご覧ください。
 
>>>【テンプレート】術前心機能評価を行いたい患者を循環器内科に紹介する時に必要な情報と紹介状

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群に関してもテンプレートを作成しました。
 
こちらに関しては全3回のシリーズ物になっていますのでぜひ最初からご覧ください。
 
いびきと眠気がひどく睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることになった(前編)
 
紹介状テンプレートに直接行く場合はこちらからどうぞ!
 
【テンプレート】睡眠時無呼吸症候群の患者さんを紹介するときに必要な情報と紹介状

まとめ

どうせテンプレートを作るのならば紹介先に
 
「なんだ、この紹介?ぶん投げかよ?」
 
と思われないようなテンプレートを作りたいと思い作ってみました。
 
試行錯誤した結果どれも同じようなテンプレートになっているかもしれませんが、それはご容赦ください(笑)