医療系アプリ

【医療系アプリ】M2Plus Launcherは本当に便利!おすすめの電子書籍も紹介します。

M2 plus Launcher

こんにちは、たくゆきじです。
 
今回の記事では
 
M2Plus Launcherという医学書籍アプリ
 
をご紹介します。
 
私は今は診療業務中でもスマホが手放せません。
 
その理由はスマホ依存症だから・・・ではありません(笑)
 
診療中にわからないことがあった時にその場でスマホで調べる癖がついているからです。
 
以前は紙の教科書で調べていたのですが、調べたい時に教科書が手元になく困ることがたびたびありました。
 
しかし今はスマホの中にM2Plus Launcherが入っているので、スマホさえ持ち歩けばいつでもわからない時に調べることができます。
 
あの重い紙の教科書を持ち歩かなくてよくなったのはありがたいです。
 
M2Plus Launcherは本当に便利ですので、今回の記事で紹介させていただきます。
 
私が実際に購入して後輩にもおすすめしている電子書籍もあわせて紹介します。
 
ぜひご覧ください。

M2Plus Launcherとは

まずM2Plus Launcherの特徴について簡単に解説します。
 

M2Plus Launcherとは重くて持ち運びに不便な医学書を全部まとめて一台の端末(スマートフォンやタブレット)で管理できるアプリです。

 
M2PLUSという医学電子書籍ストアで購入した医学書をダウンロードし、いつでもどこでもアプリ内で読むことができます。
 
M2PLUSのページへはこちらからどうぞ
>>>【外部リンク】M2PLUS トップページ

アプリ使用までの流れ

購入した電子書籍を読むまでの流れをキャプチャ画像付きでご説明します。
 
製品を使用するまでには4 STEPが必要となります。

4つのSTEP

①M2PLUSへの会員登録
 
②Webサイトから購入
 
③専用アプリのインストール
 
④電子書籍のダウンロード

それぞれのステップに関して説明していきます。

①M2PLUSへの会員登録

まずM2PLUSへの会員登録が必要です。
 
まずトップページのログイン・会員登録をクリックします。
 
M2 Plus Launcher
 
まだ登録していない方は下の項目から登録します。
 
m3.comの会員の方は簡単に登録できます。
 
M2 Plus Launcher
 
こちらに必要な情報を入力し、会員登録します。
 
M2 Plus Launcher
 
登録はわずか約10分ほどで完了します。
 
トップページはこちらからどうぞ。
>>>【外部リンク】M2PLUS トップページ

②Webサイトから電子書籍の購入

次のステップとしては、Webサイトから電子書籍を購入します。
 
アプリから直接購入することはできないことにご注意ください。
 
おすすめの書籍は後述します。

③専用アプリのインストール

次は専用アプリのインストールとなります。
 
アプリはこちらからダウンロードできます。
 
Google Playでダウンロード
Apple Storeでダウンロード

④購入した製品のダウンロード

アプリをインストールした後に、購入した製品のダウンロードを行います。
 
そのためにはアプリの初期設定が必要ですので説明します。
 
ダウンロードしたらまず画面の右上iマークをタップします。
 
M2 Plus Launcher
 
すると設定の画面が出てきますので、一番上のユーザー情報をタップします。
 
M2 Plus Launcher
 
この画面ではログインの際に使用したメールアドレスパスワードを入力します。
 
M2 Plus Launcher
 
ユーザー情報の設定が終わったら、コンテンツの追加・更新をタップします。
 
M2 Plus Launcher
 
すると購入した電子書籍が表示されていますのでダウンロードする書籍を選んでタップするとダウンロードが行われます。
 
なお機種変更後に新しい端末で設定する時も同じ手順ですのでぜひ参考にしてください。
 

便利な点

M2Plus Launcherの便利な点を具体的に紹介します。
 
私が気に入っているのは3つの理由があります。
 

便利だと思う3つの理由

①串刺し検索
 
②計算式が便利
 
③オフラインでも使える

 
それぞれについて解説していきます。

①串刺し検索

まずは串刺し検索です。
 
これは調べたい用語を検索すると複数の書籍から同時に検索してくれる機能です。
 
現在の私のアプリ画面を使用して説明します。
 
一番上の疾患名・薬剤名等で検索をタップします。
 
M2 Plus Launcher
 
自然と串刺し検索の画面となり、調べたい用語を検索します。
 
M2 Plus Launcher
 
例えばワーファリンを検索してみます。
 
M2 Plus Launcher
 
すると自分で購入した電子書籍の中からワーファリンに関する情報を自動で検索してくれます。
 
これは本当に便利な機能で、日常診療での疑問もその場で解決することができます。

②計算式が便利

この機能は電子書籍がなくてもアプリをダウンロードすれば使用できる機能です。
 
様々な場面で使用できます。
 
例えば薬の処方量の調整のときです。
 
薬の中には腎機能に応じて処方量が変化する薬があります。
 
その腎機能をみる時にクレアチニンクリアランス(Ccr)を参照する場合がありますが、病院によっては採血でクレアチニンクリアランスが出ない場合があります。
 
その場合自力でクレアチニンクリアランスを計算しなければなりませんが、このアプリを使えば簡単に計算できます。
 
具体的にはホーム画面で赤く囲んだ「Ccrの計算(血清Crからの推測)」をタップします。
 
M2 Plus Launcher
 
この画面で必要な項目を入力すると簡単にクレアチニンクリアランスが計算できます。
 
M2 Plus Launcher
 
この計算機能は大変便利です。
 
この計算機能は無料で使えるため、これだけのためにダウンロードするのも有りだと思います。

③オフラインでも使える

これは地味ですが重要です。
 
病院のよっては電波が悪いところがあり、インターネットで調べようとしてもネットが繋がらないときがあります。
 
しかしM2Plus Launcherはオフラインでも使えるため、それで悩むことはありません。

おすすめの電子書籍

私が実際に購入した中でおすすめの電子書籍を紹介します。

今日の治療薬

これは本当に便利です。
 
最近はジェネリック新薬などがたくさん出ており、初めて耳にする薬剤もたくさんあります。
 
また腎機能禁忌などに関してもすぐに調べることができます。
 
M2Plus Launcherを使用するのであれば、絶対に購入するべきです。

当直医マニュアル

これも私にとっては必須です。
 
救急外来では自分の専門外の疾患に対応することになります。
 
専門外の疾患に対応する時にはどうしても頼れる書籍が必要で、私にとってそれは「当直医マニュアル」です。
 
これがあると安心感が違いますので、ぜひいれておいてください。

year note(イヤーノート)

3つ目はイヤーノートです。
 
こちらも電子書籍でも辞書のように使うことができます。
 
串刺し検索で検索すると索引を引くよりも早く調べられるため、使い勝手は電子書籍版のほうが良いと思います。
 
こちらもちょっとした疑問を解決するには最適なので、ぜひ入れておきたい書籍です。

注意点

注意点と言えるかどうかも微妙ですが、購入した本は自動で更新されません。
 
例えば購入した「今日の治療薬 2018は、「今日の治療薬 2019が発売されても「今日の治療薬 2018のままです。
 
まあ当たり前といえば当たり前なのですが。
 
そのため今回購入した本も時間が経つと情報が古くなり、買い換える必要が出てきます。
 
ただM2Plusにはアップグレード販売という制度があり、以前買った医学書籍の新しいバージョンを安く購入することができます。
 
アップグレード販売の対象となる書籍は決まっていますので、こちらのページを参考にしてください。
>>>M2Plus アップグレード販売について
 
ちなみに私はこのアップグレード販売という制度を知らずに、新しいバージョンの書籍を購入してしまい悔しい思いをしました。
 
新しいバージョンを購入する際には、アップグレード版が販売されていないかどうかを確認していただいたほうがよいです。

まとめ

以上M2Plus Launcherを紹介しました。
 
このアプリは本当に便利ですので、まだ使用していない方はぜひ使ってみてください。
 
Google Playでダウンロード
Apple Storeでダウンロード