医師賠償責任保険の選び方はこちら

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開します。

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

こんにちは、たくゆきじ(@takuyukiji)です。

今回の記事では

私が病棟で持ち歩いているバッグの中身

を紹介します。

かつての私は手ぶらで病棟をうろついていました。

バッグを持ち歩いている他の先生方をみて

仕事中にバッグを使うほど持ち歩くものあるかなぁ…?

たくゆきじ

と思っていた時期もありました。

ただふとしたきっかけで使い始めてみるとなかなか便利なことに気付くこととなります。

とりあえずなんでも入れられるので使い勝手はいいですよ。

たくゆきじ

今私が使っているバッグはAHA2018に行った時にもらったものです。

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

色々なものが入るので愛用しています。

たくゆきじ

中身はこんな感じです。

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開
あまりにも汚すぎてモザイクをかけてしまいました。

整理整頓して次の章から紹介していきます。

正直誰得な内容ですがご覧ください。

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身

少し整理整頓してリストアップするとこんな感じです。

聴診器

ボールペン

印鑑

ipad

モバイルwifi

手帳

お茶

ではそれぞれご覧ください。

聴診器

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

一応内科医なので聴診器は普段から持ち歩いています。

以前は肩にかけて歩いていたのですが聴診後患者さんのベッドサイドに置き忘れることが頻発したため、今はバッグの中に入れることにしています。

ちなみに以前はWelchAllynというメーカーの聴診器を使用していましたが、調子が悪くなったので泣く泣く破棄しました。

今使っている聴診器は妻(看護師)が働いていた頃に使っていた聴診器のおさがりです

ばっちり聞こえます。

たくゆきじ

ボールペン

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

ボールペンは病棟業務の際の必需品です。

色々な用途で使用します。

署名したり忘れないようにメモしたりですね。

なくすとメモできなくなって困るので何本か乱雑にバッグの中に入れておきます。

私はよくボールペンをなくすんですよ…

たくゆきじ

勉強会などで使用したボールペンをストックしておりどこかに置き忘れるたびに補充しているのですが、そろそろストックが底を付きそうなのでピンチです。

印鑑

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

印鑑も普段から持ち歩いています。

使用頻度が高いのは、なんといっても処方箋に押印するときですね。

手ぶら派だった頃は外来が始まったタイミングで医局に印鑑を忘れたことに気付き、ため息をつきながら取りに行くことがよくありました。

ただ今ではデフォルトでバッグに印鑑が入っているため、そういう凡ミスの頻度もだいぶ減っています。

これもバッグを持ち歩くメリットの一つです。

たくゆきじ

循環器内科 仕事 循環器内科医の仕事のスケジュールを解説します。

ipad

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

ipadも普段から持ち歩いており、外来で調べ物をする時に重宝しますね。

日本循環器学会のガイドラインがipadに入っているので、わからないことがあったらその場で調べます。

ガイドラインに載っていない内容はM2plusで調べたりもしますね。

M2plusの解説記事はこちらです。

たくゆきじ

m2plusの使い方とおすすめの電子書籍 【医学書アプリ】M2Plus Launcherは本当に便利!おすすめの電子書籍と使い方も紹介します。

モバイルwifi

医師が病棟で持ち歩いているバッグの中身を公開

私はどんなときもwifiというモバイルwifiを契約中です。

モバイルwifiもどこに置いたかわからなくなることが多いので、バッグの中に入れて普段から持ち歩いています。

ちなみにどんなときもwifiをおすすめできるかと言うと、おすすめできません(真顔)

理由としては2020年2-3月にかけて通信障害が発生したのですが、その時の対応がいまいちだったからです。

いずれ解約予定です。

たくゆきじ

手帳

病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。

病棟用のノートもバッグに放り込んでいます。

ipadと同様にその場でパッと調べられるように普段から持ち歩いております。

バッグに入れて持ち歩くとなると正直サイズはどれでも大丈夫ですが、ポケットに入れることもあるのでノートは小さい方が便利です。

おすすめのサイズはA6(見開きでA5)です。

たくゆきじ

研修医のノートの作り方はこちらの記事をご覧ください。
病棟で持ち歩くポケットサイズのノートの作り方のポイントを紹介します。 研修医のノートの作り方|病棟用のノートにまとめるべき内容を紹介します

お茶

お茶

コンビニで買ったお茶もバッグに入れて持ち歩いています。

外来などで乾いた喉を潤すためにはお茶は必須ですからね。

ちなみに個人的なイチオシはファミマのジャスミンティーです。

どのお茶を買おうか悩んでいる先生はぜひお試し下さい。

お茶 ぬるくなってもまずくならないお茶を求めて

バッグを持っておくと何かと便利です

普段私のバッグの中に突っ込んでいるものを紹介してみました。

これらのものを手ぶらで持ち歩くとなるとなかなか大変なので、バッグはなんだかんだ便利です。

院内の勉強会の書類やPHSなども突っ込んでおけますよ。

たくゆきじ

1000円くらいのナイロンバッグとかでいいと思いますので、使ったことのない方は一度試してみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください。

紹介状 明日から使える電子カルテのテンプレートをまとめてみました。 初期研修医におすすめする本・教科書・参考書 【厳選9冊】初期研修医におすすめする本・教科書・参考書を紹介! 医学論文の勉強 英語論文を読むのが苦手な医師に必要な勉強法をまとめてみました。 Excelでの資料作成 【Excel】医学研究のデータベース作成の際に時間を短縮できる技まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です